【バンドック ソロドーム 徹底レビュー】格安で軽量なバンドックのソロ用のドーム型テント|BUNDOKソロティピーと並んでおすすめ

テント・タープ

今回はBUNDOKソロドームの魅力やおすすめの使い方、質感などの細かな情報を徹底調査!

 

ツーリングや登山、ファミキャン用の巨大テントでのカンガルースタイルや、部屋キャンなど、多彩な用途があるソロ用のドーム型テントですが、Amazonなどでも同じタイプのテントを見かけることがあります。

 

しかし中でも、ソロドームならソロベースソロティピー 1 TCなどの数々の人気ソロテントを発売しているBUNDOKさんからなら、1.88kgと他社製のテントと比較しても軽量なドーム型テント1万円弱で入手することができますよ!

 

 

ソロドームの使用シーンや性能を徹底調査!

f:id:bikecamper:20200620190311j:plain
出典:Amazon

BUNDOK ソロドーム

重量

約1.88kg

収納サイズ

長さ38×φ15cm

展開サイズ

幅200×奥行150×高さ110cm

展開サイズ(インナー)

幅200×奥行90×高さ100cm

フライ防水能力

3000mm

人数

ブルー、ダークグリーン、カーキ

▶︎口コミを見る

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

広島多趣味女子(@kimuco_kitchen)がシェアした投稿

 

重量はダブルウォールテントの割にかなり軽い|無駄のないデザイン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuji Maruta(@goutman42)がシェアした投稿

袋の大きさには余裕があるのでテントを袋にしまう時も時間をあまり取らないようになっています。テントをしまった後にコンプレッサー(袋についている帯)でテントを圧縮し、テントのかさをしっかり減らせます。同じくバンドックから出ているソロティピー1(TCではない方)よりもひとまわり軽量でコンパクトに収まります。

 

今回紹介しているバンドック ソロドームは重量は約1.88kgで収納サイズは長さ38cm×15cm×15cmになります。

 

ちなみにソロティピー↓の重量は約2.2kgで収納サイズは長さ42cm×19cm×19cmです。

f:id:bikecamper:20200621090941j:plain
出典:Amazon

袋の大きさには余裕があるのでテントを袋にしまう時も時間をあまり取らないようになっています。テントをしまった後にコンプレッサー(袋についている帯)でテントを圧縮し、テントのかさをしっかり減らせます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

グッチ(@n_m32)がシェアした投稿

約1.88kgととても軽量なので、登山やバイク、自転車ツーリング公園や海にさっと持ち出して使いたい方、バックパックなどで公共交通機関を使用したキャンプをしたい方などにおすすめです。この重量で横開きのテントなのもテント内の居住性という観点からポイントが高いです。

 

テント内物を置くスペースがそこまでないので、必然的に荷物を減らすことが可能なのも大きな魅力です。自分にとって本当に必要なギアを選んで、コンパクトなソロキャンプが楽しめるテントです。見た目も丸っこくてどこか可愛さがあるのも、ソロドームのポイントではないでしょうか。

テント名

ソロドーム

ソロティピー1

重量

約1.88kg

約2,2kg

収納サイズ

長さ38×φ15cm

長さ42×19×19cm

展開サイズ

幅200×奥行150×高さ110cm

240×240×高さ150cm

フライ防水能力

3000mm

3000mm

構造

半自立式

非自立式

カラー

ブルー、ダークグリーン、カーキ

ライトベージュ×ブルー、ダークグリーン、カーキ

人数

1人用

1人用

 

ソロティピーと比較してみました。重量や収納サイズ、展開サイズはソロドームの方が一回り小さく、構造がインナーだけが自立する半自立式なので、登山やツーリング、岩場やアスファルトなど様々なシーンでの使い勝手にはソロドーム軍配が上がりそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

yaei.nh(@yaei.nh)がシェアした投稿

 

ソロドームはインナーだけだと自立式

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆる真(@yuru_sin)がシェアした投稿

個人的にこの魚座型と呼ばれるインナーの見た目が、カッコ良くて大好きです。テントが横開きで、価格も安く手に入れやすいので、カンガルースタイルで使用するにはもってこいのテントだと思います。

 

見ての通り、インナーテントはフルメッシュなので冬場に使うには部屋の保温性が少し心配ですが、逆に夏ならば涼しく過ごせるというメリットがあります。

 

夏場に雨が降る予報がなければ、フライシートをかけずにタープ泊をして、蚊帳として使用するのもこのテントの良い使い方ではないでしょうか?

 

カンガルースタイルや部屋キャン使用、秘密基地…汎用性が高いテント

カンガルースタイルでのキャンプだと、大きなファミリー用テントの中でインナーをはらずにソロで使用すると、広いスペースを独占し、贅沢にキャンプを楽しむことができます。

 

軽量で持ち運びもしやすいので、ファミリーでの使用の時も子供だけの秘密基地用のテントとして持っていくのも面白そうです。

 

タープ泊に挑戦してみたい方にも蚊が多い夏場に、フライシートを付けずにソロドームを使えば、蚊帳代わりになります。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

UGO(ウゴ)(@pretty_gian_ugo)がシェアした投稿 -

 

ソロドームはカンガルースタイルの他にもインナーだけだと自立式で、ペグを打つ必要がなく、テントの展開サイズも小さいので、部屋キャンやベランダでテントを貼りたい時にも重宝します。

 

フライシートがよれますが、アスファルトやコンクリートの上で立てることも一応可能です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ウラタシュンゴ(@ungo222)がシェアした投稿 -

 

ソロドームは扉が横開きなので、テント内の居住性は結構高い

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomoyuki(@kijiji1711)がシェアした投稿

軽量な山岳テントなどとなると入り口が狭く、出入りがしにくいなどといったことがありますが、ソロドームは横開きなので入り口は広めで、縦開きのテントに比べて、テント内の出入りにもストレスが少ないと言えます。

 

テント内に座っている時も中から外を見渡すこともでき、居住性もかなり高いと言えるでしょう。

 

ソロ用のドーム型テントとして約1.88kgとかなり軽量なのに、使い勝手の良い横開きの扉のあるテントはなくて、筆者もかなり驚きました。

 

出典:Amazon

通気性を高めるためのベンチレーションや小物を入れられるポケット、ランタンをひっかけるフックもしっかりついています。1万円以下と安くても細かい機能も当然のようについています。

 

BUNDOKソロドームの気になる2つの点

Amazonレビューなどでよく見かける欠点として、フルメッシュなので冬に使うと寒い、スペースが狭い、テントの生地が薄いなどの意見がみられました。

その①フルメッシュで冬場は保温性が心配かも、冬は寝具の性能次第

f:id:bikecamper:20200620194129j:plain
出典:Amazon

さっきも言った通りインナーはフルメッシュで冬場は保温性が心配ですが、逆に夏には暑さや湿気がたまらなくて良さそうです。

 

インナーがフルメッシュになっているおかげで軽量化低価格化されているのかもしれません。といっても冬キャンプ以外だとフルメッシュで気になることって少ないです。

 

もちろん冬場も寝具の性能を上げておくと、問題なく使用できます。

 

他にもフライシートの生地が薄いとの声もみられました。シームテープ加工や耐水圧はしっかりしていても、遮光性や保温性軽量化のために犠牲になっている感じです。

 

遮光性重視の方にはTC素材(火の粉に強いテント生地)のBUNDOKのソロベースもおすすめです。重量は上がりますが、やはりその分快適性テントの広さソロベースなどの他のテントの方が高いです。

その②寝るスペース以外のスペースが広くない

 

この投稿をInstagramで見る

 

masa310(@masacamp310)がシェアした投稿

もちろんしっかり前室はあるので大きなリュックサック2個分ぐらいなら大丈夫そうです。

 

贅沢な装備でキャンプをするためのテントではないため、テント内に入るのは、ツーリングや登山に最低限、必要な道具くらいだと思っていた方が良さそうです。

f:id:bikecamper:20200620201408j:plain
出典:Amazon

もうちょっとだけ広い前室が欲しい方は、価格や重さもそれほど変わらないのでソロティピーがおすすめです。重量や価格がもうちょっと上がっても良いよって方にはソロベースを検討してみるのもおすすめです。

 

 

BUNDOKソロドームの設営方法

普通の魚座型テントの設営です。フレームを組み立ててクロスさせ、インナーテントのフックをポールにひっかけ、ポールを四隅に差し込んでインナーテントを立ち上げます。

 

f:id:bikecamper:20200620203100j:plain

出典:Amazon

f:id:bikecamper:20200620194129j:plain

出典:Amazon

フライシートを被せてからペグでテントを地面に固定します。

f:id:bikecamper:20200620203225j:plain

出典:Amazon

風の強い日はロープをつけると良いでしょう。

 

ここまで大体、はじめてで20分ほど慣れたら5分ほどで設営できるでしょう。吊り下げ式なので、ツーリング中などで疲れてキャンプ場についた時簡単に設営できそうなのもポイントです。

自立式なので風の強い日にペグが抜けてもテント全体が崩れる…と言ったことはありません。ただしBUNDOKの他のテントや他のメーカーにも言えることですが、付属のペグはそこまで強度はないので、別に強度のある軽量なペグを持っていると良いでしょう。

 

筆者は、重量のある鋳造ペグ以外は、基本消耗品だと考えているので、なるべくコスパの良い安いものを使っています。アルミペグはとても軽いので、予備として持っておくのも良いでしょう。

 

ソロドームにオススメなグランドシート

グランドシート|GEER TOP グランドシート テントシート

出典:Amazon

GEERTOP グランドシート テントシート

参考価格

¥2,088

重量

120g

展開サイズ

210×90cm

収納サイズ

15×10×4cm

耐水圧

PU8000mm

素材

20D片面シリコンコーティング360Tナイロン生地

▶︎口コミを見る

重量120g、収納サイズ15×10×4cmと、ポケットにも入れられるくらいのコンパクトさのグランドシートです。210×90cmソロドームインナーの下部分をカバーするにはちょうど良いサイズです。

出典:Amazon

急な悪天候の時にはタープとしての使用も可能です。ソロドームは前室がそこまで広いテントでは無いので、ツーリングなどでは悪天候に備えてタープを1つもっておくと安心かもです。

 

軽量さ防水性能価格汎用性などから見て、ソロドームに1番オススメのグランドシートです。

 

ソロドームにピッタリなグランドシートや、テントと合わせて使用したいギアに関しては、他記事でまとめているので、ぜひ参考にしてみてください!↓

 

BUNDOKってどんなブランド?

f:id:bikecamper:20200810183920j:plain
出典:BUNDOK

BUNDOKは物作りで有名である新潟県三条市に本社を構える株式会社カワセさんのブランドです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

5L(@5lbase)がシェアした投稿

現在のところ、ホームセンター以外の店舗で、店頭販売はあまり行われていない(最近、段々と見かけることが増えてきています)日本のブランドで、Amazonなどのネットショッピングで主に見かけることが多いため、中国のメーカーと勘違いされた方も少なくないと思います。

 

Amazonなどネットショッピングに特化していて、販売時の店舗の家賃人件費他のメーカーと比べてかなり抑えられているため、ユーザーからはコスパが良いとの声も多く、軽量性収納性優れた製品が多いのが特徴です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

jack camp(@jack_camp7)がシェアした投稿

↑全てBUNDOKのテントです↑

 

そんなBUNDOKの製品の中でも、特にソロ用テントに関しては軽量性や収納性に優れたテントから、面白い秘密基地が作れるような面白いキャンプスタイルが楽しめるものまで、

 

様々なタイプのテントが、手に入れやすい価格でラインナップされていて、2つ以上のBUNDOKのテントを使い分けるようなソロキャンパーさんキャンプ系のYoutuberさんも多いんです。

 

▶︎BUNDOKのテント一覧はこちらから

 

 

BUNDOK ソロドームまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

marin🗻(@marincocamp)がシェアした投稿

見た目も丸くて可愛いソロドーム、テント内のスペースもちょうどいい具合に狭いので、コンパクトなギアで固めたソロキャンプを楽しみたい方にとてもオススメです。コンパクトでもおしゃれかつ価格も安いソロドームで、ツーリング登山など、新しいスタイルのキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

今回紹介したテント

 

BUNDOKのテント一覧はこちら

 

こちらの記事も要チェック!

バンドック ソロドームのグランドシートやコットなど合わせて使用したいアイテムを厳選!
今回はバイクや自転車でのツーリングや登山など、ミニマムスタイルのキャンプを行う方から選ばれており、有名なキャンプ系YouTuberのヒロシさんも使用している、バンドック ソロドームと合わせて使用したいグランドシートやコットなどのアイテムを…
429 Too Many Requests
【バンドック ソロベース レビュー】焚火や斬新なレイアウトが楽しめるコスパ最高なパップテントを調査!
今回はBUNDOKのソロベースのテントの魅力や特徴、そしてソロベースと組み合わせて使いたい、同じBUNDOK製のテントとの比較まで、ソロベースを購入する前に知っておきたい細かな情報をまとめてみました! 発売当初は売り切れや入荷待ち…
バンドック ソロベースをより楽しむためのキャンプギアを厳選!グランドシートや二股、薪ストーブなどを厳選!
売り切れが多発したバンドックの人気テント、ソロベースと合わせて使いたい、グランドシートや二股ポール、チェアなどを、バンドック純正のものから別ブランドの製品まで、紹介して行きます。ソロベースでのソロキャンプをより快適に過ごす上で、チェックし…
【BUNDOK ソロティピー1 TC 徹底レビュー】ソロベースとどっちを選ぶ?跳ね上げ可能な最強のソロ用ティピーテントの情報や魅力を紹介!
魅力や気になる情報をまとめました! 発売当初、筆者はBUNDOKソロティピーTCと聞いて、既存のBUNDOKの人気テントのソロティピーをTC素材に変えただけでは? と思っていたのですが、実際に調べてみると、ソロティピーでも…
バンドック ソロティピー1 TCのグランドシートや二股ポールなどを徹底調査&厳選!
ソロベースと並ぶ人気となったバンドック ソロティピー1 TCと合わせて入手したいグランドシートや二股ポール、チェアや焚き火リフレクターなどのキャンプギアを、バンドック純正品から他社メーカーのギアまで紹介していきます!ソロティピー1TCでの…
バンドック(BUNDOK)ってどんなブランド?テントやタープ、チェアなどとにかくコスパの良いキャンプギアを紹介!
バンドックがどんなブランドなのか、口コミはどんな感じなのかなど、バンドックのキャンプギアの情報を徹底調査!テントやタープだけでなく、チェアやテーブルなど、ソロキャンプやツーリングをする人から、コスパがいいと噂のバンドックのキャンプギアを紹…

コメント

Copied title and URL