【パイクスピーク ソロドームのグランドシート】ピッタリな製品を徹底調査!

グランドシート

 

今回は豊富なカラーバリエーションや、跳ね上げによる広い前室スペースなどの魅力で人気が高まっている、パイクスピークソロドームにぴったりなグランドシートをいくつか厳選したので、紹介していきます!

 

パイクスピーク ソロドーム

出典:Amazon

 

パイクスピーク ソロドーム に合うサイズのグランドシートを徹底調査!

出典:Amazon

パイクスピーク ソロドームインナーテントを上から見ると図のようになります。インナーテントのみをカバーする場合、200×100cmほどのグランドシートで十分そうです。前室もカバーするという場合は、プラスで10から20cmほど幅のあるものを使用して、はみ出た部分を折り込んで使用するのが良いでしょう。

 

▶︎Amazonで200×100cmのグランドシートを探す

 

グランドシートはテントのサイズよりも少し小さめが良い

グランドシートはテントのサイズよりも一回り小さめのものがオススメです。理由はテントの内側についた水分が流れた先にグランドシートを敷いているとシートを伝って、最悪寝床が浸水してしまいます。テントの端の部分は少し開けておくのが良いでしょう。

 

そもそもグランドシートのは必要なのか

もう知っているよ、って方も多いかと思いますが(ここまで読み飛ばして下さい!)、グランドシートはキャンプをするなら1つは持っておきたいアイテムです。グランドシート役割としては、テントの浸水、結露防止冷気や熱気防止、テントの傷防止地面の凹凸を感じにくくする、泥や草の付着を防ぐなど、様々あります。

 

テント内外の結露防止
・テントや荷物の浸水防止
冷気熱気の侵入を防ぐ
・テントにがつくのを防ぐ
・地面の凹凸を感じにくくする
の付着を防ぐ
・急な天候の変化があったときにタープとして使用できる
設営がより楽にできる(シート上に荷物を仮置きできる、キャンプサイトの広さが把握できる)
撤収がより楽にできる(テントについた水分を払わなくて良い)
荷物が増える
・シートを広げる手間が増える

 

筆者も、グランドシートがあるときとないときで違いを感じるのは結露のしやすさです。地面からの湿気グランドシートによってブロックすることで、テントの結露をかなり減らすことができ、テントや寝袋、荷物を濡らすこともなく、撤収がよりスムーズに行えます。

 

また、ツーリング登山の時にグランドシートを持っていると、急な天候の変化があった時にも、タープ代わりとして使用することができます。

 

 

それでは、パイクスピークソロドームピッタリなグランドシートを見ていきましょう!

 

グランドシート①|GEER TOP グランドシート テントシート

出典:Amazon

GEERTOP グランドシート テントシート

参考価格

¥2,088

重量

120g

展開サイズ

210×90cm

収納サイズ

15×10×4cm

耐水圧

PU8000mm

素材

20D片面シリコンコーティング360Tナイロン生地

▶︎口コミを見る

重量120gと今回紹介するグランドシートの中でも1番軽量なもので、ポケットにも入れられるくらいのコンパクトさのグランドシートです。

 

展開サイズも、210×90cmのものがインナーテントの下部分をカバーするのみであれば、ちょうど良い大きさです。他にも一回り小さい210×70cmのものから、210×260cmのタープとして使えるサイズのものまでを選ぶことができます。

 

片側には20Dシリコンコーティング、もう片方には360Tナイロンと、異なる素材を使用することで、耐水圧8000mmという、しっかりと結露浸水を防いでくれるグランドシートです。ただ、コンパクトに折り畳める分、一般的なレジャーシートなどよりはかなり薄めの素材で、荷物に余裕がある方は厚めのグランドシートを選択するのも良いでしょう

 

筆者もこのタイプのグランドシートを使用していますが、他のグランドシートと比べても結露の発生本当に少ないと感じています。キャンプの朝での結露を減らしたいと考えている方には、GEERTOPグランドシートが1番オススメです。

出典:Amazon

湿気などをブロックするだけでなく、急な悪天候の時にはタープとしての使用も可能です。ツーリングなどでは悪天候に備えてタープを1つもっておくと安心でしょう。

 

軽量さ防水性能価格汎用性などから見て、パイクスピーク ソロドームに1番オススメのグランドシートとなっています。

 

 

同じブランド、GEERTOPから販売されている自在金具付きロープ↓

 

グランドシート②|DOD(ディーオーディー) グランドシート 2人用

出典:Amazon

DOD(ディーオーディー) グランドシート 2人用

参考価格

¥1,780

重量

350g

展開サイズ

190×120cm

収納サイズ

41×15×6cm

素材

210Dポリエステル(PUコーティング)

▶︎口コミを見る

先ほど紹介したGEERTOPのグランドシートよりは厚みがあり、質感も滑らかなグランドシートです。サイズも190×120cmとインナーテントから前室側に15cmほどはみ出しますが、荷物を置いたり、調理等を行ったりするスペースとして活用できそうです。

 

端っこにショックコードがついているため、設営の時にペグと一緒に打ち込んでおくことで、シートがずれないように固定することも可能です。

 

しっかりとした厚みのあるグランドシートが欲しい方や、荷物に余裕のあるパイクスピーク ソロドームユーザーにオススメのグランドシートです。

 

グランドシート③|JIMENCE(ジーメンス) グランドシート 厚手

出典:Amazon

JIMENCE グランドシート

参考価格

¥4,480

展開サイズ

120×200cm

収納サイズ

36×20×6cm

重量

1kg

材質

1000Dポリエステル オックスフォード

カラー

オリーブ、ベージュ

▶︎口コミを見る

しっかりとした厚みのあるグランドシートが欲しい、という方はジーメンスグランドシートがおすすめです。裏面が防水構造となっており、タープとしては使えませんが、しっかりとした厚みがあり、地面の凹凸をかなり和らげてくれるのが特徴です。

 

こちらもサイズも200×120cmパイクスピーク ソロドームインナーテントの下から10から20cmほどはみ出しますが、荷物を置いたり、調理などを行うスペースとして活用できそうです。

出典:Amazon

カラーオリーブベージュの2つがあり、どちらもカラーバリエーションの多いパイクスピークソロドームにも合わせやすそうです。

 

グランドシート④|ユタカ #3000D グリーンシート

出典:Amazon

ユタカ #3000Dグリーンシート

参考価格

¥331

重量

約500g

展開サイズ

180×180cm

厚み

0.22mm

材質

ポリエチレン

▶︎口コミを見る

今回紹介するグランドシートの中でも圧倒的に1番安価なグランドシートです。パッケージは一見、普通のブルーシートのようにも見えますが、0.22mmとしっかりと厚みがあり、ホームセンター百均の薄いグランドシートよりはかなりしっかり作られています。ダークグリーンで、落ち着いているカラーなのも特徴です。

 

サイズは180×180cmと少し大きめですが、半分に折ることでパイクスピーク ソロドームインナーの下部分を、少し折り込むと前室部分までカバーすることが可能です。ハトメ四隅辺の真ん中の部分についているため、ペグロープ地面に固定可能で、タープとしての使用もできます。

 

上で紹介したグランドシートよりは少し嵩張りますが、タープとしても使用したい方や、少し荷物が増えても問題ない方、安くでグランドシートを入手したい方にオススメです。

 

 

▶︎Amazonで200×100cmのグランドシートを探す

 

パイクスピーク ソロドームにぴったりなインナーマット、コットを厳選!

パイクスピーク ソロドームの中に敷くことのできるインナーマットコットも使いやすいものを選んでみたので、紹介します!

インナーマット①|Mozambique(モザンビーク) キャンプマット

出典:Amazon

mozambique(モザンビーク) キャンプマット

参考価格

¥4,351

展開サイズ

183×56×2cm

収納サイズ

56×13×12cm

重量

500g

材質

ポリエチレン

▶︎口コミを見る

マットを冬のキャンプ登山などでも使用する方には、アルミ加工がされているモザンビークマットもコスパが良くてオススメです。アースカラーと呼ばれるカラーのマットで、見た目が渋くてかっこいいのもポイントが高いです。

 

アルミ加工が熱を反射しはアルミ加工の面を上にすることで体温が地面に逃げるのを、はアルミ加工の面を下にすることで地面の熱が体へと伝わるのを、防ぐことができます。

 

キャプテンスタッグマットより少し価格が高いですが、エアマットなどと一緒に持っていると、氷点下雪中でのキャンプで大活躍しそうです。

 

キャプテンスタッグフォームマットも使い勝手が良く、信頼性があってオススメです!

 

コット①|DOD(ディーオーディー) バッグインベッド

出典:Amazon

DOD(ディーオーディー) バッグインベッド

参考価格

¥9,600

重量

2.6kg

展開サイズ

120kg

収納サイズ

51×21×13cm

耐荷重

120kg

材質

ポリエステル、アルミニウム

カラー

ブラック、タン、カーキ、ベージュ

▶︎口コミを見る

DODのバッグインコットも、バイクツーリングでのユーザーが多く、取り回しが良く、オススメのローコットです。エアーマットでも快適な睡眠は取れますが、ツーリングキャンプなどで連泊となるとやはりベッドが欲しくなるものです。

 

国内のブランドであるDODローコットなので、耐久性安定性などの面から見ても安心して使用することができ、かつ収納サイズ51×21×13cmコンパクトコットです。見た目のシンプルさも魅力の1つでしょうか。

出典:Amazon

 

パイクスピーク ソロドーム グランドシート まとめ

出典:Amazon

今回は、パイクスピーク ソロドームにピッタリなグランドシートインナーマットコットなどあわせて使用したいアイテムをまとめました。皆さんの快適なソロドームでのキャンプライフ参考になれば幸いです!

最後までこの記事をご覧いただき、ありがとうございました!

 

今回紹介したキャンプギア

 

こちらの記事も要チェック!

バンドック ソロドームのグランドシートやコットなど合わせて使用したいアイテムを厳選!
今回はバイクや自転車でのツーリングや登山など、ミニマムスタイルのキャンプを行う方から選ばれており、有名なキャンプ系YouTuberのヒロシさんも使用している、バンドック ソロドームと合わせて使用したいグランドシートやコットなどのアイテムを…
ツーリングドーム ST のグランドシート、インナーマットやコットなど合わせて使用したいギアを徹底調査&厳選!
今回はソロキャンプビギナーやツーリングをするキャンパーなど様々な層から高い支持を得ている、ツーリングドーム ST に相性抜群なグランドシートやコットなどのアイテムを紹介していきます。特にグランドシートに関しては、ツーリングドーム ST に…
インスタントアップドーム/s にピッタリなグランドシート、インナーマットを厳選!
今回は、多くのコールマンのドーム型テント、インスタントアップドーム/sにピッタリなグランドシートを純正品から、代用品までをいくつか厳選したので、紹介していきます!皆様の快適なキャンプライフの参考になれば幸いです!傘のように開いてワンタッチ…
バンドック ソロベースのグランドシート、合わせて使いたいギアを厳選!
売り切れが多発したバンドックの人気テント、ソロベースと合わせて使いたい、グランドシートや二股ポール、チェアなどを、バンドック純正のものから別ブランドの製品まで、紹介して行きます。ソロベースでのソロキャンプをより快適に過ごす上で、チェックし…
バンドック ソロティピー1 TC にピッタリなグランドシートや二股ポールなどを徹底調査&厳選!
ソロベースと並ぶ人気となったバンドック ソロティピー1 TCと合わせて入手したいグランドシートや二股ポール、チェアや焚き火リフレクターなどのキャンプギアを、バンドック純正品から他社メーカーのギアまで紹介していきます!ソロティピー1TCでの…
コールマン タフスクリーン2ルームハウス MDX,LDX にぴったりなグランドシート、インナーマットの代用品を厳選!
今回は、多くのファミリーキャンパーから選ばれているコールマンの2ルームテント、タフスクリーン2ルームハウス MDX(以下、コールマン MDX)にピッタリなグランドシートを純正品から、代用品までをいくつか厳選したので、紹介していきます!皆様…
アメニティドーム S にピッタリなグランドシートは?サイズの合う代用品を調査してみた!
今回は、スノーピークのアメニティドーム Sにぴったりなグランドシートやインナーマットなど、純正品が高い!と思う方も多いかと思うので、代用できるものをいくつか調べて、厳選してみました!スノーピークからアメニティドーム専用のインナーマットも販…

コメント

Copied title and URL