【バンドック ソロティピー1 徹底レビュー】コスパの良さと軽量さから入門者や軽量キャンパーに大人気のBUNDOKのソロ用テントを紹介!

テント・タープ

Amazonなどにて、ユーザーから人気を集める様々なタイプソロテントを発売するバンドックソロティピー1徹底レビューしていきます!

 

1万円台前半というかなり低価格なテントですが、作りがかなりシンプルなため、悪天候時にも安心して使える丈夫さ軽量さ、価格の安さに優れており、ソロキャンプ入門者の方や、ちょっとしたソロテントが欲しい方におすすめなんです。

コスパが良いと口コミでも噂のバンドックのテントですが、実際に今回紹介するソロティピー1はどんな感じなのかを、実際に筆者がソロキャンプ時の主力テントとして使って感じた感想や特徴をまとめてみました。

 

価格は安いが性能はどうなのか、使用して実際に感じたテントの細かい質感など、購入前に気になるであろう疑問も筆者のバンドック ソロティピー1の使用感に基づいて、しっかり解決していきます!

 

バンドック ソロティピー 1 を徹底レビュー!

バンドック ソロティピー 1|スペック

出典:Amazon

ソロティピー

重量

約2,200g

収納サイズ

長さ42×19×19cm

展開サイズ

240×240×高さ150cm

構造

ダブルウォールワンポールテント

フライ防水能力

3000mm(フライ)、5000mm(ボトム)

カラー

ライトベージュ×ブルー、ダークグリーン、カーキ

人数

1人用

▶︎口コミを見る

 

コスパが抜群に良い!

 

この投稿をInstagramで見る

 

way_eione(@yoshi_camp2151)がシェアした投稿

ソロティピー1の重量は約2.2kgと山岳テント並みとは言えないですが、自転車やバイクへの積載徒歩キャンパーにはありがたい軽量さとなっています。

 

それでいて、前室もかなり広くて、価格1万円台前半とかなり安価で、これからバックパックキャンプツーリングなどを始めたいと考えている方にオススメのソロ用テントです。

 

ソロティピー1|インナーテント

 

この投稿をInstagramで見る

 

@j_camp13がシェアした投稿

就寝時、よっぽど高身長でなければが壁に当たるということはありませんが、ワンポールテントなので部屋の高さが上がるにつれて狭くなっていく感じです。ローコットなら全然置けますが、高さのあるコットは厳しそうです。

 

見ての通りインナーフルメッシュなので夏場は快適そうですが、はどうでしょう。高さのあるコットが置けない点も考えると雪中キャンプや地面が冷える冬に使うのは厳しいかもしれません。

 

幅は100cm1人用のテントとされていますが、無理をすれば2人でも寝れそうです。親子、細身の方は行けても男2人は厳しいかなぐらいの横幅となっています。ソロで使用するには荷物着替えなどもおくことができて、絶妙に使いやすい幅サイズ感です。

 

写真のようにテントの入り口インナー分の入り口は巻き上げることで寝る前までは開けっぱなしにすることができます。夏場はインナーだけ閉めて外の景色を見ながら就寝…なんてこともできます。もちろんインナーテントは外すことができます。

 

ソロティピー1|前室は寝室と同じぐらいの広さ

 

この投稿をInstagramで見る

 

way_eione(@yoshi_camp2151)がシェアした投稿

テントの前室寝室と同じぐらいのサイズがあり、前室にもコットなどをおけば、テント内2人ほどは寝れそうなくらいの広さです。1人分のチェアテーブルなどを、寝る前にわざわざ畳まなくとも前室部分収納することが可能なほどで、ソロティピー1の大きな魅力です。

 

バックパックキャンプや自転車ツーリングでの使用がおすすめ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

はなはる(@hahaharu0910a)がシェアした投稿

収納サイズ42×19×19cm重量2.2kg軽量かつコンパクトで、バックパックキャンプ自転車ツーリングでも持ち運べるほどの軽量さです。実際、口コミでもバックパックキャンプなどで使っている方を多く見かけました。

筆者も自転車に積載し、淡路島一周の旅や、家の近所にキャンプ場に行く時に使用しています。ロードバイクやクロスバイクのハンドル部分にもつけられるほどのコンパクトさです。収納袋に畳んだ後にテントを圧縮するコンプレッションベルトがついているのも特徴です。

 

タープと組み合わせてもカッコいい!

ただ、雨の日などは前室を開け放つと、雨などがテント内に吹き込んでくるので、締め切るか、タープ居住スペースを確保する必要がありそうです。筆者の場合はバンドックの純正のタープを使うなどして、日差し凌ぐようにしています。

ダークグリーンカーキソロティピー1に関しては、全く同じカラーのタープがあり、統一感を持たせることが可能です。価格もポールロープペグ等もついて、5千円弱と安価で、これからタープデビューを果たしたい方にもオススメです。

 

筆者も、付属品込みだったこともあり、バンドックヘキサタープが初めて購入したタープでした。

タープポールも片方持っていくだけで連結することが可能なので、テントタープを合わせて、重量3.8kgほどと、自転車バイクツーリングでも持っていけます。タープの幕の下のスペースもかなり広く、複数人のツーリングであれば、1つのタープを共有できます。

 

1つ少し気になる点…

購入してからもしばらくは付属のペグを使用していたのですが…

写真の通り、打ち方が悪かったのか、5回ほど使用したあたりで、12本付属していたペグのうちのほとんどが曲がってしまいました…おそらく筆者の打ち方が悪いのもあるのでしょうが、付属のペグは基本曲がるものと思ってチタンペなどを準備しておくのがオススメです。

 

チタンペグであれば、丈夫かつ軽量で、ツーリングバックパックキャンプなどに持っていくにも最適です。

 

他に挙げられるデメリットとしては、非自立式なので、ペグが打てない環境や室内登山などでは使いずらいことくらいでしょうか。

 

ソロティピー1の設営方法|とにかく簡単

 

この投稿をInstagramで見る

 

Naoto(@forestbase_55)がシェアした投稿

ティピーテントの設営は本当に楽です。ポールをスリーブに通したり、テントを吊るしたりする面倒な動作が一切なく、本当にペグを打ってポールを立てるだけです。

f:id:bikecamper:20200613164416j:plain

まず4隅にペグを打ちます。ポールを組み立てたら

f:id:bikecamper:20200613164640j:plain
出典:Amazon

中心からポールを立ち上げます。インナーテントは開封当初からフライシートについています

つけたままにして、撤収なども行います。

f:id:bikecamper:20200613165029j:plain
出典:Amazon

必要な場所にペグを打って完成です!ロープを張るとより安定感が増し、テント表面についた水分テント生地からスムーズに流れてくれます。

 

慣れたら5分とかからず、ペグ4本打ってポールを立てるだけなので、早い時だと本当に2,3分で立てられてしまうのがありがたいです。撤収設営と同じくらい楽です。筆者の初めてのテントソロティピー1でしたが、全くの初心者の状態でも、全く手間取ることなく設営することができました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Katutoshi Seguchi(@s.katutoshi)がシェアした投稿

コンプレッションベルト付きなので、収納袋ゆとりを持っていれることができ、後から圧縮してしっかりと体積を減らすことができます。

 

バンドックってどんなブランド?

f:id:bikecamper:20200810183920j:plain
出典:バンドック

バンドックは物作りで有名である新潟県三条市に本社を構える株式会社カワセさんのブランドです。

 

現在のところ、ホームセンター一部のアウトドアショップ以外の店舗で、店頭販売はあまり行われていない(最近、段々と見かけることが増えてきています)日本のブランドで、Amazonなどのネットショッピングで主に見かけることが多いため、中国のメーカーと勘違いされた方も少なくないと思います。

 

Amazonなどネットショッピングに特化していて、販売時の店舗の家賃人件費他のメーカーと比べてかなり抑えられているため、ユーザーからはコスパが良いとの声も多く、軽量性収納性優れた製品が多いのが特徴です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Asakura Koichiro(@a_sakura5160)がシェアした投稿

 

そんなバンドックの製品の中でも、特にソロ用テントに関しては軽量性や収納性に優れたテントから、面白い秘密基地が作れるような面白いキャンプスタイルが楽しめるものまで、

 

様々なタイプのテントが、手に入れやすい価格でラインナップされていて、2つ以上のバンドックのテントを使い分けるようなソロキャンパーさんキャンプ系のYoutuberさんも多いんです。

 

▶︎バンドックのテント一覧はこちらから

 

バンドック ソロティピー1|まとめ

今回はコストパフォーマンスが高く、入門者や軽量キャンパーにおすすめのバンドック ソロティピー1を紹介しました。ツーリングバックパックキャンプに最適なオススメのソロ用テントです。

 

今回紹介したキャンプギア

 

 

こちらの記事も要チェック!

【バンドック ソロドーム 徹底レビュー】格安で軽量なバンドックのソロ用のドーム型テント|BUNDOKソロティピーと並んでおすすめ
今回はBUNDOKのソロドームの魅力やおすすめの使い方、質感などの細かな情報を徹底解説! ツーリングや登山、ファミキャン用の巨大テントでのカンガルースタイルや、部屋キャンなど、多彩な用途があるソロ用のドーム型テントですが、Amaz…
バンドック ソロドームのグランドシートやコットなど合わせて使用したいアイテムを厳選!
今回はバイクや自転車でのツーリングや登山など、ミニマムスタイルのキャンプを行う方から選ばれており、有名なキャンプ系YouTuberのヒロシさんも使用している、バンドック ソロドームと合わせて使用したいグランドシートやコットなどのアイテムを…
【BUNDOK ソロティピー1 TC 徹底レビュー】ソロベースとどっちを選ぶ?跳ね上げ可能な最強のソロ用ティピーテントの情報や魅力を紹介!
魅力や気になる情報をまとめました! 発売当初、筆者はBUNDOKソロティピーTCと聞いて、既存のBUNDOKの人気テントのソロティピーをTC素材に変えただけでは? と思っていたのですが、実際に調べてみると、ソロティピーでも…
バンドック ソロティピー1 TCのグランドシートや二股ポールなどを徹底調査&厳選!
ソロベースと並ぶ人気となったバンドック ソロティピー1 TCと合わせて入手したいグランドシートや二股ポール、チェアや焚き火リフレクターなどのキャンプギアを、バンドック純正品から他社メーカーのギアまで紹介していきます!ソロティピー1TCでの…
【バンドック ソロベース レビュー】焚火や斬新なレイアウトが楽しめるコスパ最高なパップテントを調査!
今回はBUNDOKのソロベースのテントの魅力や特徴、そしてソロベースと組み合わせて使いたい、同じBUNDOK製のテントとの比較まで、ソロベースを購入する前に知っておきたい細かな情報をまとめてみました! 発売当初は売り切れや入荷待ち…
バンドック ソロベースをより楽しむためのキャンプギアを厳選!グランドシートや二股、薪ストーブなどを厳選!
売り切れが多発したバンドックの人気テント、ソロベースと合わせて使いたい、グランドシートや二股ポール、チェアなどを、バンドック純正のものから別ブランドの製品まで、紹介して行きます。ソロベースでのソロキャンプをより快適に過ごす上で、チェックし…
バンドック(BUNDOK)ってどんなブランド?テントやタープ、チェアなどとにかくコスパの良いキャンプギアを紹介!
バンドックがどんなブランドなのか、口コミはどんな感じなのかなど、バンドックのキャンプギアの情報を徹底調査!テントやタープだけでなく、チェアやテーブルなど、ソロキャンプやツーリングをする人から、コスパがいいと噂のバンドックのキャンプギアを紹…

コメント

Copied title and URL