【soomloom パップテント 徹底レビュー!】1万円台で買える格安パップテントを徹底調査!

テント・タープ

 

今回は、Amazonでコスパの良いギアを多く販売している中国ブランドsoomloomパップテントレビューしてきます。

 

人気が高まっているsoomloomパップテントサイズ感カラー他社メーカーパップテントとの違いなどを調査しました!

 

皆様の快適なキャンプライフの参考になれば、幸いです!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

マス△(@masu3_k)がシェアした投稿

 

soomloom パップテント

出典:Amazon

soomloom パップテント

重量

5.2kg

参考価格

¥14,900

サイズ(全体)

360×190×高さ110cm

サイズ(インナー)

200×100×高さ100cm

収納サイズ

42×19×19cm

材質(テント生地)

コットン35%、ポリエステル65%

人数

1人

▶︎口コミを見る

TC素材のパップテントでありながら1万円台で買える!

 

この投稿をInstagramで見る

 

93camp🔥(@93big)がシェアした投稿

コットンポリエステル生地が混ぜ込まれたポリコットンTC素材のテントインナーテントも付属していながら1万5千円ほどと、中国ブランドテントとだけあって、コスパが良いパップテントだな、という印象です。

 

軍幕テントパップテント)は名前の通り元々はレジャーなどではなく、で使用されるものだったわけですが、それをアウトドアメーカーが、キャンプなどのレジャー目的に製造するようになり、パップテント人気の高まりにつながりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

やす(@yasu36_37)がシェアした投稿

バンドックソロベーステンマクデザインのものが中でも有名で、バンドックソロベース2万円台前半と、「コスパが良い」「シンプルで扱いやすい」と発売当初から、人気がとても高かったのを覚えています。

 

そこで、中国アウトドアブランドsoomloomが、インナーテントスカート付きのパップテント1万5千円ソロベースよりもさらに安く、入手しやすい価格で販売するようになり、Amazonのテントの売れ筋ランキングでも上位に食い込み、Amazon側が一押しの商品を紹介するAmazon Choiceにも選ばれるなど、人気を集めています。

 

 

soomloomはテント以外にも、アウトドアテーブルTCタープなど、中国アウトドアブランド強みであるコスパの良さで、様々なキャンプギアを展開しているブランドとなっています。

soomloomのブランドの細かな情報やキャンプギアはこちら!↓

 

ポリコットン(TC素材)で焚火の火の粉に強い!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jai Jai(@jai_jai_aomori)がシェアした投稿

コットン35%ポリエステル65%が混紡された、ポリコットン(TC素材)テント生地に使用されています。一般的なテント生地コットンではなく、ポリエステルでできたものが多いです。

 

コットンの特徴として、耐火性があり、焚火などで出る火の粉テント生地に当たっても、焦げたり穴が空いたりしにくい、といった特徴もあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

shota(@camp_w.shoo)がシェアした投稿

とは言っても、最近のアウトドアメーカーによって製造されているパップテントは、テント生地コットンだけではなく、持ち運び耐水性などの面から、ポリエステルも多く混紡された、ポリコットンが使用されていることが多いです。

 

ポリエステル製パップテントであれば、1万円以下で販売されているテントもありますが、TC素材パップテント2万円を切っているものは、soomloomパップテント以外では見たことがないように思います。

 

soomlooom パップテントのサイズ感は?

出典:Amazon

ソロ用パップテントで、インナーテントも1人で過ごすには幅100cmソロで過ごすには、着替えや貴重品などもすぐ横に置いておける、絶妙に使いやすい広さです。

 

ただ上に行くほど、壁が斜めになっている構造なので、コットを使用するならハイコットではなく、ローコットを使用することになりそうです。インナーの前部分だけでなく、横側のスペースにも道具荷物類を置いておくこともできるでしょう。

 

テントのカラーはどんな感じ?

 

この投稿をInstagramで見る

 

マス△(@masu3_k)がシェアした投稿

Amazonなどの販売ページカラーを見ていると、かなり緑色に近い色になっていますが、実際キャンプシーンに持ち込むとしっかりと馴染んでくれます。

 

販売ページで見る画像と、がかなり違うようなので、口コミSNSなどで他のユーザーが使用しているシーンなどを確認してみると良さそうです。

 

バンドック ソロベースとsoomloom パップテントを比較!

出典:Amazon

テント名

soomloom パップテント

バンドック ソロベース

バンドック ソロベース EX

重量

5.2kg

4.4kg

5.2kg

参考価格

¥14,900

¥23,030

¥34,800

サイズ(全体)

360×190×高さ110cm

360×190×高さ110cm

360×190×高さ110cm

サイズ(インナー)

200×100×高さ100cm

190×85×高さ100cm

190×85×高さ100cm

収納サイズ

42×19×19cm

40×20×20cm

47×24×24cm

材質(テント生地)

コットン35%、ポリエステル65%

コットン35%、ポリエステル65%

コットン35%、ポリエステル65%

人数

1人

1人

1人

口コミ

▶︎口コミを見る

▶︎口コミを見る

▶︎口コミを見る

 

ソロベース、ソロベース EXの詳細、レビュー記事はこちら!↓

 

パップテント人気の火付け役、先駆者とも言える、ソロキャンパーから人気の高いバンドックソロベースとも比較してみました!soomloomパップテントを購入しようと考えている人の中には、バンドックソロベースとどちらを使用しようか迷っておられる方も多いのではないでしょうか。

 

 

カラーなどの見た目

 

この投稿をInstagramで見る

 

M Murohushi(@muro_muro)がシェアした投稿

販売ページの表記はバンドックソロベースカーキ色ですが、soomloomパップテントにはチャイブという調べてみたところ、緑に近い色をしているようです。

 

どちらも自然に溶け込みやすいナチュラルな感じの色ですが、ソロベースの方はカーキ和風な色合いsoomloomパップテントソロベースよりは少し明るめですが、抹茶色に近い渋いカラーだな、という印象です。

 

コンパクトさ、テントのサイズなど

 

この投稿をInstagramで見る

 

shota(@camp_w.shoo)がシェアした投稿

テント名

soomloom パップテント

バンドック ソロベース

バンドック ソロベースEX

サイズ(全体)

360×190×高さ110cm

360×190×高さ110cm

360×190×高さ110cm

サイズ(インナー)

200×100×高さ100cm

190×85×高さ100cm

190×85×高さ100cm

収納サイズ

42×19×19cm

40×20×20cm

47×24×24cm

幕の広さ高さインナーの広さなど、大きな違いはないでしょう。どちらにも、インナーテントは付属しているので、夏場にも虫刺されなどを気にする必要もなさそうです。

 

重量ソロベース4.4kgsoomloomパップテント5.2kgスカートがついている分少し重いですが、どちらもバイクなどでのツーリングでも持ち運べる重量感です。

 

機能面

 

この投稿をInstagramで見る

 

93camp🔥(@93big)がシェアした投稿

テント名

soomloom パップテント

バンドック ソロベース

バンドック ソロベースEX

スカート

×

サイドウォール

×

×

ソロベースには付いていなかったスカートデフォルトの状態で付いています。夏場はなど、冬場にも、冷気の侵入等を防ぐことが可能となっています。前部分の跳ね上げが可能な点や、ファスナーがついている場所、雨除けエンドキャップがついている点はソロベースとほぼ同じです。

f:id:bikecamper:20200811212444p:plain

出典:Amazon

(ポールを差し込む穴から、水が中に侵入することを防いでくれるエンドキャップ

冬場にも使用するのであれば、スカートの機能は嬉しいですが、デフォルトソロベースの下に何もついていない、シンプルな見た目も個人的に好きです。

ソロベース EXだと値段こそ張りますが、スカートに加えて、風よけ視線対策としての機能にも期待できるサイドウォールも付いているので、プライベート感が欲しい方にはソロベース EXを検討してみるのも、オススメです。

 

価格面、soomloom パップテントの口コミ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ハラダナオマサ(@naomassa_hrd)がシェアした投稿

soomloomパップテント1万5千円ほどと、ソロベースは2万3千円ですから、約8千円ほどの差があります。ソロベースでも十分価格も安く、コスパも良いTCパップテントだと思うので、パッと見て自分の気に入った方を選ぶのが良さそうです。

 

口コミでの評価どちらのテント星4.5以上と、ユーザーからの評価もとても高いので、どちらを買っても大きく後悔することはなさそうです。購入前に自分のイメージと違わないか、口コミに目を通しておくと安心でしょう。

 

soomloom パップテントの主な口コミ↓

1万5千円と、コットンテントの割にかなり安いが、完成度が高い

スカート付きが嬉しい

チャックがスムーズに動く

明るすぎず、暗すぎないグリーンがカッコいい

在庫が減ると値段が上がる

・エンドキャップ等の欠品

 

全体を見ても、否定的な口コミが他のテントと比べてもかなり少なく、中国ブランドテントの中でも完成度がかなり高い製品だな、という印象を受けました。在庫が減っているときには、値段が上がっている場合があるので注意が必要でしょう。稀に欠品等が見られるそうなので、開封後に確認しておくと安心です。

 

▶︎soomloom パップテントの口コミを見る

▶︎バンドック ソロベースの口コミを見る

 

ソロベースは日本のアウトドアブランドとだけあって、販売ページ対応もしっかりしており、soomloomも製品への対応などを、埼玉県の代理店で行われているようなので、口コミをみる限り、どちらも特に心配ないように感じます。

 

 

ソロベース、ソロベース EXの詳細、レビュー記事はこちら!↓

 

soomloom パップテントと合わせて使用したいアイテム!

グランドシート①|DOD(ディーオーディー)グランドシート 190×190cm

出典:Amazon

DOD グランドシート

参考価格

¥2,286

サイズ

190×190cm

材質

210Dポリエステル

収納サイズ

34×19×7cm

重量

500g

▶︎口コミを見る

2人用、3人用、5人用グランドシートがあり、中でも3人用のものが190×190cmインナーとその前部分をカバーするにはピッタリなサイズです。素材も浸水に強いポリエステルが使用されており、ブルーシートとは違った、安っぽさがない質感です。

 

口コミなどを見る限り、今回紹介する中でもDODのグランドシート耐水性も高く、サイズ感もピッタリで、soomloomパップテントをこれから使用する方に、1番オススメのシンプルなグランドシートです。

 

グランドシート②|ユタカ グリーンシート #3000

出典:Amazon

ユタカ #3000Dグリーンシート

サイズ

180×180cm

参考価格

¥364

材質

ポリエチレン

厚み

0.22mm

重量

約500g

ハトメ

ピッチ90cm、個数8

▶︎口コミを見る

パッケージは一見、普通のブルーシートのようにも見えますが、0.22mmとしっかりと厚みがあり、百均の薄いグランドシートとは大きく違うようです。口コミでも、テントのグランドシートとして使用している方を多く見かけました。パッケージには#3000と書かれており、耐水圧は3000mmほどあるので、グランドシートとして使用するにも十分な性能です。

 

カラーがダークグリーン色で落ち着いているので、地面に敷いてもサイトの見た目を損なうこともなく、ハトメなどを使用し、タープとして使用している方も多く見かけました。

 

サイズ1.8×1.8msoomloomパップテントのインナーとその前部分をちょうどカバーできるサイズのものから、10×10mとタープとしても使用できる大きさのものまでラインナップされています。何と言っても、1.8×1.8mのものは、価格約350円ほどと安価で気軽に入手できる、タープグランドシートなのが魅力です。

 

 

soomloom パップテント|まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

miya(@miya_saki_siho_shin)がシェアした投稿

今回は、soomloomパップテントサイズ感カラー他社テントとの比較などの点からレビューしました!1万5千円安価でありながら、TCパップテントに必要な機能がしっかり備わっており、パップテントデビューを果たす方にもオススメです。

 

皆様の快適なキャンプライフの参考になれば幸いです!

 

今回紹介したキャンプギア

 

 

こちらの記事も要チェック!

【中国メーカー soomloom】格安、軽量でコスパ抜群なギアについて徹底調査!一体どんなブランド?
最近だとAmazonなどのネットショッピングなどの台頭で、中国製のキャンプ用品を目にしたり、購入する機会も増えている方も多いのではないでしょうか。コスパがよく、手に入れやすいものが多いため、気軽にキャンプを始められる理由にもなっています。…
【バンドック ソロベース レビュー】焚火や斬新なレイアウトが楽しめるコスパ最高なパップテントを調査!
今回はBUNDOKのソロベースのテントの魅力や特徴、そしてソロベースと組み合わせて使いたい、同じBUNDOK製のテントとの比較まで、ソロベースを購入する前に知っておきたい細かな情報をまとめてみました! 発売当初は売り切れや入荷待ち…
バンドックから冬仕様のソロベースEXが登場!デフォルトとの違いや特徴、口コミなどを徹底調査!
バンドックのブランドの知名度を大きく上げ、2019年の発売後すぐにAmazonなどで売り切れが発生するなど、人気テントとなったソロベースの、冬仕様テントが登場しました!その今回は冬仕様のソロベース、ソロベースEXについて、デフォルトとの比…
バンドック ソロベースをより楽しむためのキャンプギアを厳選!グランドシートや二股、薪ストーブなどを厳選!
売り切れが多発したバンドックの人気テント、ソロベースと合わせて使いたい、グランドシートや二股ポール、チェアなどを、バンドック純正のものから別ブランドの製品まで、紹介して行きます。ソロベースでのソロキャンプをより快適に過ごす上で、チェックし…
バンドックのテントにサンドベージュカラーが登場!ソロベースやソロティピーTCなど人気テントに新たな選択肢が!
バンドックのテントにサンドベージュカラーが登場!バンドックのテントを使用している方や、気になっている方に向けて、今回登場したサンドベージュカラーのテントについて、発売情報や、テントの仕様をまとめてみました。 以前までは、ソロベース…

コメント

Copied title and URL