【ツーリングドーム ST レビュー】コスパ抜群なソロ用ドーム型テントを徹底調査!

テント・タープ

今回は、コールマンの多くのユーザーから選ばれるツーリングドーム STを、テント仕様や気になる口コミ、豊富なカラーバリエーションや、人気の理由、使用シーンなどの点から徹底レビューしていきます。

 

他と比べても広い前室や、コンパクトさ、設営のしやすさ有名アウトドアブランドならではの安心感など、コールマン人気モデル1-2人用テントでありながら、1万円代で購入できてしまう、高コスパなドーム型テントを細かく調査しました!

 

初めてのソロキャンプツーリングにも、ツーリングドーム STをオススメする理由を紹介していきます!

 

この投稿をInstagramで見る

 

canoe_9791(@canoe_9791)がシェアした投稿

 

コールマン(Coleman) ツーリングドーム ST

出典:Amazon

コールマン(Coleman) ツーリングドーム ST

重量

4.4kg

サイズ(全体)

265×210×高さ100cm

サイズ(インナー)

210×120×高さ100cm

収納サイズ

49×19×19cm

耐水圧

1500mm

人数

1-2人

カラー

グリーン、オリーブ、グレー

▶︎口コミを見る

↑赤髪のともさんの実写チャンネルです↑(ツーリングドーム st を使用しているので参考になるかもしれないです)

 

テントのサイズ感

インナーテントのサイズは210×120cmとなっており、120cmほどなので、1人2人テント内で寝転べるくらいの広さです。寝袋の下に敷く保温、エアーマットは60cmほどなので、ピッタリ大人2人でも寝れるくらいの広さといったところでしょうか。

出典:Amazon

家族恋人など、隣で寝るのに抵抗がない人であれば、2人でも使用できそうなくらいの広さですが、口コミなどではソロ利用の方が多めの印象でした。

 

ツーリングドーム STはそこまで高さもなく、小ぶりな印象なので、2人以上で使用するならば、もう一回り大きいツーリングドーム LXを検討してみるのもオススメです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちょこちっぷ(@choko_camp)がシェアした投稿

ソロであれば、幅120cmと絶妙にスペースに余裕があるため、着替え荷物類ミニテーブルインナーテント内に置いておくことも可能な広さです。ソロキャンプで広々と使用したり、家族や夫婦でツーリングに出かけるにはピッタリなサイズ感のテントです。

 

ツーリングドーム LXと比較!↓

テント名

ツーリングドーム ST

ツーリングドーム LX

重量

4.4kg

5.2kg

サイズ(全体)

265×210×高さ100cm

345×210×高さ110cm

サイズ(インナー)

210×120×高さ100cm

210×180×高さ110cm

収納サイズ

49×19×19cm

60×24×24

耐水圧

1500mm

1500mm

人数

1-2人

2-3人

カラー

グリーン、オリーブ、グレー

グリーン、オリーブ、グレー、ナチュラルカモ

 

 

前室が広くて使いやすい!

 

この投稿をInstagramで見る

 

@speeeed_twinがシェアした投稿

 

ツーリングなど、荷物を減らしたいキャンプでも、前部分の跳ね上げ等で前室部分と含めて、屋根があるスペースをそこそこ広く確保できます。雨の日ツーリングでも前室部分を跳ね上げて調理などできそうな感じです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

田仲奨(@tsk.7.jordan)がシェアした投稿

オートキャンプ等で荷物に余裕があれば、雨の日にはタープを使用して屋根のある部分を確保するのも良いでしょう。同じオリーブカラータープも販売されています。

 

カラーバリエーションが豊富

 

この投稿をInstagramで見る

 

Woods_camp(@chanmori03)がシェアした投稿

オリーブグリーングレーの他に、耐水性遮光性など、テント生地が少し強化されたツーリングドーム ST+ホワイトなど、どれもシンプルで落ち着いていて、扱いやすいデザインなのも特徴です。自分のタープなどのキャンプギアや、愛車との色合いが良いカラーのテントを選ぶことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@yama_asobibitoがシェアした投稿

ツーリングドーム ST オリーブ

 

ツーリングドーム ST グリーン

 

ツーリングドーム ST グレー

 

ツーリングドーム ST+

出典:Amazon

テント名

コールマン ツーリングドーム ST

ツーリングドーム ST+

重量

4.4kg

5kg

サイズ(全体)

265×210×高さ100cm

265×210×高さ100cm

サイズ(インナー)

210×120×高さ100cm

210×120×高さ100cm

収納サイズ

49×19×19cm

49×19×19cm

耐水圧

1500mm

3000mm

人数

1-2人

1-2人

カラー

グリーン、オリーブ

ホワイト

▶︎口コミを見る

ツーリングドーム STのテント生地などを強化したモデルで、耐水圧やUVカット加工などにより遮光性を高めています。白いテント生地赤いライン裏面の黒い生地が特徴的で、デザイン面を見てツーリングドーム ST+を購入するのも良さそうです。

 

 

設営がしやすくなる工夫も!

ツーリングドーム/ST+

出典:Coleman

ドーム型テントって、ポールの差込みなどが面倒で1人だとやりにくいイメージがありますが、ツーリングドーム STにはポールをポケットに入れて、片方が外れないようにする工夫があるようです。1人で設営するときには、かなり使いやすい工夫です。

 

普通のドーム型テントと比べても設営しやすい、シンプルスタンダード設計なので、設営も早く行いやすく、これからソロキャンプを始めようと考えている方にもオススメのソロ用テントです。

 

ツーリングドーム STの設営方法はこちら↓

 

コンパクトで、バイクツーリングでも持っていける

 

この投稿をInstagramで見る

 

kameka915(@kameka915)がシェアした投稿

収納サイズ49×19×19cm重量4kgと、バイクツーリングなどにも持っていけそうなくらいのコンパクトさです。前室が広いので、タープいらずですし、なるべく持っていくギアを減らしたい方にもオススメです。

 

口コミでも、オートキャンプで普通に使用している人や、バイクツーリングで使用している方も多く見かけました。

出典:Amazon

コンプレッション(圧縮)ベルトもついているので、テントを余裕を持って収納した後に体積を減らすこともできるようになっています。

 

口コミはどんな感じ?

・とにかくコスパが良い
・前室が絶妙な広さで使いやすい
・設営がしやすい!
・ツーリングに最適なソロ用テント
・定番テントで、初めてのソロキャンプにもオススメ!
・有名ブランドで信頼がある

・高さが低く、2人で使用するには狭い
・ポールがアルミ製ではないので若干重い
・販売元によって価格がバラバラである
・耐水圧の表記が低くて心配

▶︎Amazonレビューを見る

筆者の目についたツーリングドーム ST口コミはだいたいこんな感じです。コスパが良いツーリング初めてのソロキャンプで使いやすいなどの口コミの他に、否定的な口コミもいくつか見受けられました。

 

ツーリングドーム STだと、高さが100cmとそこまで高くないので、2人以上で使用するならば、もう一回り大きいツーリングドーム LXもオススメです。販売元がバラバラで、中には定価よりも高い価格販売しているところもあるので、しっかり見極めてから購入するのが良いでしょう。

 

耐水圧が心配ならツーリングドーム ST+

 

ツーリングドーム ST+であれば、3000mmと大雨にも十分耐えうる耐水圧となっています。心配な方にはこちらを検討するのも良さそうです。

 

 

ツーリングドーム STと合わせて使いたいアイテム

グランドシート|DOD(ディーオーディー)グランドシート 120×190cm

出典:Amazon

DOD グランドシート

参考価格

¥2,164

サイズ

120×190cm

材質

210Dポリエステル

収納サイズ

34×19×7cm

重量

350g

▶︎口コミを見る

2人用、3人用、5人用グランドシートがあり、中でも2人用のものが120×190cmインナーとその前部分をカバーするにはピッタリなサイズです。素材も浸水に強い210Dポリエステルが使用されており、ブルーシートとは違った、安っぽさがない質感です。

 

口コミなどを見る限り、今回紹介する中でもDODのグランドシート耐水性も高く、サイズ感もピッタリで、ツーリングドーム STを使用する方に1番おすすめのグランドシートです。

 

ツーリングドーム STにピッタリなグランドシートについては他記事で詳しくまとめています!

よければ参考にしてください!↓

 

コット|DODバッグインベッド

出典:Amazon

DOD アウトドアベッド

参考価格

¥10,437

重量

2.4kg

展開サイズ

183×72cm

高さ

16cm

収納サイズ

51×13×16cm

耐荷重

120kg

素材

フレーム:アルミニウム、生地:600Dポリエステル

▶︎口コミを見る

DODのローコットで、重量2.4kgで軽量かつコンパクトであるため、ツーリングなどをするユーザーからの支持を集める、ベストセラーのコットです。口コミでもバイクツーリングで使用しているユーザーを多く見かけるコットです。

価格も1万円前後と、手が出しやすく、気軽にコットデビューを果たしたい方に是非おすすめしたいローコットです。

 

↑赤髪のともさんの実写チャンネルです(ツーリングドーム st を使用しているので参考になるかもしれないです)

 

 

合わせて検討したい|バンドック ソロドーム

出典:Amazon

BUNDOK ソロドーム

重量

約1.88kg

収納サイズ

長さ38×φ15cm

展開サイズ

幅200×奥行150×高さ110cm

展開サイズ(インナー)

幅200×奥行90×高さ100cm

フライ防水能力

3000mm

人数

ブルー、ダークグリーン、カーキ

▶︎口コミを見る

ツーリングドーム STと似たような形状のテントで、合わせてオススメなのがバンドックソロドームです。同じソロ用テントですが、重量1.88kg自転車ツーリング登山でも持っていけそうなソロ用テントです。

 

機能性などでは、ツーリングドーム STに軍配が上がりますが、さらにコンパクトソロ用ドーム型テントを探している方には合わせて検討してみるのもオススメです。

 

 

 

コールマン (Coleman) ツーリングドーム ST|まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

takada hiroki(@hiroki0069)がシェアした投稿

今回は、有名アウトドアブランドコールマンツーリングドーム STの豊富なカラーバリエーションや、人気の理由使用シーンなどの視点からレビューしました!バイクツーリングやこれからソロキャンプを始める方からも選ばれる人気モデルドーム型テントです。

 

皆様の快適なキャンプライフの参考になれば、幸いです!

 

今回紹介したキャンプギア

 

 

こちらの記事も要チェック!

ツーリングドーム ST のグランドシートやコットなど合わせて使用したいギアを徹底調査&厳選!
今回はソロキャンプビギナーやツーリングをするキャンパーなど様々な層から高い支持を得ている、ツーリングドーム ST に相性抜群なグランドシートやコットなどのアイテムを紹介していきます。特にグランドシートに関しては、ツーリングドーム ST に…
【ツーリングドーム LX レビュー】コスパ抜群で、ツーリングにオススメなドーム型テント!
今回は、多くのユーザーから選ばれるコールマンのツーリングドーム LXを、テントの仕様や気になる口コミ、豊富なカラーバリエーションや、人気の理由、広さ、使用シーンなどの点から徹底レビュー!他と比べても広い前室や、コンパクトさ、設営のしやすさ…
ツーリングドーム LXのグランドシート、インナーマットやコットなど合わせて使いたいアイテムを厳選!
今回はキャンプを始める方やツーリングをするキャンパーなど様々な層から高い支持を得ている、ツーリングドーム LX に相性抜群なグランドシートやコットなどのアイテムを紹介していきます!特にグランドシートに関しては、ツーリングドーム LX にピ…
【コールマン エクスカーションティピー レビュー】雨でも使いやすい前室の広いティピーテントを調査!
今回は、多くのユーザーから選ばれるコールマンのエクスカーションティピーを、テントの仕様や気になる口コミ、広さ、使用シーンなどの点から徹底レビュー!使いやすくて特徴的な前室、初心者でも扱いやすいシンプルなデザインで、2万円代で購入できる、コ…
コールマン エクスカーションティピーにピッタリなグランドシート(代用品)やコットなどのアイテム10選!
今回は、コールマンのエクスカーションティピー325とエクスカーションティピー210にぴったりなグランドシートやコット、タープなどのアイテムを厳選し、紹介していきます!特に、エクスカーションティピー325のインナーテントの床は六角形のような形
【バンドック ソロドーム 徹底レビュー】格安で軽量なバンドックのソロ用のドーム型テント|BUNDOKソロティピーと並んでおすすめ
今回はBUNDOKのソロドームの魅力やおすすめの使い方、質感などの細かな情報を徹底解説! ツーリングや登山、ファミキャン用の巨大テントでのカンガルースタイルや、部屋キャンなど、多彩な用途があるソロ用のドーム型テントですが、Amaz…
429 Too Many Requests
ネイチャーハイク Cloud UP 2 徹底レビュー!口コミや使用シーンなどを徹底調査!
今回はNatureHikeのCloudUP2というテントをレビュー!コスパ、品質共に良しとの噂のNatureHikeの中でも1番人気と呼ばれるCloudUP2がどんなテントなのかまとめてみました。NatureHikeのCloudUP2は、…

コメント

Copied title and URL