【格安メーカー MoonLence】どこの国のブランド?Amazonでよく見かける格安キャンプ用品を徹底調査!

アウトドアブランド

最近だと、Amazonなどのネットショッピングなどの台頭で、中国製のキャンプ用品目にしたり購入する機会も増えている方も多いのではないでしょうか。

 

コスパがよく手に入れやすいものが多いため、気軽にキャンプを始められる理由にもなっています。実際に、僕もキャンプを始めるハードル中国のキャンプ用品かなり下げてくれたことを覚えています。

 

その中でも今回はAmazonで見かけることもかなり多く、レビュー数も豊富なMoonLenceのキャンプ用品について調査してみました!

 

MoonLenceってどこのどんなブランド?

 

この投稿をInstagramで見る

 

薪薪(@makimki)がシェアした投稿

MoonLence2014年中国の上海付近で設立されたブランドで、日本にてAmazonでの販売2017年から始まったブランドです。

 

日本での販売の歴史は少し浅めですが、コットチェアテーブルを始め、Amazonではかなりのレビュー数評価の高さを集めており、そこそこ信頼できそうなブランドです。

 

MoonLenceの格安チェア

 

この投稿をInstagramで見る

 

@dd_camp.outdoorがシェアした投稿

Amazon売れ筋ナンバーワン!格安グランドチェア

出典:Amazon

Moon Lence アウトドアチェア

重量

980g

収納サイズ

35×13×11cm

展開サイズ

50×36×高さ60cm

耐荷重

150kg

素材

座面生地:600Dオックスフォード布 フレーム:A7075アルミニウム合金

▶︎口コミを見る

足が4つついていて、安定感があるのが特徴です。下の足を付けずにマジックテープで止めることで、より地面に近い高さで座ることができ、部品の点数もそこそこ多いですが、重量は980gと上で紹介したチェアと100gほどしか差はないようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

岡部 義博(@okb_outdoor)がシェアした投稿

グランドチェア専用で使いたい方は、ショックコードを外して、下の足を分離してしまっても、は繋がっていないので、部品がバラバラになることはないので、ツーリングなどを行う方でも問題なくより軽量化を図れます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

こめ(@komechan6000)がシェアした投稿

グランドチェアとして使用すると、あの有名キャプテンスタッグのアルミロールテーブルとの相性が抜群です。また、高さの低いテントでも頭が当たらず、快適にロースタイルでのキャンプを楽しめるというメリットもあります。

 

こちらも本家ヘリノックスのグランドチェア1/4〜1/5ほどの4,000円弱で購入可能な、他ではあまり見られない安さグランドチェアです。

\\ヘリノックスのグラウンドチェアもおすすめ!//

 

MoonLence|アウトドアチェア チェアワン型

出典:Amazon

Moon Lence アウトドアチェア

重量

890g

収納サイズ

35×13×9cm

展開サイズ

55×61×高さ67cm

座面の高さ

35cm

耐荷重

150kg

素材

座面生地:600Dオックスフォード布 フレーム:A7075アルミニウム合金

▶︎口コミを見る

ヘリノックスのチェアワン型アウトドアチェアの中でも、特に人気知名度が高い、MoonLenceのチェアです。このタイプのチェア、先ほど紹介したアルミロールテーブルや拡張可能なテーブルとの相性がとても良いので、これからソロキャンプを始めようと考えている方にもおすすめです。

f:id:bikecamper:20200817172548j:plain

 

焚火などの時に置き場に困りがちな、スマートフォンや飲み物を入れておけるポケットや、砂地などで地面への沈み込み防止のパーツがついているなど、本家ヘリノックスのチェアにはみられない工夫もいくつかあります。

 

値段も本家の1/4〜1/5ほどの約2,700円で、快適な座り心地が手に入れられるので、ブランドにこだわりがない方にはMoonLenceのチェアがおすすめです。レビュー数も他のメーカーよりも圧倒的に多いのも安心して購入できるポイントなのではないでしょうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

vvvvvooox(@eye_of_providence_69)がシェアした投稿

柄付きのチェアも他のパチノックスと比べてもデザインがかなり良くて個人的にオススメです!

 

格安ハイバックチェア

出典:Amazon

Moon Lence アウトドアチェア ハイバック

重量

1.6g

収納サイズ

38×13×9cm

展開サイズ

58×61×99cm

座面の高さ

14.9cm

耐荷重

180kg

素材

A7075超々ジュラルミン、1000Dポリエステル

▶︎口コミを見る

MoonLenceから出ているハイバックチェアです。適度な収納性を取りつつ、快適性も重視したい方や、最初に紹介した、ヘリノックスのチェアワン型のチェア以外のアウトドアチェアにも興味がある、という方におすすめのアウトドアチェアです。

 

価格も1千〜2千円ほど高くなっていますが、頭まで自分の体をしっかりと支えてくれ、焚火や読書、午後の昼寝をする時にもチェアワン型よりも、より快適な時間を過ごせそうで、荷物の重量を気にしない方には1つは持っておいておくと良さそうです。気分やキャンプシーンによってチェアの種類を使い分けるのも良いでしょう。

 

\\Desert Foxのハイバックチェアもおすすめ!//

 

 

MoonLenceのテーブル

アルミテーブル

 

この投稿をInstagramで見る

 

優作(@u39saku)がシェアした投稿

MoonLence キャンプテーブル

重量

1.6kg

収納サイズ

45×12×12cm

展開サイズ

56×40×高さ36cm

耐荷重

30kg

素材

A6063ジュラルミン

▶︎口コミを見る

Amazonで、数多く販売されているアウトドアテーブルの中でもキャプテンスタッグのテーブルに次ぐ人気があるテーブルです。単体では、ソロキャンプでの使用にちょうど良いサイズ感ですが、天板もう1つのテーブルを合体させることで、グループキャンプでも使用できる天板のサイズになります。

 

他にもランタン細々したものを引っ掛けておける、フックのついたアタッチメント1,000円ほどと安くで手に入るのも魅力です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuuta Kimura(@hhdvkim)がシェアした投稿 -

ソロとグループキャンプのどちらでも使用できるので、キャンプやツーリング一緒に行う仲間などと、同じものを買い揃えて連結して使用したりするのも面白そうです。1.6kgと軽量で、コンパクトなので、バイクでのツーリング行う方や徒歩リュックサックでキャンプをする方にもおすすめです。

 

アルミロールテーブル

出典:Amazon

Moon Lence アルミロールテーブル

重量

900g

収納サイズ

40×11×7cm

展開サイズ

40×35×高さ28.5cm

耐荷重

30kg

素材

アルミニウム

▶︎口コミを見る

ソロ用の折りたたみ式のロールテーブルバイクや自転車への積載徒歩キャンプでも持っていけるくらいの収納サイズです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

遠藤 剛(@_takeshi_endo)がシェアした投稿

複数人でのキャンプでも、金属製なので自分用の焚火のお供のテーブルとして使ったり、食事中にちょっとしたものを置くのにも便利なのでおすすめです。

 

お値段も千円台と、入門者でも、ちょっとしたテーブルが欲しい方でも、すぐに手に入れやすいのも嬉しい点です。筆者も同じようなローテーブルを使用していて、見ての通りソロで使うとローチェアとの相性がかなり良いです↓

f:id:bikecamper:20200817172548j:plain

欠点があるとすれば、重量が900gあるので荷物をできるだけ軽量化するときに持っていくのをためらってしまうところですかね。

 

ですが、その分耐荷重があるので、鍋などの重いものを置いても安定感がありますし、筆者は普通に自転車キャンプでも持って行ってます。

 

 

登山キャンプや自転車ツーリングにおすすめ|アルミミニテーブル

出典:Amazon

Moon Lence ミニローテーブル

重量

465g

収納サイズ

38×15×高さ2cm

展開サイズ

35×25×高さ11cm

耐荷重

10kg

素材

ステンレス、アルミニウム

▶︎口コミを見る

先ほどの900gのアルミローテーブルよりもっと軽量で、登山キャンプ自転車でのツーリングなどにも持って行きたい方におすすめなのが、この450gの軽量テーブルです。収納する薄い板状になるので、リュックサックなどにも入れやすそうです。

テーブルのサイズ耐荷重、重量は、SOTOのフィールドホッパーCAPTAIN STAGのアルミロールテーブル中間ぐらいでしょうか。安価で気軽に購入できるテーブルが欲しいという方におすすめです。

 

MoonLenceのおすすめコット

2.2kgと軽量で、ツーリングにもおすすめ|ローコット①

出典:Amazon

Moon Lence キャンプコット

重量

2.2kg

収納サイズ

38×16×16cm

展開サイズ

190×70×高さ17cm

耐荷重

160kg

素材

420ポリエステル

▶︎口コミを見る

2.2kgローコットの中でもかなりの軽量な製品で、AmazonではDODのコットについで2番目にベストセラーになるほどの人気となっています。収納サイズコットにしてはかなりコンパクトなので、ツーリングや徒歩キャンプでの使用も良さそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

inforest(@moment_inforest)がシェアした投稿 -

組み立てに少しコツがいるが慣れると問題ない、との声もレビュー欄で見受けられました。これからコットデビューする方DODと一緒におすすめしたい人気コットです。

\\Amazonでベストセラー!//

 

組み立てやすく安定感の高いコット|ローコット②

出典:Amazon

Moon Lence アウトドアコット

重量

3.15kg

収納サイズ

42×20×20cm

展開サイズ

190×70×高さ22cm

耐荷重

150kg

素材

200Dナイロン、A7075超々ジュラルミン

▶︎口コミを見る

上で紹介したコットよりも高さが5〜10cmほど高いコットで、地面からの冷気や熱気から遠ざかることもできます。サイドポケットもついているので、置き場に困りがちなスマートフォンやメガネなどを入れておくことが可能で、荷物を床やテーブルに置きに行く手間が省けます。

 

組み立てにコツがいらないのも特徴で、少し重量はありますが、コットの足がしっかりしているので、安定感のあるコット欲しい方におすすめです。

 

安定感があり、様々なシーンで使用可能なコット|2wayコット

出典:Amazon

Moon Lence キャンプハイコット

重量

3.84kg

収納サイズ

53×15×15cm

展開サイズ

192×65cm

高さ

19/34/35cm

耐荷重

180kg

素材

座面生地:900Dオックスフォード

フレーム:A7075超々ジュラルミン

▶︎口コミを見る

MoonLence2wayコットで、下に安定感を持たせるためのパーツがついているため、高さ調節19/34/35cm三段階で可能となっています。

 

フレームにはジュラルミンが使用されており、耐荷重も180kgかなり高いので、安定感を持たせるパーツも一緒に使用することで、泥や砂利の上でも高い安定感を保つことができます。下のパーツを外して使用することで、見た目もスタイリッシュになります。

出典:Amazon

人数が多い時のキャンプではハイコットにしてベンチや荷物棚としても使用可能、地面の冷気や熱気から遠ざかることで、快適な睡眠を得ることができます。

 

ソロや少人数でのキャンプでは、ローコットとして使用して、狭いテントにも対応することができるなど、2wayコットなので、様々なキャンプスタイルに対応できるコットで、これからコットデビューを果たす方や、安定感のあるコットを求めている方におすすめです。

\\NatureHikeの2wayコットもおすすめ!//

 

MoonLenceのおすすめのテント

MoonLenceのおすすめの1-2人用テント

出典:Amazon

Moon Lence 1-2人用テント

重量

2.35kg

収納サイズ

46×15×15cm

展開サイズ

220×140×高さ120cm

耐水圧

2000mm

素材

フライシート:66D190T PUPanton  インナーシート:190T+B3メッシュ  フロア:210Dオックスフォード   ポール:アルミニウム7000系

人数

1-2人用

▶︎口コミを見る

重量は2.35kgウルトラライト派には向きませんが、価格は約8000円ほどの格安ダブルウォールテントです。

 

幅は140cm大人2人が並んで寝転べ、ソロなら荷物も横に置いておけます。少し狭いですが、しっかりと前室もついています。

1kg代のもっと軽量なテントを探している方にはsoomloomの景山というテントや、やや値段は上がりますが、NatureHikeのテント1.7kgほどと軽量でおすすめです。

 \\NatureHikeもおすすめです!//

ネイチャーハイク Cloud UP 2 徹底レビュー!口コミや使用シーンなどを徹底調査!
今回はNatureHikeのCloudUP2というテントをレビュー!コスパ、品質共に良しとの噂のNatureHikeの中でも1番人気と呼ばれるCloudUP2がどんなテントなのかまとめてみました。NatureHikeのCloudUP2は、…

 

MoonLenceのおすすめの3-4人用テント

出典:Amazon

Moon Lence 3-4人用テント

重量

4.35kg

収納サイズ

44×17×17cm

展開サイズ

220×210×高さ130cm

耐水圧

2000mm

素材

フライ/66D190Tポリエステル(PU防水)、インナー/190Tポリエステル+B3メッシュ、フロア/210Dオックスフォード、ポール/ガラス繊維 φ8.5mm

人数

3-4人

▶︎口コミを見る

 

シンプルな前室付きのドーム型テントで、価格も9,000円と手に入れやすいダブルウォールテントです。グラウンドシートが付属しており、前室までカバーしているので、荷物を前室においても土や草などの汚れがつきにくく、ちょっとした調理なども行いやすそうです。

 

テントの構造シンプル設営も簡単なので、1万円以内3-4人用のドーム型テントを探している方におすすめです。

 

MoonLenceのアルミテーブル関連のアクセサリー

↑このアルミロールテーブルの付属するためのアクセサリーです

\\複数個のテーブルをつなげるための連結板//

\\テーブルに取り付け可能なランタンフック//

 

中国製のキャンプギアってどうなの?

 

この投稿をInstagramで見る

 

@ku_ma.japanがシェアした投稿 -

最近のキャンプブームゆるキャン△などのアニメの影響で、新たにキャンプを始めてみたい、と考えている方も多いのではないでしょうか?そして、いざやってみると必要なものがかなり多くお金がかかるので大変…と思う方も多いと思います。

 

しかし、Moonlenceなどをはじめ、中国製のギアならキャンプを気軽に楽しむのに十分なギアを、安くで入手することができてしまいます。まだキャンプ熱中するかわからない方もそこまでお金をかけず1度挑戦してみることもできます。

 

実際のところ筆者もキャンプ入門したての頃テントから寝袋テーブルシングルバーナーなどまでを中国製のギア百均で集めていました。

 

 

届いたらキャンプに行く前に内容物を確認しておくと安心

 

この投稿をInstagramで見る

 

FURIHITO(@kimicampbokucamp)がシェアした投稿

筆者キャンプへのハードル中国製のギアが、かなり下げてくれたことをよく覚えています。

 

なので、中国製のキャンプギアもちろん大好きなのですが、価格が安い中国のキャンプ用品は、メーカーによってはコストカットの為、販売前の検品がしっかり行われていないという場合も多いので、購入して家に届いたらまず自分で部品の数を確認したり、組み立てたりして確認しておくと、より満足度の高い買い物ができそうです。

 

不備があった場合ほとんどのメーカー問題なく交換返品対応を行ってくれます。保証内容レビュー欄購入前に見ておくとより安心です。

 

また、筆者のようにほとんど全てのキャンプ用品中国の製品で集めなくても、ポールやペグなど目立たないところだけを安いギアで揃えたり、新たにソロでキャンプを始めるときに、ソロ用の道具だけを中国製のもので集めてみるのも良さそうです。

 

保証もあります

弊社からご購入いただいた製品は、ライフタイム保証となります。お買い上げ日より正常な使用状態で、万一不具合が生じたら、30日以内の返品・交換を承ります。30日以上の場合には、期間を定めず無償で修理に対する保証をご提供したします。何か問題がありましたら、ぜひお問い合わせください。

出典:Amazon MoonLence JP

 

MoonLenceにはライフタイム保証という制度がついており、保証内容がはっきりしているのも安心ポイントです。商品に不具合があった場合、購入して1ヶ月以内なら返品・新品に交換1ヶ月以上経過していると、ずっと無償修理での対応となっているようです。

 

MoonLenceのキャンプ用品|まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

雪見猿(@yukimi.saru)がシェアした投稿 -

Amazon楽天などのネットショッピングの台頭によって、販売時の人件費の削減や、店舗の土地代や家賃、その他様々なコストカットが行われ、中国などの様々な国のキャンプ用品、安くで手に入りやすい環境になっています。

 

収納性に優れたものや、細かな工夫などを凝らしたものなど、興味深いキャンプギアがたくさん販売されています。是非、レビュー欄などを見極めて、自分のキャンプスタイル趣味に合ったキャンプ用品を探してみてください!

 

今回紹介した主なキャンプギア

 

 

こちらの記事も要チェック!

【中国メーカー soomloom】格安、軽量でコスパ抜群なギアについて徹底調査!一体どんなブランド?
最近だとAmazonなどのネットショッピングなどの台頭で、中国製のキャンプ用品を目にしたり、購入する機会も増えている方も多いのではないでしょうか。コスパがよく、手に入れやすいものが多いため、気軽にキャンプを始められる理由にもなっています。…
ネイチャーハイク(NatureHike)ってどんなブランド?どこの国のブランドなのか、評判や口コミ、人気のキャンプ用品、最新情報を調べてみた!
キャンプが好きな方で、キャンプ用品をAmazonで購入される方だと、一度は見たことがあるであろうブランド、ネイチャーハイク(NatureHike)のブランドの情報や評判、口コミや人気の製品について徹底調査! トレッキングやツーリン…
【BUNDOK ソロティピー1 TC 徹底レビュー】ソロベースとどっちを選ぶ?跳ね上げ可能な最強のソロ用ティピーテントの情報や魅力を紹介!
魅力や気になる情報をまとめました! 発売当初、筆者はBUNDOKソロティピーTCと聞いて、既存のBUNDOKの人気テントのソロティピーをTC素材に変えただけでは? と思っていたのですが、実際に調べてみると、ソロティピーでも…
ネイチャーハイク コット 徹底レビュー!使用感や口コミ、販売元の情報をまとめました|ヘリノックスなどの他社メーカーコットとも比較!
皆さんはキャンプではローコットかハイコット、それともエアーマット、何を使用されているでしょうか? コットを使用するとキャンプでの寝心地が、地面で寝ていた時と比べて大幅にアップしますよ! 中でもコットにはその高さによって3つのタイ…
ネイチャーハイク Cloud UP 2 徹底レビュー!口コミや使用シーンなどを徹底調査!
今回はNatureHikeのCloudUP2というテントをレビュー!コスパ、品質共に良しとの噂のNatureHikeの中でも1番人気と呼ばれるCloudUP2がどんなテントなのかまとめてみました。NatureHikeのCloudUP2は、…
【DOD ワンポールテント 5人用 徹底レビュー】口コミやレイアウトなども徹底調査!
今回は2018年発売のDOD ワンポールテントのスペックや口コミ、キャンプシーンでの使用などの情報を紹介していきます。Amazonでも売れ筋のDOD ワンポールテントの人気の理由を徹底調査しました!口コミや合わせて使用したいグランドシート…

コメント

Copied title and URL