【ツーリングドーム LX レビュー】コスパ抜群で、ツーリングにオススメなドーム型テント!

テント・タープ

今回は、多くのユーザーから選ばれるコールマンツーリングドーム LXを、テント仕様や気になる口コミ、豊富なカラーバリエーションや、人気の理由、広さ、使用シーンなどの点から徹底レビュー!

 

他と比べても広い前室や、コンパクトさ、設営のしやすさ有名アウトドアブランドならではの安心感など、コールマンの人気モデルの2-3人用テントでありながら、2万円弱で購入できてしまう、高コスパなドーム型テントを細かく調査しました!

 

バイクでのツーリングや、初めてのキャンプなどでもツーリングドーム LXがオススメの理由なども解説していきます!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tetsuya Takeshi(@te_tsu777)がシェアした投稿

 

コールマン(Coleman) ツーリングドーム LX

出典:Amazon

コールマン(Coleman) ツーリングドーム LX

重量

5.2kg

サイズ(全体)

345×210×高さ110cm

サイズ(インナー)

210×180×高さ110cm

収納サイズ

49×21×21cm

耐水圧

1500mm

人数

2-3人

カラー

グリーン、オリーブ、グレー、ナチュラルカモ

▶︎口コミを見る

 

テント内のサイズ感

 

この投稿をInstagramで見る

 

hassan(@ky83_sotoasobi)がシェアした投稿

インナーテント内のサイズは210×180cmと、ちょうど大人3人が寝転がることができるくらいの広さです。一般的な1人用のエアーマットの幅が60cmなので、1人用のエアーマットが3枚入るくらいの広さと言ったところでしょうか。

 

2人であれば、真ん中のスペース荷物ミニテーブルを置いて、広々と使うことができそうです。

 

広さをツーリングドーム STと比較!

ソロキャンプでの使用がメインの方には、一回り小さいツーリングドーム STもオススメです。↓

テント名

ツーリングドーム ST

ツーリングドーム LX

重量

4.4kg

5.2kg

サイズ(全体)

265×210×高さ100cm

345×210×高さ110cm

サイズ(インナー)

210×120×高さ100cm

210×180×高さ110cm

収納サイズ

49×19×19cm

60×24×24

耐水圧

1500mm

1500mm

人数

1-2人

2-3人

カラー

グリーン、オリーブ、グレー

グリーン、オリーブ、グレー、ナチュラルカモ

 

 

前室がそこそこ広い!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eito Arashiro(@eito3112)がシェアした投稿

前部分を跳ね上げることで、タープいらずの広い屋根のあるスペースを確保することが可能です。雨の日のバイクツーリングなどのキャンプでも、タープを持っていかずに、調理などができそうな感じです。

 

タープと合わせても4万円いかないくらい

 

この投稿をInstagramで見る

 

ひろし☆(@hi.roshi1788)がシェアした投稿

オートキャンプでは、日除けのタープなどと組み合わせて使用するのもオススメです。コールマンから同じオリーブカラータープも販売されています。

 

ツールームテントなどを揃えようとすると、6万円以上かかることも多いですが、ツーリングドーム LXであれば、3万円代有名アウトドアブランドテントタープを揃えることが可能のも魅力です。

 

 

カラーバリエーションも豊富!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Row_hikata(@tk_photo1978)がシェアした投稿

オリーブグリーングレーナチュラルカモなど、どれもシンプルで落ち着いていて、扱いやすいデザインなのも特徴です。自分のタープなどのキャンプギアや、愛車との色合いが良いカラーのテントを選ぶことができます。

 

オリーブ

 

この投稿をInstagramで見る

 

DÄÏ5ÜKË.M(@miyagon._)がシェアした投稿

 

グリーン

 

グレー

 

ナチュラルカモ

 

この投稿をInstagramで見る

 

まえそー(@maesou_mae)がシェアした投稿

 

コンパクトで、バイクツーリングでも持っていける

 

この投稿をInstagramで見る

 

02-883r(@evo_koji)がシェアした投稿

収納サイズ49×21×21cmと、バイクツーリングなどにも持っていけそうなくらいのコンパクトさです。前室が広いので、タープいらずですし、なるべく持っていくギアを減らしたい方にもオススメです。

 

口コミでも、オートキャンプで普通に使用している人や、バイクツーリングで使用している方も多く見かけました。

出典:Amazon

コンプレッション(圧縮)ベルトもついているので、テントを余裕を持って収納した後に体積を減らすこともできるようになっています。

 

 

設営がしやすくなる工夫も!

ツーリングドーム/ST+

出典:Coleman

ドーム型テントって、ポールの差込みなどが面倒で1人だとやりにくいイメージがありますが、ツーリングドーム LXにはポールをポケットに入れて、片方が外れないようにする工夫があるようです。1人で設営するときには、かなり使いやすい工夫です。

 

普通のドーム型テントと比べても設営しやすい、シンプルスタンダード設計なので、設営も早く行いやすく、これからソロキャンプを始めようと考えている方にもオススメのソロ用テントです。

 

ツーリングドーム LXの設営方法はこちら↓

 

 

ツーリングドーム LXの口コミはどんな感じ?

・とにかくコスパが良い
・前室が絶妙な広さで使いやすい
・設営がしやすい!
・バイクツーリングに最適な2-3人用テント
・定番テントで、初めてのファミリーキャンプにもオススメ!
・有名ブランドで信頼がある

・ポールがアルミ合金製ではないので若干重い
・販売元によって価格がバラバラである
・耐水圧の表記が低くて心配

▶︎Amazonレビューを見る

筆者の目についたツーリングドーム LX口コミはだいたいこんな感じです。コスパが良いツーリング初めてのキャンプで使いやすいなどの口コミの他に、否定的な口コミもいくつか見受けられました。

 

販売元がバラバラで、中には定価よりも高い価格販売しているところもあるので、しっかり見極めてから購入するのが良いでしょう。

 

グランドシート、インナーマットは何を選べばいい?

✅グランドシート|ロゴス(LOGOS)ぴったりグランドシート 192×192cm

出典:Amazon

ロゴス(LOGOS) ぴったりグランドシート

参考価格

¥1,220

サイズ

192×192cm

材質

PEラミネートクロス

折り畳み後サイズ

36×26×3cm

重量

440g

▶︎口コミを見る

サイズは192×192cmと、こちらもをカバーするにはちょうど良いサイズです。価格が千円ほどと安い分、見た目が少しブルーシートに近い質感にも見えますが、あくまでロゴスさんの「テントシート」なので、しっかりと厚みがあり、口コミを見た感じだと、水や湿気、寒さはしっかりとブロックしてくれ、グランドシートとしての機能はばっちりだとでしょう。

 

端っこにはテントとの固定用のロープがついており、インナーテントの四隅と結ぶことでグランドシートがずれずに、ピッタリと使用することができます。

 

千円ほどと、安くてもしっかりと水気や寒さブロックしてくれるグランドシートで、Amazon口コミでもツーリングドーム LXで使用している方を多く見かけるオススメのグランドシートです。

 

 

✅インナーマット|HWSHOW アルミシート 銀マット

出典:Amazon

HWSHOW アルミシート 銀マット

参考価格

¥2,180

展開サイズ

200×200cm

収納サイズ

36×26×9cm

重量

280g

▶︎口コミを見る

200×200cmアルミマットで、少し折り畳んで使用するとインナーテント全体をカバーすることができます。銀マットだけだと、見た目が無機質な感じになってしまうので、ラグマットなんかを上に敷くと、保温性見た目も良くなりそうです。

 

ツーリングドーム LX のグランドシートやコットなどについては、こちらで詳しく解説しています!

よければ参考にしてください!↓

 

コールマン (Coleman) ツーリングドーム LX|まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

take(@n_take_hero)がシェアした投稿

今回は、有名アウトドアブランドコールマンツーリングドーム STの豊富なカラーバリエーションや、人気の理由使用シーンなどの視点からレビューしました!バイクツーリングやこれからキャンプを始める方にも特にオススメの2-3人用テントです!

 

皆様の快適なキャンプライフの参考になれば、幸いです!

 

今回紹介したキャンプギア

 

 

こちらの記事も要チェック!

ツーリングドーム LXのグランドシート、インナーマットやコットなど合わせて使いたいアイテムを厳選!
今回はキャンプを始める方やツーリングをするキャンパーなど様々な層から高い支持を得ている、ツーリングドーム LX に相性抜群なグランドシートやコットなどのアイテムを紹介していきます!特にグランドシートに関しては、ツーリングドーム LX にピ…
【ツーリングドーム ST レビュー】コスパ抜群なソロ用ドーム型テントを徹底調査!
今回は、コールマンの多くのユーザーから選ばれるツーリングドーム STを、テントの仕様や気になる口コミ、豊富なカラーバリエーションや、人気の理由、使用シーンなどの点から徹底レビューしていきます。他と比べても広い前室や、コンパクトさ、設営のし…
ツーリングドーム ST のグランドシートやコットなど合わせて使用したいギアを徹底調査&厳選!
今回はソロキャンプビギナーやツーリングをするキャンパーなど様々な層から高い支持を得ている、ツーリングドーム ST に相性抜群なグランドシートやコットなどのアイテムを紹介していきます。特にグランドシートに関しては、ツーリングドーム ST に…
【コールマン エクスカーションティピー レビュー】雨でも使いやすい前室の広いティピーテントを調査!
今回は、多くのユーザーから選ばれるコールマンのエクスカーションティピーを、テントの仕様や気になる口コミ、広さ、使用シーンなどの点から徹底レビュー!使いやすくて特徴的な前室、初心者でも扱いやすいシンプルなデザインで、2万円代で購入できる、コ…
コールマン エクスカーションティピーにピッタリなグランドシート(代用品)やコットなどのアイテム10選!
今回は、コールマンのエクスカーションティピー325とエクスカーションティピー210にぴったりなグランドシートやコット、タープなどのアイテムを厳選し、紹介していきます!特に、エクスカーションティピー325のインナーテントの床は六角形のような形
アメニティドーム S にピッタリなグランドシートは?サイズの合う代用品を調査してみた!
今回は、スノーピークのアメニティドーム Sにぴったりなグランドシートやインナーマットなど、純正品が高い!と思う方も多いかと思うので、代用できるものをいくつか調べて、厳選してみました!スノーピークからアメニティドーム専用のインナーマットも販…
【BUNDOK ソロティピー1 TC 徹底レビュー】ソロベースとどっちを選ぶ?跳ね上げ可能な最強のソロ用ティピーテントの情報や魅力を紹介!
魅力や気になる情報をまとめました! 発売当初、筆者はBUNDOKソロティピーTCと聞いて、既存のBUNDOKの人気テントのソロティピーをTC素材に変えただけでは? と思っていたのですが、実際に調べてみると、ソロティピーでも…

コメント

Copied title and URL