スノーピーク ヴォールトにピッタリなグランドシートは?代用品を徹底調査!

グランドシート

 

今回は、スノーピークのトンネル型テント、ヴォールトにぴったりなグランドシートインナーマットなど、純正品が高い!と思う方も多いかと思うので、代用できるものをいくつか調べて、厳選してみました!

 

アメニティドームのグランドシート、インナーマットはこちら↓

 

スノーピーク (snow peak) ヴォールト

 

この投稿をInstagramで見る

 

rame @ufufuworld(@camerame_3)がシェアした投稿

▶︎口コミを見る

 

 

純正のグランドシート・インナーマットが高い!

出典:Amazon

▶︎口コミを見る

スノーピークからも純正のインナーマットが出ていますが、16,280円と、あまり目に入らないグランドシートと、テント内に敷くインナーマットテントの半分近い価格なので、購入するのを戸惑う方も多そうです。

 

純正だと確実にサイズは合いますし、カラーテントに合わせたデザインにされていますが、今回紹介する代用品でも、サイズピッタリあって、テントと馴染むデザインのものもたくさんあります。

 

特にグランドシートに関しては、敷いてしまえば、あまり目に入らない部分なので、どんなものを使っても、特に後悔するようなことはあまりなさそうです。

 

ヴォールト にピッタリなグランドシートを徹底調査!

 

この投稿をInstagramで見る

 

@yuta.camp.8008がシェアした投稿

そもそもグランドシートのはなぜ必要なのか

もう知っているよ、って方も多いかと思いますが(ここまで読み飛ばして下さい!)、グランドシートはキャンプをするなら1つは持っておきたいアイテムです。グランドシート役割としては、テントの浸水、結露防止冷気や熱気防止、テントの傷防止泥や草の付着を防ぐなど、様々あります。

テント内外の結露防止
・テントや荷物の浸水防止
冷気熱気の侵入を防ぐ
・テントにがつくのを防ぐ
の付着を防ぐ
地面の凹凸の体感を減らすことができる
設営がより楽にできる(シート上に荷物を仮置きできる、キャンプサイトの広さが把握できる)
撤収がより楽にできる(テントについた水分を払わなくて良い)
荷物が増える
・シートを広げる手間が増える

 

筆者も、グランドシートがあるときとないときで1番違いを感じるのは結露のしやすさです。地面からの湿気グランドシートによってブロックすることで、テントの結露をかなり減らすことができ、テントや寝袋、荷物を濡らすこともなく、撤収がよりスムーズに行えます。

 

インナーマットもテント内で地べたに座ったり寝ころんだりするときに、小石などの凹凸を吸収してくれる、快適なキャンプでの重要なアイテムです。

 

荷物できるだけ減らしたいバイクツーリングなどでは持って行かない方が荷物は減らせますが、オートキャンプでは結露や湿気の面など、持っていった方が快適に過ごせるのは間違い無いでしょう。


 

それでは、ヴォールトピッタリなグランドシートを見ていきましょう!

 

ヴォールト のサイズ

出典:スノーピーク

ヴォールトの寸法は上の写真の通りとなっています。220×240cmから280cmグランドシートを使用するのがちょうど良さそうです。

インナーテントの底面は台形型となっているので、インナーテントフルにカバーしたい方は台形の形に折り込むか、自作する必要が出てきます。

ですが、図の赤い部分は壁に近い部分、デッドスペースになりがちなスペースなので、カバーしなくても、荷物、小物置きスペースにして、テント内で快適に過ごすことができるでしょう。

 

▶︎Amazonで240×220cmのグランドシートを探す

 

ヴォールトのグランドシートを自作する場合

ヴォールトグランドシート自作する方のために寸法を測ってみました。インナーテントはこのような寸法となっています。1.8×2.7mODグリーンシートを寸法通りカットして使用するのがコスパ性能面から見ても1番オススメです。

 

ガイドロープなんかもハトメを利用したり、余った切れ端の部分四隅を強化してタッカーなどで、固定用のロープなども適宜つければ、地面への固定などもしやすく、より使いやすくなります。価格500円ほどと、かなりコストを抑えることができるのも魅力です。

 

グランドシートが大きすぎると浸水の原因にも…

グランドシートのサイズが、テントのサイズよりも大きいと、図のように、テントの表面や内側についた水分が地面へと流れずに、グランドシートを伝ってテント内浸水の原因になる可能性があります。そのため、グランドシートは、テントのサイズよりも少し小さいものがおすすめです。

 

テントよりも大きいサイズのものを使用する場合は、端の部分を少し折るなどして対応すると良いでしょう。

 

ヴォールトにぴったりなグランドシート5選!

 

この投稿をInstagramで見る

 

tk.ontk(@a_me_otoko)がシェアした投稿

グランドシート①|TRIWONDER 多機能 タープ天幕 グランドシート

出典:Amazon

TRIWONDER 多機能 タープ天幕 グランドシート

参考価格

¥1,780

サイズ

240×220cm

材質

210Dオックスフォード

折り畳み後サイズ

22×20×2cm

重量

480g

▶︎口コミを見る

サイズが240×220cmと、ヴォールトインナーテントをカバーするのにぴったりなサイズです。480gと軽量で、収納サイズも22×20×2cmと、嵩張らずに収納することができます。今回紹介する中で、ブルシートに次いで安価なグランドシートであり、筆者がAmazonで探した限り、このサイズでは最も安く、レビュー数も豊富でした。

 

210Dオックスフォード素材が使用されており、価格が安いのにも関わらずブルーシートのようなゴワゴワした素材のものとは違った、質感の良さのもポイントです。耐久性耐水性サイズ感軽量さタープとしても使用できる汎用性など、どれを取ってもかなり優秀なグランドシートだと言えます。

 

グランドシート②|GEERTOP グランドシート

出典:Amazon

参考価格

¥2,788

サイズ

260×210cm

材質

20D片面シリコンコーティング360Tナイロン生地

折り畳み後サイズ

23×12×7cm

重量

360g

▶︎口コミを見る

360gと今回紹介する中でも最も軽量なグランドシートです。厚みこそ薄いグランドシートですが、片面づつで異なる防水加工がなされており、耐水圧は8000mmと他と比べてもかなり高く、耐久性もあります。

 

筆者もこのタイプのグランドシートを使用していますが、他のグランドシートと比べても結露の発生本当に少ないと感じています。キャンプの朝での結露を減らしたいと考えている方には、GEERTOPグランドシートが1番オススメです。

 

グランドシート③|DOD(ディーオーディー) グランドシート 5人用

出典:Amazon

DOD グランドシート

参考価格

¥2,245

サイズ

280×

材質

210Dポリエステル

収納サイズ

34×19×7cm

重量

500g

▶︎口コミを見る

2人用、3人用、5人用グランドシートがあり、中でも5人用のものが280×220と、ヴォールトインナーとその前部分をカバーする時にちょうど良いサイズです。インナーテント台形型になっているため、はみ出した部分を折り込むなどして使用する必要があります。

 

敷いてしまえば見えない部分とはいえ、グレーシンプルで扱いやすいデザインであるため、レジャーシートとしても使いやすそうな製品です。

 

210Dオックスフォードというブルーシートとは違った、耐水性質感が滑らかな素材が使用されています。デザイン面機能面有名アウトドアブランドの製品で信頼がある点などから、ヴォールト ユーザーにオススメのグランドシート代用品です。

 

グランドシート④|HIMIMI テントシート グランドシート

出典:Amazon

HIMIMI テントシート グランドシート

参考価格

¥2,580

サイズ

210×240cm

材質

210Dオックスフォード

折り畳み後サイズ

26×14×8cm

重量

480g

▶︎口コミを見る

240×220cmと、ヴォールトインナーテントの下部分をカバーするのにピッタリなサイズグランドシートです。ハトメ固定ベルト4隅についており、固定も容易なほか、ミニタープとして使用もできる耐久性もあります。

 

グランドシート⑤|ユタカ ODグリーンシート

出典:Amazon

ユタカ #3000Dグリーンシート

サイズ

360×270cm

参考価格

¥1,094

材質

ポリエチレン

厚み

0.22mm

重量

約1.5kg

ハトメ

ピッチ90cm、個数14

▶︎口コミを見る

そこまでグランドシートコストをかけたくない、という方にはブルーシートではなく、グリーンシートを使用してみるのもオススメです。ブルーシートよりも落ち着いたカラーで、ホームセンターなどによく売っているブルーシートよりも厚みがあり、#3000D耐水性能などの面でも優れています。

 

ハトメは端っこについていますが、固定したいのであれば、ロープショックコードを自分で取り付ける必要がありそうです。サイズも2.7×3.6mとなっており、前室部分もカバーすることが可能です。

 

価格が今回紹介する中でも、1,000円ほどと最も安価で、気軽に入手できるのが魅力です。

 

 

▶︎Amazonで240×220cmのグランドシートを探す

 

ヴォールトにピッタリなインナーマット

 

この投稿をInstagramで見る

 

も。キャンプ(@mo____camp)がシェアした投稿

 

▶︎Amazonで200×250cmのインナーマットを探す

 

インナーマット①|銀マット

出典:Amazon

HWSHOW アルミシート 銀マット

参考価格

¥2,108

展開サイズ

250×200×0.25cm

収納サイズ

43×32×12cm

重量

350g

▶︎口コミを見る

250×200cmヴォールトインナーテントをカバーするのにピッタリな銀マットです。厚み2.5mmほどとクッション性ではフォームマットには劣りますが、2,000円ほどとフォームマットや他のインナーマットと比べて、安価で入手できるのが特徴です。コットエアーマットを使用するので、そこまで分厚いマットは必要ないよ、って方には銀マットがオススメです。

 

そのままだと見た目が無機質になってしまうので、上からマットラグ寝袋などを被せて銀マットが見えないようにするのが良さそうです。

 

インナーマット②|キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) フォームマット

出典:Amazon

キャプテンスタッグ フォームマット

参考価格

¥2,100

展開サイズ

182×56×厚さ2cm

収納サイズ

56×13×12.5cm

重量

270g

材質

発泡ポリエチレン

▶︎口コミを見る

日本のアウトドアブランドキャプテンスタッグフォームマットです。サイズが182×56cmで、ヴォールトであれば、4枚分敷くことが可能で、4人分コットやエアマットなしで寝ることができるスペースを確保できます。

 

1.5cmと十分に厚みがあり、マット上で地面の小石などの凹凸も感じることなく、銀マットを使うよりも快適にテント内で過ごすことができます。安価に入手できる製品でありながら、エアマットインフレーターマットと比べてもパンクの危険性が低く、安心して長く使用できるのもポイントが高いです。

出典:Amazon

波型空気の層が十分にあるので、保温性にも期待できるのがフォームマットです。

 

インナーマット③|キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) エアマット

出典:Amazon

キャプテンスタッグ インフレーティングマット

参考価格

¥4,972

展開サイズ

182×110×3.5cm

収納サイズ

60×32cm

重量

2.2kg

材質

ポリエステル(PVC加工), ポリウレタンフォーム, ABS樹脂

▶︎口コミを見る

インフレータマットだと表面に凹凸がなく、カーキ落ち着いたデザインなので、よりスタイリッシュにテント内で過ごすことが可能です。ヴォールトの場合、インナーテント内にダブルサイズのマットを2枚入れて、家族であれば4人ほどで寝ることが可能です。

 

価格も4,972円(参考)と、4人分のマットを揃えて1万円いかないくらいと、スタイリッシュな見た目でありながら、コストをかなり抑えられるのも魅力です。

 

インナーマット④|コールマン (Coleman) コンフォートエアーマットレス

出典:Amazon

コールマン (Coleman) コンフォートエアーマットレス

サイズ

シングル

ダブル

参考価格

¥2,697

¥3,718

展開サイズ

187×97×高さ19cm

187×138×高さ19cm

収納サイズ

35×26×9cm

50×25×25cm

重量

2.5kg

3.3kg

材質

PVC

PVC

▶︎口コミを見る

インナーマットを敷かずに直接エアーマットを置いて寝るというスタイルも良さそうです。コットスタイルでのキャンプもかっこいいですが、人数の多いファミリーキャンプではエアーマットの方が、より快適に過ごすことができ、出費もかなり抑えることができます。

 

高さが19cmと、地面から離れており、間に空気の層を挟んでいるので、保温性にも期待できそうです。厚さ5mm銀マットなどを敷く必要もないでしょう。

 

ヴォールトなら、ダブル1つとシングル2つインナーテントに入れると、家族なら3-4人ほど寝ることのできるスペースを作ることが可能です。

 

価格もダブルで5,000円と、ファミリーキャンプなどでも、1人ずつエアマットやコットを揃えるよりもコストを抑えられてオススメです。

 

 

▶︎Amazonで200×250cmのインナーマットを探す

 

出典:スノーピーク

ヴォールトの場合、インナーテントの形状が台形型なので、どうしても全く同じ形のインナーマットは存在しないので、厚みのあるしっかりとした地面で、快適なインナーテントの中の空間が欲しい、冬場にも快適に睡眠を取りたい、というユーザーにはやはり純正マットを使用してみるのがオススメです。

 

ヴォールト グランドシート・インナーマット|まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

けいいちさん(@k__ichisan.camp)がシェアした投稿

今回は、ヴォールトピッタリなグランドシートインナーマットを紹介しました!グランドシート銀マットラグなどを敷くことで、地面の冷気熱気などを感じず、結露も減って、大人も子供も、快適なキャンプでの睡眠を取ることができそうです。

冬なんかの寒さの厳しいキャンプではさらに地面との距離を数十センチ空けるためにコットなんかを使用するのもオススメです。

 

最後に、グランドシートインナーマットを敷くメリットデメリットを貼っておきます。

 

テント内外の結露防止
・テントや荷物の浸水防止
冷気熱気の侵入を防ぐ
・テントにがつくのを防ぐ
の付着を防ぐ
・急な天候の変化があったときにタープとして使用できる
・キャンプサイト内の小石などの凹凸を吸収
設営がより楽にできる(シート上に荷物を仮置きできる、キャンプサイトの広さが把握できる)
撤収がより楽にできる(テントについた水分を払わなくて良い)
荷物が増える
・シートを広げる手間が増える

 

皆様の快適なキャンプライフの参考になれば幸いです!

 

最後までご覧くださり、ありがとうございました!

 

今回紹介したキャンプギア

 

 

 

こちらの記事も要チェック!

アメニティドーム S にピッタリなグランドシートは?サイズの合う代用品を調査してみた!
今回は、スノーピークのアメニティドーム Sにぴったりなグランドシートやインナーマットなど、純正品が高い!と思う方も多いかと思うので、代用できるものをいくつか調べて、厳選してみました!スノーピークからアメニティドーム専用のインナーマットも販…
アメニティドーム M にピッタリなグランドシートは?サイズの合う代用品を調査してみた!
今回は、スノーピークのアメニティドーム Mにぴったりなグランドシートやインナーマットなど、純正品が高い!と思う方も多いかと思うので、代用できるものをいくつか調べて、厳選してみました!スノーピークからアメニティドーム M専用のインナーマット…
アメニティドーム L にピッタリなグランドシートは?サイズの合う代用品を調査してみた!
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="1cbfbfc6.531d5f98.1cbfbfc7.f9ae5613";rakuten_items=&quot
【スノーピーク ジカロテーブル】焚火台を囲む以外にも様々なレイアウトが組める焚火テーブルを紹介!
今回はスノーピークの名品と評価の高い「ジカロテーブル」を紹介!みんなで火を囲む時にあると便利なのが、囲炉裏テーブルと呼ばれる、焚火台を囲むテーブルです。 中でもこのスノーピークのジカロテーブルは、他とはちょっと違ったロマンのある特…
【ツーリングドーム LX レビュー】コスパ抜群で、ツーリングにオススメなドーム型テント!
今回は、多くのユーザーから選ばれるコールマンのツーリングドーム LXを、テントの仕様や気になる口コミ、豊富なカラーバリエーションや、人気の理由、広さ、使用シーンなどの点から徹底レビュー!他と比べても広い前室や、コンパクトさ、設営のしやすさ…
【コールマン エクスカーションティピー レビュー】雨でも使いやすい前室の広いティピーテントを調査!
今回は、多くのユーザーから選ばれるコールマンのエクスカーションティピーを、テントの仕様や気になる口コミ、広さ、使用シーンなどの点から徹底レビュー!使いやすくて特徴的な前室、初心者でも扱いやすいシンプルなデザインで、2万円代で購入できる、コ…
ソト(SOTO) ST-310 の遮熱板・テーブルや風防のおすすめ10選!
今回は、ソト(SOTO) ST-310の遮熱板をコンパクトでツーリングなどでも使いやすいものから、カッコいいテーブル型の遮熱テーブルまでを5つほどと、後半では専用の風防などを紹介していきます。風防やストーブなど、ST-310と合わせて使用したいアタッチメントもいくつか紹介しているので、是非最後までご覧ください!
イワタニ(iwatani) コンパクト ジュニアバーナー の遮熱板・テーブルや風防のおすすめ8選!
今回は、イワタニ(iwatani) コンパクト ジュニアバーナー の遮熱板をコンパクトでツーリングなどでも使いやすいものから、カッコいいテーブル型の遮熱テーブルまでを6つほどと、後半では風防などのアイテム紹介していきます。おしゃれな遮熱テ…

コメント

Copied title and URL