イワタニ ジュニアバーナーの遮熱テーブル・遮熱板や風防のおすすめ8選!

キャンプ用品

今回は、イワタニ(iwatani) コンパクト ジュニアバーナー遮熱板をコンパクトでツーリングなどでも使いやすいものから、カッコいいテーブル型の遮熱テーブルまでを6つほどと、後半では風防などのアイテム紹介していきます。

 

おしゃれな遮熱テーブルや、ストーブなどのアタッチメントなど、ジュニアバーナー ユーザー 必見の情報まとめました!

 

イワタニ ジュニアバーナー

出典:Amazon

イワタニ コンパクトジュニアバーナー

参考価格

¥5,795

外形寸法

15.5×15.5×12.7cm

発熱量

2.7kw(2,300kcal/h)

使用ガス

194g/h

材質

アルミニウム、ステンレス

▶︎口コミを見る

コンパクト ジュニアバーナーは、ガス機器等の販売で有名で、創業以来70年以上もの歴史を持つ、イワタニ産業のアウトドア用のシングルバーナーです。CB缶が燃料であるため、燃料代が安い上に、コンビニやスーパーなど近くの店での燃料の入手が容易であり、キャンプやツーリング、釣りなどを行う方などを中心に支持を集めるシングルバーナーとなっています。

 

また、本体の価格が安く手軽に入手しやすいため、ビギナーを含む多くの方に選ばれており、Amazonで販売されているシングルバーナーの中でもベストセラーの製品となっています。

 

 

イワタニ ジュニアバーナー|遮熱板の必要性とは?

もう知ってるよ、って方はここまで飛ばしてください!遮熱板の主な役割は、調理器具からの輻射熱ガス缶やテーブルなどに当たり、高温になるのを防ぐことです。

シングルバーナーで調理器具を熱していると、調理器具の上だけでなく、下方向にも輻射熱や、バーナーから直接熱が伝わります。その熱によってガス缶が高温になると、最悪の場合、爆発事故にも繋がりかねません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

FUTURE FOX(@futurefox_outdoor)がシェアした投稿

また、遮熱板テーブルの場合、ガス缶で占領されたテーブル上のスペースも遮熱テーブルでカバーすることで、卓上のスペース有効活用できるというメリットもあります。おまけに、ガス缶への油はね汚れの付着も防げます。

 

調理などで、スペースを自由に使いやすくなりそうです。金属製のテーブルバーナーが埋め込まれたかのようなカッコいい見た目も大きな魅力ですね!

 

筆者個人的には、スペースが有効活用できる遮熱テーブルが好きですが、単体の遮熱板も、安心してジュニアバーナーを使用する上で、500円ほどの安い遮熱板を1つ持っておく方のも良いだろう考えています。

 

 

イワタニ ジュニアバーナーユーザーにオススメな遮熱テーブル3選!

 

遮熱テーブル①|Keepjoy ジュニアバーナー専用 遮熱テーブル

出典:Amazon

Keepjoy ジュニアバーナー専用 遮熱テーブル

参考価格

¥3,599

重量

705g

使用時サイズ

29.5×20.5×8cm

収納サイズ

29.5×20.5×2cm

材質

アルミニウム、ステンレス

▶︎口コミを見る

シンプルな1枚タイプジュニアバーナー専用遮熱テーブルです。ロゴなどの表記が一切ない、シンプル金属製のテーブルにバーナーが埋め込まれているかのような見た目がカッコいいです。本来はデッドスペースとなる、ガス缶上部分のスペースもこれでカバーすることで有効活用できます。

 

金属製で一見重たそうですが、重量も705gツーリングや海辺でのコーヒータイムなどにも気軽に持ち出せる重量コンパクトさで、ソロキャンプのメインテーブルとして使用するのもオススメです。

 

遮熱テーブル②|FUTURE FOX ジュニアバーナー専用 遮熱テーブル

出典:Amazon

FUTURE FOX ジュニアバーナー専用 遮熱テーブル

参考価格

¥4,980

重量

約750g

使用時サイズ

30×20×8cm

収納サイズ

31×21×8cm

材質

SUS304(ステンレス)

▶︎口コミを見る

遮熱板関連のアイテムを多く販売しているFUTURE FOXジュニアバーナー専用の遮熱テーブルです。シンプルな1枚板のデザインで、シルバー、ブラック、サンドベージュとカラーバリエーションが豊富で、自分のギア相性の良いカラーのものを選ぶことも可能です。

 

サイズが30×20cmと意外と大きく、金属製のテーブルにも関わらず、700gとそこそこ軽量なので、口コミでもツーリングで使用しているユーザーを見かけました。ソロキャンキッチンテーブルとしてオススメのアイテムです。

 

遮熱テーブル①|KVASS 遮熱テーブル

出典:Amazon

KVASS 遮熱テーブル

参考価格

¥2,380

重量

683g

展開サイズ

32×21×7.8cm

収納サイズ

21×17×3cm

材質

ステンレス

梱包内容

遮熱テーブル、収納袋、取扱説明書

▶︎口コミを見る

SOTOレギュレーターストーブ(ST-310)対応の2枚開きのタイプ遮熱テーブルで、ステンレスでできており、まるでシステムキッチンのような、金属テーブルバーナーが埋め込まれている見た目が特徴です。

 

出典:Amazon

ST-310の他に、ST-330イワタニコンパクトジュニアバーナートランギアのアルコールバーナーなど4つのバーナーに対応しているそうです。イワタニコンパクトジュニアバーナーでも問題なく使用することができます。筆者はこのKVASS遮熱テーブルを使用しています。

 

重量683gと、ツーリングや海辺でのコーヒータイムなどにも気軽に持ち出せる重量コンパクトさで、ソロキャンプのメインテーブルとして使用するのもオススメです。

テーブルのサイズは32×21cm高さ7.8cmバーナーを設置する関係で少し低めです。参考までに、キャプテンスタッグアルミロールテーブルは40×29cm高さは12cm重量は700gとなっています。

 

キャプテンスタッグアルミテーブルよりは広さこそ少し減りますが、ほぼ同じ重量であり、バーナーを埋め込むことでガス缶の分のスペースをより有効活用でき、見た目もスタイリッシュにまとめることができるので、こちらを使用してみるのもオススメです。

 

 

KVASSの遮熱テーブルについては、こちらの記事で実際に使用し、詳しく解説しています!↓

ST-310遮熱テーブルはこちら!↓

 

イワタニ コンパクトジュニアバーナー ユーザーにオススメな遮熱板

遮熱板①|FUTURE FOX ジュニアバーナー専用 ステンレス 遮熱板

出典:Amazon

FUTURE FOX ジュニアバーナー専用 ステンレス 遮熱板

参考価格

¥1,580

重量

84.5g

使用時サイズ

10.5×7.2cm

収納サイズ

10.5×7.2cm

材質

SUS304(ステンレス)(厚み1.0mm)

▶︎口コミを見る

最近はAmazonでもさまざまなタイプの遮熱板が売られていますが、こちらは磁石で固定するタイプのものです。1,580円ほどと少し値段はしますが、磁石が使用されているため、しっかりと固定することができ、板がずれにくいとのことでした。ストレスなく扱いやすそうな専用の遮熱板です

 

遮熱板②|キャンピングムーン ジュニアバーナー専用 ステンレス遮熱板 

出典:Amazon

キャンピングムーン ジュニアバーナー専用 ステンレス遮熱板 

参考価格

¥540

重量

85g

使用時サイズ

10.5×7.2cm

収納サイズ

10.5×7.2cm

材質

ステンレス304(厚み1.5mm)

▶︎口コミを見る

価格が540円と今回紹介する遮熱板の中で最も安く必要十分な機能が詰まった遮熱板です。価格は安いものの、ステンレス厚み1.5mmのしっかりとした板が使用されています。

ジュニアバーナーハードケースピッタリ収納できるので、紛失する恐れも少ないです。価格は安いですが、口コミを見る限り、使いづらいというようなことはあまりなく、個人的にはコストパフォーマンスが良く、1番おすすめできる遮熱板だと思っています。

 

遮熱板③|N-project ジュニアバーナー専用 ステンレス 遮熱板

出典:Amazon

N-project ジュニアバーナー専用 ステンレス 遮熱板

参考価格

¥1,280

重量

100g

使用時サイズ

10.5×7.2cm

収納サイズ

10.5×7.2cm

材質

ステンレス(SUS304)

▶︎口コミを見る

厚さ1.5mmの少し分厚めのステンレス遮熱板で、切り口が斜めになっていて取れにくくなっているタイプです。遮熱板が回転せずにストレスなく使いやすそうな製品です。Amazonがユーザーにオススメの商品を知らせるAmazon Choiceにも選ばれている製品です。

 

 

イワタニ ジュニアバーナ と合わせて使いたいアイテム

ストーブ|BRS遠赤ヒーターアタッチメント キャンプストーブ

出典:Amazon

▶︎口コミを見る

焚き火を起こすのは面倒くさいけど、手軽に暖を取りたいと言う方におすすめのミニストーブです。重量141gと寒い時期のツーリング徒歩キャンプでも気軽に持っていけるアイテムです。価格が1,000円ほどと安いので、煤がついていたなどの口コミも見受けられますが、それが気にならない方にはおすすめのアタッチメントです。

 

口コミでもイワタニのジュニアバーナーピッタリハマるとの声も見受けられるので、相性面では問題ないかと思われます。遮熱板と合わせて使用すると、輻射熱によるガス缶への加熱が防げ、より安心感が増しそうです。

 

口コミが気になる方はコールマンストーブの方もオススメです。

 

風防|Alpinista 防風板 ウインドスクリーン

出典:Amazon

▶︎口コミを見る

イワタニのジュニアバーナー五徳などもしっかりしていて、風に強い印象ですが、それでもやはり、風防があったほうが火が安定し、お湯などを早く沸かしやすいのも事実です。

 

価格も1,300円ほどと安く、様々な場面で使用できるので、アウトドアをする方は1つくらい持っておくと良さそうです。

 

イワタニ ジュニアバーナー 遮熱板・テーブル|まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

FUTURE FOX(@futurefox_outdoor)がシェアした投稿

今回はイワタニ コンパクトジュニアバーナー遮熱板遮熱テーブル、合わせて使いたいアイテムを紹介しました!使用者の多いジュニアバーナーだと、様々なアタッチメントが販売されていて面白いですね!この記事が皆さんの快適なキャンプライフの参考になれば幸いです。

 

最後までこの記事をご覧いただき、ありがとうございました!

 

今回紹介したキャンプギア

 

 

こちらの記事も要チェック!

【KVASS 遮熱テーブル 徹底レビュー!】シングルバーナー周りをスタイリッシュに!
今回は、ST-310(SOTO レギュレーテーストーブ)のユーザーである筆者が、Amazonでキャンプ用品を探しているときふと見つけて、気になっていた商品、KVASSの遮熱テーブルを購入してみたので、実際に開封、使用してみて感じた細かなこ…
ソト(SOTO) ST-310 の遮熱板・テーブルや風防のおすすめ10選!
今回は、ソト(SOTO) ST-310の遮熱板をコンパクトでツーリングなどでも使いやすいものから、カッコいいテーブル型の遮熱テーブルまでを5つほどと、後半では専用の風防などを紹介していきます。風防やストーブなど、ST-310と合わせて使用したいアタッチメントもいくつか紹介しているので、是非最後までご覧ください!
【中国メーカー soomloom】格安、軽量でコスパ抜群なギアについて徹底調査!一体どんなブランド?
最近だとAmazonなどのネットショッピングなどの台頭で、中国製のキャンプ用品を目にしたり、購入する機会も増えている方も多いのではないでしょうか。コスパがよく、手に入れやすいものが多いため、気軽にキャンプを始められる理由にもなっています。…
バンドック ソロベースをより楽しむためのキャンプギアを厳選!グランドシートや二股、薪ストーブなどを厳選!
売り切れが多発したバンドックの人気テント、ソロベースと合わせて使いたい、グランドシートや二股ポール、チェアなどを、バンドック純正のものから別ブランドの製品まで、紹介して行きます。ソロベースでのソロキャンプをより快適に過ごす上で、チェックし…
【BUNDOK ソロティピー1 TC 徹底レビュー】ソロベースとどっちを選ぶ?跳ね上げ可能な最強のソロ用ティピーテントの情報や魅力を紹介!
魅力や気になる情報をまとめました! 発売当初、筆者はBUNDOKソロティピーTCと聞いて、既存のBUNDOKの人気テントのソロティピーをTC素材に変えただけでは? と思っていたのですが、実際に調べてみると、ソロティピーでも…

コメント

Copied title and URL