アメニティドーム L にピッタリなグランドシートは?サイズの合う代用品を調査してみた!

グランドシート

今回は、スノーピークのアメニティドーム Lにぴったりなグランドシートインナーマットなど、純正品が高い!と思う方も多いかと思うので、代用できるものをいくつか調べて、厳選してみました!

 

アメニティドーム S/M のグランドシート、インナーマットはこちら↓

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

kanaaa(@bakana16)がシェアした投稿

 

スノーピーク (snow peak) アメニティドーム L

出典:Amazon

スノーピーク (snow peak) アメニティドーム L

重量

9.8kg

サイズ(全体)

540×310×高さ165cm

サイズ(インナー)

295×295×高さ165cm

収納サイズ

73×23×27cm

耐水圧

最低部で1500mm

材質

フライシート/75Dポリエステルタフタ、インナーウォール/ 68Dポリエステルタフタ、ボトム/210Dポリエステルオックスフレーム/ジュラルミン

人数

6人

▶︎口コミを見る

 

純正品のグランドシートとインナーマットがそこそこ高い!

アメニティドームS マットシートセット

出典:Amazon

スノーピークからアメニティドーム専用インナーマットも販売されているのですが、定価が20,680円とテントの半分くらいの値段インナーマットグランドシートだけでかかってしまい、購入を躊躇する方も多いでしょう。

 

純正だと確実にサイズは合いますし、カラーテントに合わせたデザインにされていますが、今回紹介する代用品でも、サイズピッタリあって、テントと馴染むデザインのものもたくさんあります。

 

特にグランドシートに関しては、敷いてしまえば、あまり目に入らない部分なので、どんなものを使っても、特に後悔するようなことはあまりなさそうです。

 

 

アメニティドーム L にピッタリなグランドシートを徹底調査!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yoshiki Noda(@yoshiki.noda)がシェアした投稿

そもそもグランドシートのはなぜ必要なのか

もう知っているよ、って方も多いかと思いますが(ここまで読み飛ばして下さい!)、グランドシートはキャンプをするなら1つは持っておきたいアイテムです。グランドシート役割としては、テントの浸水、結露防止冷気や熱気防止、テントの傷防止泥や草の付着を防ぐなど、様々あります。

テント内外の結露防止
・テントや荷物の浸水防止
冷気熱気の侵入を防ぐ
・テントにがつくのを防ぐ
の付着を防ぐ
地面の凹凸の体感を減らすことができる
設営がより楽にできる(シート上に荷物を仮置きできる、キャンプサイトの広さが把握できる)
撤収がより楽にできる(テントについた水分を払わなくて良い)
荷物が増える
・シートを広げる手間が増える

 

筆者も、グランドシートがあるときとないときで1番違いを感じるのは結露のしやすさです。地面からの湿気グランドシートによってブロックすることで、テントの結露をかなり減らすことができ、テントや寝袋、荷物を濡らすこともなく、撤収がよりスムーズに行えます。

 

インナーマットもテント内で地べたに座ったり寝ころんだりするときに、小石などの凹凸を吸収してくれる、快適なキャンプでの重要なアイテムです。

 

荷物できるだけ減らしたいバイクツーリングなどでは持って行かない方が荷物は減らせますが、オートキャンプでは結露や湿気の面など、持っていった方が快適に過ごせるのは間違い無いでしょう。


 

それでは、アメニティドーム Lピッタリなグランドシートを見ていきましょう!

 

アメニティドーム L のサイズ

出典:スノーピーク

アメニティドーム Lの寸法は上の写真の通りとなっています。インナーテントのみをカバーするのであれば、2.9×2.9mくらいのグランドシートがちょうど良さそうな感じです。3.0m四方のテント用に作られたグランドシートを代用品として使うのが良さそうです。

 

▶︎Amazonで300×300cmのグランドシートを探す

 

グランドシートが大きすぎると浸水の原因にも…

グランドシートのサイズが、テントのサイズよりも大きいと、図のように、テントの表面や内側についた水分が地面へと流れずに、グランドシートを伝ってテント内浸水の原因になる可能性があります。そのため、グランドシートは、テントのサイズよりも少し小さいものがおすすめです。

テントよりも大きいサイズのものを使用する場合は、端の部分を少し折るなどして対応すると良いでしょう。

 

アメニティドーム L にピッタリなグランドシート4選!

 

グランドシート①|ロゴス (LOGOS) ぴったりグランドシート

出典:Amazon

ロゴス (LOGOS) ぴったりグランドシート

参考価格

¥2,100

展開サイズ

292×292cm

収納サイズ

36×21×7cm

重量

1.0kg

材質

PEラミネートクロス

カラー

ブラック

▶︎口コミを見る

日本のアウトドアブランドロゴスグランドシートです。サイズが292×292と、アメニティドーム Lインナーテントのサイズより3cmほど小さい、グランドシートとしてはかなり理想的なサイズです。四隅に固定用のロープがついており、ペグポール部分などにくくりつけ、ずれないよう固定することができます。

 

口コミでもアメニティドーム Lで使用している方を多く見かけました。有名アウトドアブランドの製品なので、安心感もあります。価格も2,000円ほどと安価で、アメニティドーム L ユーザーに1番オススメのグランドシートです。

 

グランドシート②|KoiHouse グランドシート

出典:Amazon

KoiHouse グランドシート

参考価格

¥2,100

展開サイズ

300×300cm

収納サイズ

17×22×5cm

重量

750g

材質

210Dオックスフォード

カラー

ダークグリーン

▶︎口コミを見る

300×300cmアメニティドーム Lインナーテントをカバーするのにピッタリなグランドシートで、210Dオックスフォードという滑らかで、普通のブルーシートとは違った質感の良い素材が使われています。

 

ハトメもついているので、付属のペグや、ロープを結びつけることによって、簡単に固定することができます。

 

グランドシート③|TRIWONDER グランドシート タープ

出典:Amazon

TRIWONDER グランドシート タープ

参考価格

¥2,090

展開サイズ

300×300cm

収納サイズ

22×20×5cm

重量

720g

耐水圧

3000mm

材質

190Tポリエステルタフタ

カラー

グリーン、ダークブルー、ブルー、オレンジ

▶︎口コミを見る

アメニティドーム Lインナーテントをカバーするのにぴったりなグランドシートです。190ポリエステルタフタという素材で、耐水圧は3000mmと、スクエアタープとしても使用できる丈夫な設計になっています。

 

グランドシートとして使用するにも十分な厚みがありますが、収納サイズ20×19×5cmと、コンパクトで気軽に持っていけるグランドシートを探している方にオススメです。

 

グランドシート④|ユタカ ODグリーンシート

出典:Amazon

ユタカ #3000Dグリーンシート

サイズ

360×270cm

参考価格

¥1,094

材質

ポリエチレン

厚み

0.22mm

重量

約1.5kg

ハトメ

ピッチ90cm、個数14

▶︎口コミを見る

そこまでグランドシートコストをかけたくない、という方にはブルーシートではなく、グリーンシートを使用してみるのもオススメです。ブルーシートよりも落ち着いたカラーで、ホームセンターなどによく売っているブルーシートよりも厚みがあり、耐水性能などの面でも優れています。

 

ハトメは端っこについていますが、固定したいのであれば、ロープショックコードを自分で取り付ける必要がありそうです。サイズも2.7×3.6mとなっており、前室部分に60cmほどはみ出す感じになります。

 

価格が今回紹介する中でも、1,000円ほどと最も安価で、気軽に入手できるのが魅力です。

 

 

▶︎Amazonで300×300cmのグランドシートを探す

 

アメニティドーム L にピッタリなインナーマット

続いて、アメニティドーム L にオススメのインナーマットを紹介していきます!

 

▶︎Amazonでインナーマットを探す

 

インナーマット①|キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) フォームマット

出典:Amazon

キャプテンスタッグ フォームマット

参考価格

¥4,282

展開サイズ

217×140×厚さ1.5cm

収納サイズ

70×13×39cm

重量

760g

材質

発泡ポリエチレン

▶︎口コミを見る

日本のアウトドアブランドキャプテンスタッグフォームマットです。サイズ217×140と、2つマットを敷くことで、アメニティドーム Lインナーテント内をカバーすることができます。

 

2.0cmと十分に厚みがあり、マット上で地面の小石などの凹凸も感じることなく、銀マットを使うよりも快適にテント内で過ごすことができます。

 

2枚使用すると広さ的に、家族5人6人ほど、コットエアマットなしで寝れる広さを確保できます。安価に入手できる製品でありながら、エアマットインフレーターマットと比べてもパンクの危険性が低く、安心して長く使用できるのもポイントが高いです。

出典:Amazon

1.5cmと十分な厚みがある上に、波型空気の層が十分にあるので、保温性にも期待できるのがフォームマットです。

 

インナーマット②|キャプテンスタッグ 銀マット 260×260cm

出典:Amazon

参考価格

¥4,682

展開サイズ

260×260×厚さ0.4cm

収納サイズ

67×45×14cm

重量

10kg

材質

ポリエステル、発泡ポリエチレン、ポリエチレン

▶︎口コミを見る

同じく、こちらもキャプテンスタッグ260×260cm銀マットです。アメニティドーム Lに敷くと30cmほど足りない部分がありますが、テントの端は壁が斜めになっていたりで、デッドスペースや荷物置きになりがちなので、260×260cmインナーマットでも十分そうです。

 

厚み4mmあり、小石凹凸や、冷気などの侵入をしっかりと防いでくれます。価格も5,000円弱2.6m四方の銀マットの割に安価なのも魅力です。ただ、上に何も敷かずに使用すると、キャプテンスタッグのロゴが剥き出しになってしまうので、ラグタオルなどを敷いてから使用すると、見た目も良くなりそうです。

 

インナーマット③|ラグ レジャーシート

出典:Amazon

Fbsport レジャーシート

参考価格

¥6,500

展開サイズ

300×300×厚さ0.4cm

収納サイズ

50×25×25cm

重量

2.5kg

材質

140GSMポリエステル

▶︎口コミを見る

銀マットを敷くだけだと、インナーテント内の見た目が無機質になってしまうので、お好みでラグマットなどを敷くのも良いでしょう。保温性クッション性も高まる上に見た目も良くなるなど、まさに一石三鳥です。

 

サイズ300×300cmと、アメニティドーム Lインナーマットラグとして使うのに、ピッタリなサイズで、カラーバリエーションデザイン自分の好みキャンプギアにあったものを選ぶことがきそうです。

 

インナーマット④|コールマン (Coleman) コンフォートエアーマットレス

出典:Amazon

コールマン (Coleman) コンフォートエアーマットレス

参考価格

¥4,980

展開サイズ

187×138×高さ19cm

収納サイズ

50×25×25cm

重量

2.5kg

材質

140GSMポリエステル

▶︎口コミを見る

インナーマットを敷かずに直接エアーマットを置いて寝るというスタイルも良さそうです。コットスタイルでのキャンプもかっこいいですが、人数の多いファミリーキャンプではエアーマットの方が、より快適に過ごすことができ、出費も抑えることができます。

 

他のインナーマットよりも高さが19cmと、地面から離れており、間に空気の層を挟んでいるので、保温性にも期待できます。アメニティドーム Lなら、ダブルエアーマット2つ入れて4人、少し無理をすれば、5,6人ほど寝られるほどのスペースを確保することができそうです。

 

価格もダブルで5,000円と、ファミリーキャンプなどでも、一人一人マットやコットを揃えるよりもコストを抑えられてオススメです。

 

 

▶︎Amazonでインナーマットを探す

 

アメニティドーム L グランドシート インナーマット|まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

篝人(kagaribito)(@northfoxgoo)がシェアした投稿

今回は、アメニティドーム L にピッタリなグランドシートインナーマットを紹介しました!グランドシート銀マットラグなどを敷くことで、地面の冷気熱気などを感じることなく、大人も子供も、快適なキャンプでの睡眠を取ることができるでしょう。

冬キャンプではさらに地面との距離を数十センチ空けるためにエアーマットやコットなんかを使用するのもオススメです。

 

最後に、グランドシートインナーマットを敷くメリットデメリットを貼っておきます。

 

テント内外の結露防止
・テントや荷物の浸水防止
冷気熱気の侵入を防ぐ
・テントにがつくのを防ぐ
の付着を防ぐ
・急な天候の変化があったときにタープとして使用できる
・キャンプサイト内の小石などの凹凸を吸収
設営がより楽にできる(シート上に荷物を仮置きできる、キャンプサイトの広さが把握できる)
撤収がより楽にできる(テントについた水分を払わなくて良い)
荷物が増える
・シートを広げる手間が増える

 

皆様の快適なキャンプライフの参考になれば幸いです!

 

最後までご覧くださり、ありがとうございました!

 

今回紹介したキャンプギア

 

 

こちらの記事も要チェック!

アメニティドーム S にピッタリなグランドシートは?サイズの合う代用品を調査してみた!
今回は、スノーピークのアメニティドーム Sにぴったりなグランドシートやインナーマットなど、純正品が高い!と思う方も多いかと思うので、代用できるものをいくつか調べて、厳選してみました!スノーピークからアメニティドーム専用のインナーマットも販…
アメニティドーム M にピッタリなグランドシートは?サイズの合う代用品を調査してみた!
今回は、スノーピークのアメニティドーム Mにぴったりなグランドシートやインナーマットなど、純正品が高い!と思う方も多いかと思うので、代用できるものをいくつか調べて、厳選してみました!スノーピークからアメニティドーム M専用のインナーマット…
【ツーリングドーム ST レビュー】コスパ抜群なソロ用ドーム型テントを徹底調査!
今回は、コールマンの多くのユーザーから選ばれるツーリングドーム STを、テントの仕様や気になる口コミ、豊富なカラーバリエーションや、人気の理由、使用シーンなどの点から徹底レビューしていきます。他と比べても広い前室や、コンパクトさ、設営のし…
【DOD ワンポールテント 5人用 徹底レビュー】口コミやレイアウトなども徹底調査!
今回は2018年発売のDOD ワンポールテントのスペックや口コミ、キャンプシーンでの使用などの情報を紹介していきます。Amazonでも売れ筋のDOD ワンポールテントの人気の理由を徹底調査しました!口コミや合わせて使用したいグランドシート…
ツーリングドーム LXのグランドシート、インナーマットやコットなど合わせて使いたいアイテムを厳選!
今回はキャンプを始める方やツーリングをするキャンパーなど様々な層から高い支持を得ている、ツーリングドーム LX に相性抜群なグランドシートやコットなどのアイテムを紹介していきます!特にグランドシートに関しては、ツーリングドーム LX にピ…
ツーリングドーム ST のグランドシートやコットなど合わせて使用したいギアを徹底調査&厳選!
今回はソロキャンプビギナーやツーリングをするキャンパーなど様々な層から高い支持を得ている、ツーリングドーム ST に相性抜群なグランドシートやコットなどのアイテムを紹介していきます。特にグランドシートに関しては、ツーリングドーム ST に…
【BUNDOK ソロティピー1 TC 徹底レビュー】ソロベースとどっちを選ぶ?跳ね上げ可能な最強のソロ用ティピーテントの情報や魅力を紹介!
魅力や気になる情報をまとめました! 発売当初、筆者はBUNDOKソロティピーTCと聞いて、既存のBUNDOKの人気テントのソロティピーをTC素材に変えただけでは? と思っていたのですが、実際に調べてみると、ソロティピーでも…

コメント

Copied title and URL