soomloom パップテントにピッタリなグランドシート・二股ポールを厳選!

グランドシート

 

今回は、1万5千円と安価で入手でき、Amazonにてコスパ抜群と人気が高まっているTCパップテントsoomloom パップテントピッタリなグランドシート二股ポールをいくつか厳選したので、紹介していきます!

 

皆様の快適なキャンプライフの参考になれば幸いです!

 

soomloom パップテント について

 

この投稿をInstagramで見る

 

miya(@miya_saki_siho_shin)がシェアした投稿

コットンポリエステル生地が混ぜ込まれたポリコットンTC素材のテントインナーテントも付属していながら1万5千円ほどと、中国ブランドテントとだけあって、コスパが良いパップテントだな、という印象です。

 

数ある中国アウトドアブランドの製品の中でも、soomloomテントキャンプギア完成度評判も高く、Amazonのテントの売れ筋ランキングでも上位に食い込み、Amazon側が一押しの商品を紹介するAmazon Choiceにも選ばれるなど、人気を集めています。

 

soomloom パップテント に合うグランドシートを徹底調査!

 

この投稿をInstagramで見る

 

秀一郎(@shu_ichiro)がシェアした投稿

 

▶︎二股ポールをお探しの方はこちらまで飛ばしてください!

 

そもそもグランドシートのは必要なのか

もう知っているよ、って方も多いかと思いますが(ここまで読み飛ばして下さい!)、グランドシートはキャンプをするなら1つは持っておきたいアイテムです。グランドシート役割としては、テントの浸水、結露防止冷気や熱気防止、テントの傷防止泥や草の付着を防ぐなど、様々あります。

 

テント内外の結露防止
・テントや荷物の浸水防止
冷気熱気の侵入を防ぐ
・テントにがつくのを防ぐ
の付着を防ぐ
・急な天候の変化があったときにタープとして使用できる
設営がより楽にできる(シート上に荷物を仮置きできる、キャンプサイトの広さが把握できる)
撤収がより楽にできる(テントについた水分を払わなくて良い)
荷物が増える
・シートを広げる手間が増える

 

筆者も、グランドシートがあるときとないときで1番違いを感じるのは結露のしやすさです。地面からの湿気グランドシートによってブロックすることで、テントの結露をかなり減らすことができ、テントや寝袋、荷物を濡らすこともなく、撤収がよりスムーズに行えます。

 

また、ツーリング登山の時にグランドシートを持っていると、急な天候の変化があった時にも、タープ代わりとして使用することができます。

 

 

soomloom パップテント グランドシートを調査!

soomloom パップテント インナーテントのサイズは以下の通りとなっています。

出典:Amazon

インナーテントの下部分をカバーするのであれば、インナーテントの下の広さが200×100cmなので、190×90cmから210×100cmほどのサイズのグランドシートが、インナーとその前部分をカバーするのであれば、広さが190×200cmとなっているので、190×190cmグランドシートがちょうど良さそうです。

 

グランドシートの上からさらにラグなどを敷いて冷気や熱気などを遮断するのも見た目も良くなって一石二鳥でオススメです。とりわけ地べたスタイルであれば、荷物に余裕があれば、底冷え防止のために2枚以上、下に敷物をしているとより良さそうです。

 

▶︎Amazonで190×190cmのグランドシートを探す

 

グランドシートはテントのサイズよりも大きいと浸水の恐れが…

グランドシートはテントのサイズよりも大きくないものがオススメです。理由はテントの内側についた水分が流れた先にグランドシートを敷いているとシートを通り、最悪寝床が浸水してしまいます。テントの端の部分は少し開けておくのが良いでしょう。

 

そういう訳で、soomloom パップテントグランドシートはインナーテントとその前部分をカバーする場合、1.9×1.9m以下のものがオススメです。大きめのものを使用する場合、少し折り畳んで、テントからはみ出ないように使用すると良さそうです。

 

それでは、soomloom パップテントピッタリなグランドシートを見ていきましょう!

 

グランドシート①|DOD(ディーオーディー)グランドシート 190×190cm

出典:Amazon

DOD グランドシート

参考価格

¥2,286

サイズ

190×190cm

材質

210Dポリエステル

収納サイズ

34×19×7cm

重量

500g

▶︎口コミを見る

2人用、3人用、5人用グランドシートがあり、中でも3人用のものが190×190cmsoomloom パップテントインナーテントとその前部分をカバーするにはピッタリなサイズです。素材も浸水に強い210Dポリエステルが使用されており、ブルーシートとは違った、安っぽさがない質感です。

 

4隅ガイドループがついているので、テントと一緒に容易に固定でき、グランドシートがずれることなく使用することが可能です。有名アウトドアブランドの製品であり信頼が置けますし、サイズ感もピッタリで、soomloom パップテント ユーザーに1番おすすめのグランドシートです!

 

グランドシート②|ユタカ グリーンシート

出典:Amazon

ユタカ #3000Dグリーンシート

サイズ

180×180cm

参考価格

¥364

材質

ポリエチレン

厚み

0.22mm

重量

約500g

ハトメ

ピッチ90cm、個数8

▶︎口コミを見る

パッケージは一見、普通のブルーシートのようにも見えますが、0.22mmとしっかりと厚みがあり、百均の薄いグランドシートよりはかなりしっかり作られています。口コミでも、テントのグランドシートとして使用している方を多く見かけました。パッケージには#3000と書かれており、耐水圧は3000mmほどあるので、グランドシートとして使用するにも十分な性能です。

 

カラーがダークグリーン色で、soomloomパップテントに近いカラーであり、カラーの相性という点で見れば、今回紹介する中で1番だと言えそうです。落ち着いたカラーであるため、サイトの見た目を損なうこともなく、ハトメなどを使用し、タープとして使用している方も多く見かけました。

 

1.8×1.8mのものは、価格約350円ほどと、今回紹介する中でも、最も安価で入手できるタープグランドシートとなっています。ハトメ四隅辺の真ん中、全部で4つ付いており、グランドシートを地面に固定する場合、ハトメにペグで直接固定するか、自分でガイドループやロープをつけて固定すると良さそうです。

 

グランドシート③|GEERTOP  テントシート 210×90cm

出典:Amazon

GEERTOP テントシート

サイズ

90×210cm

180×210cm

参考価格

¥2,799

¥3,299

重量

160g

280g

折り畳み後サイズ

15×10×4cm

20×12×7cm

材質

20D両面シリサイド化格子柄ナイロン

20D両面シリサイド化格子柄ナイロン

耐水圧

PU8000mm

PU8000mm

▶︎口コミを見る

Amazonでもベストセラーグランドシートで、サイズも自分に合ったものを選ぶことができます。soomloom パップテントインナー部分をカバーするには、210cm×90cmほどのグランドシートであれば、ちょうど良さそうです。インナーテントとその前部分をカバーするのであれば、210×180cmサイズのものを選ぶのも良さそうです。

 

ナイロン20D両面シリサイド化格子柄ナイロン)でできており、160gと今回紹介したグランドシートの中でも飛び抜けて軽量で、収納サイズも小さいにも関わらず、とても高度な防水加工がなされており、耐水圧はPU8000mmを誇り、水浸しの中グランドシートを広げても、水が滲み出てこないほどのレベルとのことです。

 

かといって、耐久性が他のグランドシートと劣るわけでもなく、そこまでの耐水性能を求めていない方でも、結露対策として使用すると、撤収の手間が省けてオススメです。筆者もこのタイプのグランドシートを使用していますが、インナーテントの下に敷いておくだけで、結露が驚くほど減ったのを覚えています。

 

グランドシート④|ロゴス ぴったり グランドシート 200×200cm

出典:Amazon

ロゴス(LOGOS) ぴったりグランドシート

参考価格

¥1,220

サイズ

192×192cm

材質

PEラミネートクロス

折り畳み後サイズ

36×26×3cm

重量

440g

▶︎口コミを見る

サイズは192×192cmと、こちらもインナーと前室部分をカバーするにはピッタリのサイズです。価格が1,000円ほどと安い分、少しブルーシートに近い質感ですが、あくまでロゴスの「テントシート」なので、しっかりと厚みがあり、口コミを見た感じだと、水や湿気、寒さはしっかりとブロックしてくれるようです。

出典:Amazon

四隅固定用のロープがついているので、テントを設営してからでもグランドシートを容易に固定することが可能です。

 

192×192cmとサイズもsoomloom パップテントにピッタリなサイズで、1,000円ほどと、安価で、しっかりと水気や寒さブロックしてくれるテントシートが欲しい方におすすめです。

 

 

▶︎Amazonで190×190cmのグランドシートを探す

 

soomloom パップテントユーザーにオススメな二股ポール

 

この投稿をInstagramで見る

 

93camp🔥(@93big)がシェアした投稿

 

▶︎Amazonでsoomloom パップテントの二股ポールを探す

 

BUNDOK(バンドック) ソロベース用 フタマタ

出典:Amazon

BUNDOK(バンドック) ソロベース用 フタマタ

参考価格

¥4,980

重量

650g

展開サイズ

190×高さ110cm

ポール径

15mm

収納サイズ

41×5×15cm

材質

アルミ合金

▶︎口コミを見る

二股化を行うにも純正品の完成したものを使う、二股化パーツを自分で組み合わせるなどの方法がありますが、純正品だと設営のためのガイドベルトがついており、より早く設営を行うことが可能です。

 

soomloomパップテントには純正品二股化ポールはありませんが、口コミからもバンドックソロベース寸法はほとんど同じなので(幅190cm高さ110cm純正品と同じように使うことが可能なようです。価格は5千円弱と、少ししますが、設営見た目のことを考えてもバンドック二股ポールを使うのは、オススメです。

 

JoyHike テント二股ポール フタマタ

出典:Amazon

JoyHike テント二股ポール フタマタ

参考価格

¥2,580

重量

1,000g

展開サイズ

190×高さ110cm

ポール径

16mm

収納サイズ

41×6×16cm

▶︎口コミを見る

こちらも自分で組み合わせて作る必要がない二股ポールです。サイズも幅190cm高さ110cmsoomloom パップテントバンドック ソロベースなどで使用できる二股ポールで、ガイドベルトがついているので、設営もスムーズに行えそうです。

 

口コミでも、soomloomパップテントでも問題なく使えるとのことでした。価格が2,580円バンドック二股ポールの半額で入手できるので、ブランドにこだわりがない方や重量など細かな点が気にならない方は、こちらを選ぶのもオススメです。

 

▶︎Amazonでsoomloom パップテントの二股ポールを探す

 

soomloom パップテント グランドシート・二股ポール|まとめ

今回は、1万5千円ほどと安価で入手でき、Amazonにてコスパ抜群と人気が高まっているTCパップテントsoomloom パップテントにピッタリなグランドシート二股ポールをいくつか調査して、厳選してみました!耐水圧サイズ価格カラーなど自分にあった製品を口コミなども見ながら選ぶのが良さそうです。

 

皆様の快適なキャンプライフの参考になれば幸いです!

 

今回紹介したキャンプギア

 

 

こちらの記事も要チェック!

【soomloom パップテント 徹底レビュー!】1万円台で買える格安パップテントを徹底調査!
今回は、Amazonでコスパの良いギアを多く販売している中国ブランド、soomloomのパップテントをレビューしてきます。人気が高まっているsoomloomのパップテントのサイズ感やカラー、他社メーカーのパップテントとの違いなどを調査しま…
バンドック ソロベースをより楽しむためのキャンプギアを厳選!グランドシートや二股、薪ストーブなどを厳選!
売り切れが多発したバンドックの人気テント、ソロベースと合わせて使いたい、グランドシートや二股ポール、チェアなどを、バンドック純正のものから別ブランドの製品まで、紹介して行きます。ソロベースでのソロキャンプをより快適に過ごす上で、チェックし…
【バンドック ソロベース レビュー】焚火や斬新なレイアウトが楽しめるコスパ最高なパップテントを調査!
今回はBUNDOKのソロベースのテントの魅力や特徴、そしてソロベースと組み合わせて使いたい、同じBUNDOK製のテントとの比較まで、ソロベースを購入する前に知っておきたい細かな情報をまとめてみました! 発売当初は売り切れや入荷待ち…
バンドックから冬仕様のソロベースEXが登場!デフォルトとの違いや特徴、口コミなどを徹底調査!
バンドックのブランドの知名度を大きく上げ、2019年の発売後すぐにAmazonなどで売り切れが発生するなど、人気テントとなったソロベースの、冬仕様テントが登場しました!その今回は冬仕様のソロベース、ソロベースEXについて、デフォルトとの比…
バンドック ソロティピー1 TCのグランドシートや二股ポールなどを徹底調査&厳選!
ソロベースと並ぶ人気となったバンドック ソロティピー1 TCと合わせて入手したいグランドシートや二股ポール、チェアや焚き火リフレクターなどのキャンプギアを、バンドック純正品から他社メーカーのギアまで紹介していきます!ソロティピー1TCでの…
【BUNDOK ソロティピー1 TC 徹底レビュー】ソロベースとどっちを選ぶ?跳ね上げ可能な最強のソロ用ティピーテントの情報や魅力を紹介!
魅力や気になる情報をまとめました! 発売当初、筆者はBUNDOKソロティピーTCと聞いて、既存のBUNDOKの人気テントのソロティピーをTC素材に変えただけでは? と思っていたのですが、実際に調べてみると、ソロティピーでも…

コメント

Copied title and URL