コールマン エクスカーションティピーにピッタリなグランドシート(代用品)やコットなどのアイテム10選!

グランドシート

 

今回は、コールマンエクスカーションティピー325エクスカーションティピー210にぴったりなグランドシートコットタープなどのアイテムを厳選し、紹介していきます!

 

特に、エクスカーションティピー325インナーテントの床は六角形のような形をしているので、最適なグランドシートがわかりにくいので、筆者が実際にテントを設営してみて、計った寸法と、グランドシートの大きさを元に、ちょうど良いサイズのグランドシートを選んでみました!

 

コールマン (Coleman) エクスカーションティピー

出典:Amazon

テント名

エクスカーションティピー 325

エクスカーションティピー 210

重量

6.2kg

4kg

サイズ(全体)

385×325×高さ200cm

305×280×高さ170cm

サイズ(インナー)

325×230×高さ200cm

210×150×高さ170cm

収納サイズ

60×19×19cm

50×17×17cm

耐水圧

1500mm

1500mm

材質

フライ/75Dポリエステルタフタ、インナー/68Dポリエステルタフタ、フロア/75Dポリエステルタフタ、ポール/スチール、FRP

フライ/75Dポリエステルタフタ、インナー/68Dポリエステルタフタ、フロア/75Dポリエステルタフタ、ポール/スチール、FRP

人数

3-4人

2-3人

▶︎口コミを見る

サブポールによる前室の確保している点が特徴的なワンポールテントで、ティピーテントデメリットである、雨の日にテントへの出入りが濡れやすくてしにくいというデメリットを解消しています。

 

調べたところ、エクスカーションティピーには専用のグランドシートがないとのことなので、六角形の形をしたグランドシートや、四角形のものを折り畳んだり、切ったりして使うなど、代用品を見つけて、使用するしかないみたいです。

 

エクスカーションティピーのレビュー記事はこちら!↓

 

エクスカーションティピー にぴったりなグランドシートを徹底調査!

そもそもグランドシートのはなぜ必要なのか

もう知っているよ、って方も多いかと思いますが(ここまで読み飛ばして下さい!)、グランドシートはキャンプをするなら1つは持っておきたいアイテムです。グランドシート役割としては、テントの浸水、結露防止冷気や熱気防止、テントの傷防止泥や草の付着を防ぐなど、様々あります。

テント内外の結露防止
・テントや荷物の浸水防止
冷気熱気の侵入を防ぐ
・テントにがつくのを防ぐ
の付着を防ぐ
・急な天候の変化があったときにタープとして使用できる
設営がより楽にできる(シート上に荷物を仮置きできる、キャンプサイトの広さが把握できる)
撤収がより楽にできる(テントについた水分を払わなくて良い)
荷物が増える
・シートを広げる手間が増える

 

筆者も、グランドシートがあるときとないときで1番違いを感じるのは結露のしやすさです。地面からの湿気グランドシートによってブロックすることで、テントの結露をかなり減らすことができ、テントや寝袋、荷物を濡らすこともなく、撤収がよりスムーズに行えます。

 

また、ツーリング登山の時にグランドシートを持っていると、急な天候の変化があった時にも、タープ代わりとして使用することも可能です。

 

荷物できるだけ減らしたいツーリングでは持って行かない方が荷物は減らせますが、オートキャンプでは結露や湿気の面など、持っていった方が快適に過ごせるのは間違い無いでしょう。


 

それでは、エクスカーションティピーピッタリなグランドシートを見ていきましょう!

 

エクスカーションティピー325の寸法

↑エクスカーションティピー325の寸法

 

八角系ティピーテントで、インナーテント六角形の形をしています。正六角形ではないので、ピッタリなサイズのグランドシートは、なかなか見当たらないのですが、一回り小さいものやその代用品をいくつか見つけたので紹介していきます!

 

ソロ、2人用エクスカーションティピー210グランドシートを探している方は、こちらまで飛ばしてください!

 

▶︎Amazonでエクスカーションティピー325のグランドシートを探す

 

グランドシートが大きすぎると浸水の原因にも…

グランドシートのサイズが、テントのサイズよりも大きいと、図のように、テントの表面や内側についた水分が地面へと流れずに、グランドシートを伝ってテント内浸水の原因になる可能性があります。そのため、グランドシートは、テントのサイズよりも少し小さいものがおすすめです。

テントよりも大きいサイズのものを使用する場合は、端の部分を少し折るなどして対応すると良いでしょう。

 

グランドシート①|TRIWONDER 六角形 タープ

出典:Amazon

TRIWONDER 六角形タープ

参考価格

¥1,890

展開サイズ

223×304cm

収納サイズ

25×24×6cm

重量

480g

耐水圧

3000mm

材質

210Dオックスフォード生地

カラー

ダッチグリーン、グレー、ブルー、オレンジ、迷彩

▶︎口コミを見る

XLサイズグランドシートエクスカーションティピー325をカバーするのにちょうど良いサイズです。インナーテントよりも1回り小さいですが、テント生地からの結露の浸水なども防げてちょうど良さそうなサイズです。

 

口コミでもエクスカーションティピー325グランドシートの代用品として使用している方を多く見かけました。価格も2,000円以下と、気軽に入手できるグランドシートなのもポイントです。

実際に寸法を組み合わせてみるとこんな感じです。端の部分など一部カバーしきれていない場所もありますが、見たところこれが1番ピッタリサイズグランドシートでした。六角形なので、ヘキサタープとしても使用でき、カラーダークグリーンと、コールマンのテントとの相性も良さそうです。

 

サイズカラーコンパクトさ価格などを見てエクスカーションティピー325に1番オススメのグランドシートです。

 

グランドシート②|GEERTOP 六角形 グランドシート

出典:Amazon

GEERTOP 六角形 グランドシート

参考価格

¥1,959

展開サイズ

320×270cm

収納サイズ

23×13×9cm

重量

780g

耐水圧

5000mm

材質

210Dオックスフォード

カラー

グレー

▶︎口コミを見る

耐水圧5000mmで、口コミなどでの評価も高いGEERTOPのヘキサシートです。目に紹介したグランドシートよりもカバーできる範囲は減りますが、耐水圧タープとしても丈夫で使いやすい機能面を重視したい方にはオススメのグランドシートです。

収納サイズも23×13×9cm重量780gと、コンパクトに折り畳むことができ、ツーリング時に急な天候の変化が起こった時には、タープとしても使用できるグランドシートです。

 

エクスカーションティピー325のグランドシートを自作する

↑エクスカーションティピーの底面の参考寸法です

 

本当にピッタリサイズのグランドシートを作りたければ、エクスカーションティピー専用のグランドシートを自作してしまうという手もあります。

ODグリーンシートを寸法に従って切り出し、適宜ガイドロープなんかをDIYしてつけるのも良さそうです。

 

切り出すのが面倒くさければ、内側に折り込んで固定して使うのも良いでしょう。

 

▶︎Amazonでエクスカーションティピー325のグランドシートを探す

 

エクスカーションティピー210にぴったりなグランドシート

ソロ、2人用エクスカーションティピー210ならば、インナーテントの形状も四角形なので、ちょうど良いサイズのものが見つかりやすいでしょう。寸法を見る限り、2.0×1.5mくらいか俺より少し小さいサイズのグランドシートであれば、ちょうど良さそうです

出典:Amazon

 

グランドシート③|GEERTOP グランドシート 210×140cm

出典:Amazon

GEERTOP グランドシート

参考価格

¥2,333

展開サイズ

210×140cm

収納サイズ

20×12×7cm

重量

190g

耐水圧

8000mm

材質

20D片面シリコンコーティング360Tナイロン生地

カラー

グレー

▶︎口コミを見る

エクスカーションティピー210インナーテントの下部分をカバーするのに、ピッタリなサイズのグランドシートです。

 

重量190gと軽量で、かなり薄いグランドシートですが、20D片面シリコンコーティングともう片面に360Tナイロン生地と違う加工を施す工夫によって、高い耐久性8000mmという耐水圧を実現しています。筆者も全く同じ素材のグランドシートを使用していますが、本当に結露がしにくい素材だと思っています。

 

価格も安く、タープとしても使用できる汎用性から、Amazonでもベストセラーグランドシートです。ただ、軽量化されている分、生地に厚みがあまりないので、もう少し厚みのあるものを探している方には、次のグランドシートもオススメです。

 

 

グランドシート④|HIMIMI グランドシート Mサイズ

出典:Amazon

HIMIMI グランドシート Mサイズ

参考価格

¥1,680

展開サイズ

210×140cm

収納サイズ

21×12×6cm

重量

320g

耐水圧

2000mm

材質

210Dオックスフォード

カラー

グレー

▶︎口コミを見る

エクスカーションティピー210インナーテントの下部分をカバーするのに、ピッタリなサイズのグランドシートです。

 

価格も1,680円とかなり安価で入手しやすく、ベルトハトメなどもついていて、テントがずれないようにペグで固定可能で使いやすそうなグランドシートです。

 

210Dオックスフォードというグランドシートではよく使われる素材で、ブルーシートとは違う、湿気をしっかりブロックしてくれそうな滑らかな質感が特徴です。安くで使い勝手の良いシンプルグランドシートを探している方にオススメです。

 

エクスカーションティピーと合わせて使用したいアイテム!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちる(@michinoue_05)がシェアした投稿

タープ|コールマン(Coleman) タープ ヘキサライトⅡ

出典:Amazon

コールマン(Coleman) タープ ヘキサライト2

参考価格

¥14,801

展開サイズ

420×420×高さ220cm

収納サイズ

43×13×13cm

重量

4.7kg

耐水圧

1200mm

材質

ポリコットン

カラー

オリーブ

▶︎口コミを見る

エクスカーションティピータープを連結するならば、コールマンヘキサライト2相性が良さそうで、オススメです。価格15,000円ほど、テント+タープ4万円弱ほどと、ツールームテントを購入するよりも安価で、気軽に本格的なキャンプを楽しめるのも魅力です。

 

 

コット①|DOD(ディーオーディー) バッグインベッド

出典:Amazon

DOD(ディーオーディー) バッグインベッド

参考価格

¥9,600

重量

2.6kg

展開サイズ

120kg

収納サイズ

51×21×13cm

耐荷重

120kg

材質

ポリエステル、アルミニウム

カラー

ブラック、タン、カーキ、ベージュ

▶︎口コミを見る

ティピーテントといえば、コットというイメージがなぜか筆者の中にはあります。 壁が斜めになっているティピーテントでも、こういったローコットであれば、壁の圧迫感を感じずに眠ることができそうです。

 

DODのバッグインコットAmazonでもベストセラーローコットです。有名ブランドのコットとだけあって、安心してコットに身を委ねられます。コンパクトかつシンプルで扱いやすいので、コットデビューを果たす方にもオススメのローコットです。

 

有名アウトドアブランドローコットなので、耐久性安定性などの面から見ても安心して使用することができ、かつ収納サイズ51×21×13cmコンパクトコットです。見た目のシンプルさも魅力の1つでしょうか。

出典:Amazon

 

2wayコット|ネイチャーハイク アウトドアベッド

出典:Amazon

NatureHike アウトドコット

重量

約2.3kg

収納サイズ

52×19×19cm

展開サイズ

190×65×17,38cm

耐荷重

約150kg

素材

600Dナイロン、アルミ合金

▶︎口コミを見る

ヘリノックスのコットワン型コットで、重量やコンパクトさなどのスペックは本家と全くといって良いほど同じですが、価格は本家の1/3から1/4ほどとなっています。ローコットに足をつけるとハイコットとして使用でき、ベンチや物置としても使用できます。

 

カラーバリエーション豊富で、特にオリーブカラー質感が筆者的にはかなり気に入っています。

 

ワンポールテント用 センターテーブル

出典:Amazon

▶︎口コミを見る

エクスカーションティピーメインポール周りデッドスペース有効活用できる、センターテーブルです。シンプルな木目調の天板と、高さの調節が可能な足が特徴的です。あまり大きなテーブルではないので、テント内の、眼鏡飲み物貴重品などの小物置きにもちょうど良さそうなミニテーブルです。

エクスカーションティピー レイアウト 一例↑

 

エクスカーションティピー グランドシート・コット|まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tumjai(@tumjaitt)がシェアした投稿

今回は3-4人用のティピーテントエクスカーションティピー325とソロ、2人用のエクスカーションティピー210にピッタリなグランドシートコットタープなどのアイテムを厳選しました!皆様の快適なキャンプライフの参考になれば幸いです!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

今回紹介したキャンプギア

 

 

こちらの記事も合わせてチェック!

【コールマン エクスカーションティピー レビュー】雨でも使いやすい前室の広いティピーテントを調査!
今回は、多くのユーザーから選ばれるコールマンのエクスカーションティピーを、テントの仕様や気になる口コミ、広さ、使用シーンなどの点から徹底レビュー!使いやすくて特徴的な前室、初心者でも扱いやすいシンプルなデザインで、2万円代で購入できる、コ…
ツーリングドーム ST のグランドシートやコットなど合わせて使用したいギアを徹底調査&厳選!
今回はソロキャンプビギナーやツーリングをするキャンパーなど様々な層から高い支持を得ている、ツーリングドーム ST に相性抜群なグランドシートやコットなどのアイテムを紹介していきます。特にグランドシートに関しては、ツーリングドーム ST に…
【ツーリングドーム ST レビュー】コスパ抜群なソロ用ドーム型テントを徹底調査!
今回は、コールマンの多くのユーザーから選ばれるツーリングドーム STを、テントの仕様や気になる口コミ、豊富なカラーバリエーションや、人気の理由、使用シーンなどの点から徹底レビューしていきます。他と比べても広い前室や、コンパクトさ、設営のし…
ツーリングドーム LXのグランドシート、インナーマットやコットなど合わせて使いたいアイテムを厳選!
今回はキャンプを始める方やツーリングをするキャンパーなど様々な層から高い支持を得ている、ツーリングドーム LX に相性抜群なグランドシートやコットなどのアイテムを紹介していきます!特にグランドシートに関しては、ツーリングドーム LX にピ…
【ツーリングドーム LX レビュー】コスパ抜群で、ツーリングにオススメなドーム型テント!
今回は、多くのユーザーから選ばれるコールマンのツーリングドーム LXを、テントの仕様や気になる口コミ、豊富なカラーバリエーションや、人気の理由、広さ、使用シーンなどの点から徹底レビュー!他と比べても広い前室や、コンパクトさ、設営のしやすさ…
【DOD ワンポールテント 5人用 徹底レビュー】口コミやレイアウトなども徹底調査!
今回は2018年発売のDOD ワンポールテントのスペックや口コミ、キャンプシーンでの使用などの情報を紹介していきます。Amazonでも売れ筋のDOD ワンポールテントの人気の理由を徹底調査しました!口コミや合わせて使用したいグランドシート…
DOD ワンポールテントにピッタリなグランドシートやタープを純正品から代用品まで紹介!
今回はDODの人気モデル、ワンポールテントにピッタリなグランドシートを純正品から、純正品が少し高いと思う方向けに代用品まで、S,M,L全てのサイズでに合うグランドシートを紹介していきます!他にも合わせて使用したいタープなどのアイテムも調査…

コメント

Copied title and URL