【スカイパイロットのグランドシート・インナーマット】ぴったりな製品を探してみた!

グランドシート

今回は、スタイリッシュで美しいフォルムや、開放的でさまざまなレイアウトが可能である点などの魅力から、多くのグループ、ファミリーキャンパーから選ばれているサバティカルスカイパイロットの純正のインナーテントの下をカバーするのにぴったりなグランドシート、インナーマットをいくつか厳選したので、紹介していきます!

 

皆様の快適なキャンプライフの参考になれば幸いです!

 

大人気のTC幕体シェルター|サバティカル スカイパイロット

出典:サバティカル

幕の美しいフォルム開放感、さまざまな設営のアレンジを楽しめる複数人用のシェルターで、多くのファミリー、グループキャンパーから選ばれているTC素材のテントとなっています。

出典:サバティカル

本体にインナーテントは付属していませんが、夏など虫が多い時期には別売りのインナーテントを使用すると安心でしょう。

今回はサバティカルの純正品である、スカイパイロット専用のインナーテントを、カバーするのにピッタリなグランドシートをいくつか選んだので、紹介していきます!

 

スカイパイロット にぴったりなグランドシートを徹底調査!

そもそもグランドシートは必要なのか

もう知っているよ、って方も多いかと思いますが(ここまで読み飛ばして下さい!)、グランドシートはキャンプをするなら1つは持っておきたいアイテムです。グランドシート役割としては、テントの浸水、結露防止冷気や熱気防止、テントの傷防止泥や草の付着を防ぐなど、様々あります。

 

テント内外の結露防止
・テントや荷物の浸水防止
冷気熱気の侵入を防ぐ
・テントにがつくのを防ぐ
の付着を防ぐ
・急な天候の変化があったときにタープとして使用できる
設営がより楽にできる(シート上に荷物を仮置きできる、キャンプサイトの広さが把握できる)
撤収がより楽にできる(テントについた水分を払わなくて良い)
荷物が増える
・シートを広げる手間が増える

 

筆者も、グランドシートがあるときとないときで1番違いを感じるのは結露のしやすさです。地面からの湿気グランドシートによってブロックすることで、テントの結露をかなり減らすことができ、テントや寝袋、荷物を濡らすこともなく、撤収がよりスムーズに行えます。

 

また、ツーリング登山の時にグランドシートを持っていると、急な天候の変化があった時にも、タープ代わりとして使用することができます。

 


それでは、スカイパイロットピッタリなグランドシートを見ていきましょう!

 

スカイパイロットにぴったりなグランドシートのサイズを調査!

スカイパイロットの純正のインナーテントのサイズは以下の通りとなっています。

出典:サバティカル

スカイパイロットインナーテントの下部分をカバーするのであれば、インナーテントの下の広さが240〜320×220cmなので、250〜300×220cmほどのサイズのグランドシートがちょうど良いでしょう。

 

▶︎Amazonで250×220cmのグランドシートを探す

 

グランドシートが大きすぎると浸水の原因にも…

グランドシートのサイズが、テントのサイズよりも大きいと、図のように、テントの表面や内側についた水分が地面へと流れずに、シートを伝ってテント内浸水の原因になる可能性があります。そのため、グランドシートは、テントのサイズよりも少し小さいものがおすすめです。

 

テントよりも大きいサイズのものを使用する場合は、端の部分を少し折るなどして対応すると良いでしょう。

 

グランドシート①|HIKEMAN グランドシート テントシート

出典:Amazon

HIKEMAN グランドシート

参考価格

¥3,380

展開サイズ

210×240cm

収納サイズ

24×15×15cm

重量

520g

耐水圧

PU2000mm

材質

オックスフォード

カラー

グレー

▶︎口コミを見る

サイズが210×240cmと、インナーテントのデッドスペース以外をカバーするのにぴったりなサイズのグランドシートとなっています。

下図のグレーの部分がHIKEMANグランドシートでカバーできる範囲です↓

出典:サバティカル

4隅には固定用のストラップもついていて、使い勝手も良く、スカイパイロットユーザーに1番オススメのグランドシートです。

 

グランドシート②|DOD(ディーオーディー) グランドシート 5人用

出典:Amazon

DOD グランドシート 5人用

参考価格

¥3,320

展開サイズ

280×220cm

収納サイズ

37×12×12cm

重量

800g

材質

210Dポリエステル

カラー

グレー

▶︎口コミを見る

日本のブランド、DODから発売されているベストセラーグランドシートです。シンプルなグレーのデザインで、表面は滑らかな質感であり、レジャーシートとしての使い勝手も抜群です。

 

サイズが280×220cmスカイパイロットインナーテントの下をカバーするのに十分なサイズとなっています。以下の写真の薄いグレーで塗りつぶされた部分が、DODグランドシートでカバーできる範囲です。

出典:サバティカル

4隅にはゴム紐がついているため、ペグテントへの固定も容易に行うことができ、グランドシートがずれる心配がないのもポイントが高いです。

 

グランドシート③|Farfly グランドシート テントシート

出典:Amazon

Farfly グランドシート テントシート

参考価格

¥3,288

展開サイズ

220×240cm

収納サイズ

26×18×18cm

重量

600g

耐水圧

3000mm

材質

オックスフォード

カラー

グレー

▶︎口コミを見る

サイズが220×240cmで、インナーテントのデッドスペース以外を綺麗にカバーできるグランドシートとなっています。

下図のグレーの部分がFarflyのグランドシートでカバーできる範囲です↓

出典:サバティカル

4隅と2辺にゴム紐がついており、地面への固定も簡単に行えます。

 

スカイパイロットにピッタリなインナーマットの代用品を厳選!

続いて、スカイパイロットにぴったりなインナーマットを紹介していきます!

インナーマット①|HWSHOW 銀マット

出典:Amazon

HWSHOW アルミシート 銀マット

参考価格

¥2,680

展開サイズ

250×200×0.25cm

収納サイズ

44×28×9cm

重量

340g

▶︎口コミを見る

厚み2.5mmほどとクッション性ではフォームマットには劣りますが、2680円ほどとフォームマットや他のインナーマットと比べて、安価で入手できるのが特徴です。コットエアーマットを使用するので、そこまで分厚いマットは必要ない、けど冬にもキャンプをしたいという方には銀マットがオススメです。

 

そのままだと見た目が無機質になってしまうので、上からマットラグ寝袋などを被せて銀マットが見えないようにするのが良さそうです。

 

▶︎Amazonでアウトドア用のラグを探す

 

インナーマット②|キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) フォームマット

出典:Amazon

キャプテンスタッグ フォームマット

参考価格

¥4,689

展開サイズ

217×140×1.5cm

収納サイズ

70×13×39cm

重量

760g

材質

発泡ポリエチレン

▶︎口コミを見る

日本のアウトドアブランドキャプテンスタッグフォームマットです。サイズが217×140cmと、アルニカであれば、2枚分敷くことが可能で、4,5人分コットやエアマットなしで寝ることができるスペースを確保できます。

 

1.5cmと十分に厚みがあり、マット上で地面の小石などの凹凸も感じることなく、銀マットを使うよりも快適にテント内で過ごすことができます。安価に入手できる製品でありながら、エアマットインフレーターマットと比べてもパンクの危険性が低く、安心して長く使用できるのもポイントが高いです。

出典:Amazon

波型空気の層が十分にあるので、保温性にも期待できるのがフォームマットです。真冬の時期にはインフレーターマット等の下にこれを敷けば、底冷えパンクのリスクを和らげることができます。

 

インナーマット③|Mozambique(モザンビーク) キャンプマット

出典:Amazon

mozambique(モザンビーク) キャンプマット

参考価格

¥4,351

展開サイズ

183×56×2cm

収納サイズ

56×13×12cm

重量

500g

材質

ポリエチレン

▶︎口コミを見る

マットを冬のキャンプ登山などでも使用する方には、アルミ加工がされているモザンビークマットもコスパが良くてオススメです。アースカラーと呼ばれるカラーのマットで、見た目が渋くてかっこいいのもポイントが高いです。

 

アルミ加工が熱を反射しはアルミ加工の面を上にすることで体温が地面に逃げるのを、はアルミ加工の面を下にすることで地面の熱が体へと伝わるのを、防ぐことができます。

 

キャプテンスタッグマットより少し価格が高いですが、エアマットなどと一緒に持っていると、氷点下雪中でのキャンプで大活躍しそうです。アルニカであれば、2枚から4枚ほどは敷くことが可能です。

 

▶︎Amazonで240×220cmのインナーマットを探す

 

スカイパイロット グランドシート、インナーマット|まとめ

出典:サバティカル

今回は、サバティカルスカイパイロットピッタリなグランドシートインナーマットを紹介しました!グランドシート銀マットラグなどを敷くことで、地面の冷気熱気などを感じず、結露も減って、快適なキャンプでの睡眠を取ることができそうです。

冬なんかの寒さの厳しいキャンプではさらに地面との距離を数十センチ空けるためコットなんかを使用するのもオススメです。

 

最後に、グランドシートインナーマットを敷くメリットデメリットを貼っておきます。

 

テント内外の結露防止
・テントや荷物の浸水防止
冷気熱気の侵入を防ぐ
・テントにがつくのを防ぐ
の付着を防ぐ
・急な天候の変化があったときにタープとして使用できる
・キャンプサイト内の小石などの凹凸を吸収
設営がより楽にできる(シート上に荷物を仮置きできる、キャンプサイトの広さが把握できる)
撤収がより楽にできる(テントについた水分を払わなくて良い)
荷物が増える
・シートを広げる手間が増える

 

皆様の快適なキャンプライフの参考になれば幸いです!

 

今回紹介したキャンプギア

 

こちらの記事も要チェック!

【アルニカのグランドシート、インナーマット】ぴったりな製品を探してみた!
今回は、多くのファミリー、グループキャンパーから選ばれているサバティカルのツールームシェルターである、 アルニカにピッタリなグランドシートを純正品から、代用品までをいくつか厳選したので、紹介していきます!皆様の快適なキャンプライフの参考に…
【ギリアのグランドシート・インナーマット】ぴったりな製品を探してみた!
今回は、多くのファミリー、デュオキャンパーから選ばれているサバティカルのシェルター型テントである、 ギリアにぴったりなグランドシート、インナーマットをいくつか厳選したので、紹介していきます!皆様の快適なキャンプライフの参考になれば幸いです…
https://cyclecampers.com/dod/camaboko-tent/gear
コールマン タフスクリーン2ルームハウス MDX,LDX にぴったりなグランドシート、インナーマットの代用品を厳選!
今回は、多くのファミリーキャンパーから選ばれているコールマンの2ルームテント、タフスクリーン2ルームハウス MDX(以下、コールマン MDX)にピッタリなグランドシートを純正品から、代用品までをいくつか厳選したので、紹介していきます!皆様…
エントリー2ルーム エルフィールド のグランドシート、インナーマットの代用品を厳選!
今回はスノーピークの人気ツールームテント、エントリー2ルーム エルフィールドにサイズがピッタリなグランドシート、インナーマットの代用品を、純正品を使う必要もないかな、と感じる方向けにいくつか厳選してみました!皆様の快適なキャンプライフの参…
スノーピーク ヴォールトにピッタリなグランドシートは?代用品を徹底調査!
今回は、スノーピークのトンネル型テント、ヴォールトにぴったりなグランドシートやインナーマットなど、純正品が高い!と思う方も多いかと思うので、代用できるものをいくつか調べて、厳選してみました!スノーピークからも純正のインナーマットが出ていま…
https://cyclecampers.com/amenity-dome/gear
ツーリングドーム ST のグランドシート、インナーマットやコットなど合わせて使用したいギアを徹底調査&厳選!
今回はソロキャンプビギナーやツーリングをするキャンパーなど様々な層から高い支持を得ている、ツーリングドーム ST に相性抜群なグランドシートやコットなどのアイテムを紹介していきます。特にグランドシートに関しては、ツーリングドーム ST に…

コメント

Copied title and URL