バンドック ソロドームのグランドシートやコットなど合わせて使用したいアイテムを厳選!

グランドシート

今回はバイク自転車でのツーリング登山など、ミニマムスタイルキャンプを行う方から選ばれており、有名なキャンプ系YouTuberヒロシさんも使用している、バンドック ソロドームと合わせて使用したいグランドシートコットなどのアイテムを紹介していきます。

 

ソロドームでのツーリングソロキャンプをより快適に、コンパクトに楽しむためのギアを厳選しました!

 

バンドック ソロドーム 1

 

この投稿をInstagramで見る

 

広島多趣味女子(@kimuco_kitchen)がシェアした投稿

株式会社カワセアウトドアブランドバンドック(BUNDOK)から発売されている、コンパクトなドーム型テントで、重量1.88kgと2kgを切っているダブルウォールテントにも関わらず、価格は1万円弱ほどというコスパ抜群なソロ用テントです。

 

その軽量さ見た目シンプルさから、自転車バイクでのツーリング登山バックパックキャンプなど、キャンプで持っていく荷物を減らしたい、というユーザーから選ばれているテントとなっています。

【バンドック ソロドーム 徹底レビュー】格安で軽量なバンドックのソロ用のドーム型テント|BUNDOKソロティピーと並んでおすすめ
今回はBUNDOKのソロドームの魅力やおすすめの使い方、質感などの細かな情報を徹底解説! ツーリングや登山、ファミキャン用の巨大テントでのカンガルースタイルや、部屋キャンなど、多彩な用途があるソロ用のドーム型テントですが、Amaz…

 

ソロドーム に合うサイズのグランドシートを徹底調査!

ソロドームのテントを上から見ると図のようになります。インナーテントのみをカバーする場合、190×70-90cmほどのグランドシートで十分そうです。前室もカバーするという場合は、もう少しだけ幅のあるもので、はみ出た部分を折り込んで使用するのが良いでしょう。

 

▶︎Amazonで190×90cmのグランドシートを探す

 

グランドシートはテントのサイズよりも少し小さめが良い

グランドシートはテントのサイズよりも一回り小さめのものがオススメです。理由はテントの内側についた水分が流れた先にグランドシートを敷いているとシートを伝って、最悪寝床が浸水してしまいます。テントの端の部分は少し開けておくのが良いでしょう。

 

そもそもグランドシートのは必要なのか

もう知っているよ、って方も多いかと思いますが(ここまで読み飛ばして下さい!)、グランドシートはキャンプをするなら1つは持っておきたいアイテムです。グランドシート役割としては、テントの浸水、結露防止冷気や熱気防止、テントの傷防止泥や草の付着を防ぐなど、様々あります。

 

テント内外の結露防止
・テントや荷物の浸水防止
冷気熱気の侵入を防ぐ
・テントにがつくのを防ぐ
の付着を防ぐ
・急な天候の変化があったときにタープとして使用できる
設営がより楽にできる(シート上に荷物を仮置きできる、キャンプサイトの広さが把握できる)
撤収がより楽にできる(テントについた水分を払わなくて良い)
荷物が増える
・シートを広げる手間が増える

 

筆者も、グランドシートがあるときとないときで1番違いを感じるのは結露のしやすさです。地面からの湿気グランドシートによってブロックすることで、テントの結露をかなり減らすことができ、テントや寝袋、荷物を濡らすこともなく、撤収がよりスムーズに行えます。

 

また、ツーリング登山の時にグランドシートを持っていると、急な天候の変化があった時にも、タープ代わりとして使用することができます。特にソロドームは前室が特別広いテントでは無いので、などの時に備えて、タープにもなるグランドシートを1枚持っていると安心です。

 

 

それでは、ソロドームピッタリなグランドシートを見ていきましょう!

 

グランドシート①|GEER TOP グランドシート テントシート

出典:Amazon

GEERTOP グランドシート テントシート

参考価格

¥2,088

重量

120g

展開サイズ

210×90cm

収納サイズ

15×10×4cm

耐水圧

PU8000mm

素材

20D片面シリコンコーティング360Tナイロン生地

▶︎口コミを見る

重量120gと今回紹介するグランドシートの中でも1番軽量なもので、ポケットにも入れられるくらいのコンパクトさのグランドシートです。

 

展開サイズも、210×90cmのものがインナーテントの下部分をカバーするのみであれば、ちょうど良い大きさです。他にも一回り小さい210×70cmのものから、210×260cmのタープとして使えるサイズのものまでを選ぶことができます。

 

片側には20Dシリコンコーティング、もう片方には360Tナイロンと、異なる素材を使用することで、耐水圧8000mmという、しっかりと結露浸水を防いでくれるグランドシートです。ただ、コンパクトに折り畳める分、一般的なレジャーシートなどよりはかなり薄めの素材です。

 

筆者もこのタイプのグランドシートを使用していますが、他のグランドシートと比べても結露の発生本当に少ないと感じています。キャンプの朝での結露を減らしたいと考えている方には、GEERTOPグランドシートが1番オススメです。

出典:Amazon

湿気などをブロックするだけでなく、急な悪天候の時にはタープとしての使用も可能です。ソロドームは前室がそこまで広いテントでは無いので、ツーリングなどでは悪天候に備えてタープを1つもっておくと安心できそうです。

 

軽量さ防水性能価格汎用性などから見て、ソロドームに1番オススメのグランドシートとなっています。

 

 

同じブランド、GEERTOPから販売されている自在金具付きロープ↓

 

グランドシート②|DOD(ディーオーディー) グランドシート 2人用

出典:Amazon

DOD(ディーオーディー) グランドシート 2人用

参考価格

¥1,780

重量

350g

展開サイズ

190×120cm

収納サイズ

41×15×6cm

素材

210Dポリエステル(PUコーティング)

▶︎口コミを見る

先ほど紹介したGEERTOPのグランドシートよりは厚みがあり、質感も滑らかなグランドシートです。サイズも190×120cmインナーテントと前室部分をカバーするにはピッタリのサイズです。端っこにショックコードがついているため、設営の時にペグと一緒に打ち込んでおくことで、シートがずれないように固定することが可能です。

 

デザインカラーも落ち着いていて、十分な厚みもあるので、レジャーシートとしての使用も良さそうです。しっかりとした厚みのあるグランドシートが欲しい方や、オートキャンプソロドームを使用する方などにオススメのグランドシートです。

 

 

グランドシート③|HIMIMI グランドシート S

出典:Amazon

HIMIMI グランドシート S

参考価格

¥1,280

重量

200g

展開サイズ

210×90cm

収納サイズ

20×8×4cm

素材

210Dオックスフォード

▶︎口コミを見る

1,280円安価で、個人的にもコスパが良さそうと感じるグランドシートです。四隅ハトメベルトがついており、ペグロープでしっかりと地面やテントに固定することが可能です。

出典:Amazon

1,300円ほどと安価ながら、20×8×4cmというコンパクトに折り畳むことが可能なのが魅力です。

 

 

 

グランドシート④|ユタカ #3000D グリーンシート

出典:Amazon

ユタカ #3000Dグリーンシート

参考価格

¥331

重量

約500g

展開サイズ

180×180cm

厚み

0.22mm

材質

ポリエチレン

▶︎口コミを見る

今回紹介するグランドシートの中でも圧倒的に1番安価なグランドシートです。パッケージは一見、普通のブルーシートのようにも見えますが、0.22mmとしっかりと厚みがあり、ホームセンター百均の薄いグランドシートよりはかなりしっかり作られています。ダークグリーンで、落ち着いているカラーなのも特徴です。

 

サイズは180×180cmと少し大きめですが、半分に折ることでソロドームインナーの下部分を、少し折り込むと前室部分までカバーすることが可能です。ハトメ四隅辺の真ん中の部分についているため、ペグロープ地面に固定可能で、タープとしての使用もできます。

 

上で紹介したグランドシートよりは少し嵩張りますが、タープとしても使用したい方や、少し荷物が増えても問題ない方、安くでグランドシートを入手したい方にオススメです。

 

 

▶︎Amazonで190×90cmのグランドシートを探す

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomoyuki(@kijiji1711)がシェアした投稿

 

ソロドームと合わせて使用したいアイテム3選!

タープ|BUNDOK(バンドック) ミニ ヘキサゴン タープ BDK-25

出典:Amazon

BUNDOK ミニ ヘキサゴン タープ

参考価格

¥4,700

重量

2,200g

展開サイズ

420×320×200cm

収納サイズ

48×13×13cm

材質

スチール、ポリエステル

カラー

ダークグリーン×ベージュ、ダークグリーン、カーキ

▶︎口コミを見る

グランドシートタープと兼用するのでなく、普通のヘキサゴンタープバンドックから発売されています。ソロドームの中でも、ダークグリーンカーキに関しては全く同じカラーバンドック純正のタープがあるので、そちらを使うのもオススメです。

 

ポールロープペグなどこれ1つで、必要なものが全て揃っていて5,000円弱ほどと安価で、個人的にも、これからタープデビューを果たそうと考えている方に、オススメのタープです。

 

グランドシートタープとして使用しても、ポールロープなど必要なものを揃えると3,000から4,000円ほど、お金がかかるので、荷物に余裕がある方は、バンドックヘキサゴンタープを購入すると、テントタープ統一感があって良さそうです。

 

コット①|バンドック ローコット BD-206 簡易ベッド

出典:Amazon

BUNDOK ローコット

参考価格

¥8,646

重量

1,900g

展開サイズ

184×60×13.5cm

収納サイズ

54×17×12cm

耐荷重

80kg

材質

ポリエステル、アルミ合金

カラー

ブラック

▶︎口コミを見る

バイクでのツーリング等でコットを持っていくならば、バンドックコットコンパクトかつ1.9kg比較的軽量でオススメです。ソロドームなどのソロ用のテントだと、高さのあるコットは入らないので、こういったローコットを使用することになりそうです。

 

口コミでもバイクツーリングバックパックキャンプに最適との声も多く見かけました。コンパクトに積載できるコットツーリングキャンプ先でも快適な睡眠を得たい…という方にオススメです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mrs(@variant_camp)がシェアした投稿

 

 

コット②|DOD(ディーオーディー) バッグインベッド

出典:Amazon

DOD(ディーオーディー) バッグインベッド

参考価格

¥9,600

重量

2.6kg

展開サイズ

120kg

収納サイズ

51×21×13cm

耐荷重

120kg

材質

ポリエステル、アルミニウム

カラー

ブラック、タン、カーキ、ベージュ

▶︎口コミを見る

DODのバッグインコットも、バイクツーリングでのユーザーが多く、Amazonの売れ筋ランキングでもベストセラーローコットです。エアーマットでも快適な睡眠は取れますが、ツーリングキャンプなどで連泊となるとやはりベッドが欲しくなるものです。

 

有名アウトドアブランドローコットなので、耐久性安定性などの面から見ても安心して使用することができ、かつ収納サイズ51×21×13cmコンパクトコットです。見た目のシンプルさも魅力の1つでしょうか。

出典:Amazon

 

バンドック ソロドーム グランドシート|まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuji Maruta(@goutman42)がシェアした投稿

今回はバンドック ソロドームにピッタリなグランドシートや合わせて使用したいアイテムを紹介しました!皆様の快適なキャンプライフの参考になれば幸いです!

 

【バンドック ソロドーム 徹底レビュー】格安で軽量なバンドックのソロ用のドーム型テント|BUNDOKソロティピーと並んでおすすめ
今回はBUNDOKのソロドームの魅力やおすすめの使い方、質感などの細かな情報を徹底解説! ツーリングや登山、ファミキャン用の巨大テントでのカンガルースタイルや、部屋キャンなど、多彩な用途があるソロ用のドーム型テントですが、Amaz…

 

今回紹介したキャンプギア

 

 

こちらの記事も要チェック!

【バンドック ソロドーム 徹底レビュー】格安で軽量なバンドックのソロ用のドーム型テント|BUNDOKソロティピーと並んでおすすめ
今回はBUNDOKのソロドームの魅力やおすすめの使い方、質感などの細かな情報を徹底解説! ツーリングや登山、ファミキャン用の巨大テントでのカンガルースタイルや、部屋キャンなど、多彩な用途があるソロ用のドーム型テントですが、Amaz…
429 Too Many Requests
【バンドック ソロベース レビュー】焚火や斬新なレイアウトが楽しめるコスパ最高なパップテントを調査!
今回はBUNDOKのソロベースのテントの魅力や特徴、そしてソロベースと組み合わせて使いたい、同じBUNDOK製のテントとの比較まで、ソロベースを購入する前に知っておきたい細かな情報をまとめてみました! 発売当初は売り切れや入荷待ち…
バンドック ソロベースをより楽しむためのキャンプギアを厳選!グランドシートや二股、薪ストーブなどを厳選!
売り切れが多発したバンドックの人気テント、ソロベースと合わせて使いたい、グランドシートや二股ポール、チェアなどを、バンドック純正のものから別ブランドの製品まで、紹介して行きます。ソロベースでのソロキャンプをより快適に過ごす上で、チェックし…
バンドックから冬仕様のソロベースEXが登場!デフォルトとの違いや特徴、口コミなどを徹底調査!
バンドックのブランドの知名度を大きく上げ、2019年の発売後すぐにAmazonなどで売り切れが発生するなど、人気テントとなったソロベースの、冬仕様テントが登場しました!その今回は冬仕様のソロベース、ソロベースEXについて、デフォルトとの比…
バンドックのテントにサンドベージュカラーが登場!ソロベースやソロティピーTCなど人気テントに新たな選択肢が!
バンドックのテントにサンドベージュカラーが登場!バンドックのテントを使用している方や、気になっている方に向けて、今回登場したサンドベージュカラーのテントについて、発売情報や、テントの仕様をまとめてみました。 以前までは、ソロベース…
【BUNDOK ソロティピー1 TC 徹底レビュー】ソロベースとどっちを選ぶ?跳ね上げ可能な最強のソロ用ティピーテントの情報や魅力を紹介!
魅力や気になる情報をまとめました! 発売当初、筆者はBUNDOKソロティピーTCと聞いて、既存のBUNDOKの人気テントのソロティピーをTC素材に変えただけでは? と思っていたのですが、実際に調べてみると、ソロティピーでも…
バンドック ソロティピー1 TCのグランドシートや二股ポールなどを徹底調査&厳選!
ソロベースと並ぶ人気となったバンドック ソロティピー1 TCと合わせて入手したいグランドシートや二股ポール、チェアや焚き火リフレクターなどのキャンプギアを、バンドック純正品から他社メーカーのギアまで紹介していきます!ソロティピー1TCでの…
バンドック(BUNDOK)ってどんなブランド?テントやタープ、チェアなどとにかくコスパの良いキャンプギアを紹介!
バンドックがどんなブランドなのか、口コミはどんな感じなのかなど、バンドックのキャンプギアの情報を徹底調査!テントやタープだけでなく、チェアやテーブルなど、ソロキャンプやツーリングをする人から、コスパがいいと噂のバンドックのキャンプギアを紹…

コメント

Copied title and URL