【バンドック 焚き火チェア 徹底レビュー】焚き火チェアが多くのソロキャンパーから選ばれる理由は?

キャンプ用品

 

今回は、バンドックから発売され、在庫切れが起こるなど、人気を集めているバンドック焚き火チェア実際に開封し、使用してみた使用感や実際での使用シーン焚き火チェア人気の理由や魅力をまとめました!

 

Amazonキャンプギアを眺めているときに、ふと見つけてずっと気になっていた製品で、今回ソロキャンプはもちろん、ベランダウッドデッキ、自分の部屋のインテリアとしても使用する目的で購入してみました。

 

バンドック 焚き火チェア

出典:Amazon

BUNDOK(バンドック) 焚き火チェア

参考価格

¥4,980

重量

約3.45kg

展開サイズ

幅57×奥行59×高さ56cm

座面高さ

11cm

収納サイズ

67×24×12cm

耐荷重

80kg

材質

フレーム/スチール・生地/綿(裏面/ポリエステル)・ひじ掛け/竹集成材

▶︎口コミを見る

 

バンドック 焚き火チェアの主な特徴や魅力

①|男心をくすぐるカッコいいデザイン

デザインのよさが筆者も焚き火チェアを入手したいと考える、1つ目のきっかけとなりました。竹の集成材でできた綺麗な手すり部分や、カーキの渋い座面が男心をくすぐります。

 

個人的に、Amazonで初めてみた時や、アウトドアショップの店先で見つけた時にも、他のチェアと比べても、目を引くカッコいいデザインだと感じて、次同じアウトドアショップを覗きに行った時には、すでに売り切れており、Amazonでも品薄の状態となっていました。

 

②|ソロベースやソロティピー 1 TCなど、高さの低いソロテントとの相性がよい

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kazuhiko(@kakokako)がシェアした投稿

座面のカーキ色が、ソロベースソロティピー 1 TCなどのバンドック人気TCテントとほとんど同じカラー見た目相性が良いのもポイントです。

 

見た目相性だけでなく、ソロベースソロティピー 1 TCといったソロテントは、天井の高さが低く、バンドックの焚き火チェアのような、高さの低いチェアを使って、グランド、地べたスタイルを楽しむのが天井に頭が当たらずスペースを広々と使ってくつろぐことができます。

 

どちらも焚き火をじっくりと楽しめるテントチェアであるという点でも共通していて、相性は抜群です。

 

 

③|ロースタイルの方がくつろげる!

 

この投稿をInstagramで見る

 

tomo base(@tomo_tomobase)がシェアした投稿

キャンプを始めたばかりの時には、なんとなく、背の高いハイスタイルギアから入るユーザーが多いような気がします。そして、だんだんソロキャンプなどに慣れるにつれて、ハイスタイルから、ロースタイル、グランド、地べたスタイルなどへ移行していくのではないでしょうか。

 

その理由は、道具コンパクトにまとめられるというのもありますが、やはり高さが低い方がかなりくつろぎやすいからでしょう。特に焚き火をするときなどは、ローチェアでも高すぎる、というユーザーも多いかと思います。

 

その点、グランドチェアバンドック焚き火チェアなどであれば、地面オットマン(足置き)がわりにして足を投げ出し、上半身のみを起き上がらせて、焚き火を楽な姿勢で快適に楽しむことが可能です。

 

④|チェアに穴を開ける心配がない|焚き火との相性が抜群

 

バンドック焚き火チェアコットン100%でできており、焚き火チェアを近づけても火の粉でチェアを焦がしてしまったり、穴を開けてしまったりといった心配が少ないのもポイントです。

 

チェア自体にそこそこの重量があるので、ヘリノックスチェアワン型のチェアのように、に煽られて、お気に入りのチェア焚き火にダイブ、といった事態も起こらず、チェア固定したり、離席するたびに重りを置いていくといった手間も省けます。

 

バンドック 焚き火チェアを開封、使用してみた

そんな、バンドック焚き火チェアに筆者も魅力を感じ、ついに購入に至ったので、開封使用した感想をまとめてみました!

 

やはり、焚き火とソロテントとの相性が良い

 

View this post on Instagram

 

hiro.u(@hiro.c164)がシェアした投稿

筆者はバンドック ソロティピー 1 ユーザーですが、やはり天井が低いバンドックソロベースやソロティピー 1 TCなどのソロ用テントだと、バンドックの焚き火チェアとの相性が抜群に良いです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

とみCAMP(@tmtmmi1225)がシェアした投稿

もちろん、バンドックに限らず、サイズが小さく、高さの低いソロ用テントでは、グランド、地べたスタイルとの相性が良いので、高さが11cmと低いバンドック焚き火チェアが最適であるように思います。

 

そして、高さが低いと、焚き火により近づいて快適をとることができます。地面に足を投げ出し、上半身のみを起こして焚き火をするのが、やはりソロキャンプでの最高の姿勢、ポジションなのではないかと感じました。

 

そこそこ重量もあるので、チェアを離れるたびに、焚き火にチェアが飛ばされないよう、重りなどを置く必要もないですし、焚き火に近づけても、コットン100%なので、お気に入りのチェアに穴を開ける心配が少ないというのも、やはり使い勝手がいいです。

 

座り心地も良い

前にも述べた通り、座り心地は筆者もなかなか気に入りました。収束式のチェアですが、高さが低く、より外側に生地が張り出されているからか、適度な張りもあります。お尻や腰の部分が適度に沈み込んでおり、足を地面に直接投げ出すこともできます。

高さ35cmほどのローテーブルとも相性がよく、サイドテーブルとして使用するにはバッチリな高さでした。30-40cmほどのローテーブルから高さ10cmほどのミニテーブルでも、調理などは行えそうです。

ただ、どちらかといえば、寛ぐことを目的に作られたチェアではあるので、調理をする時には、少し上体を起こしてテーブルに向かう必要があります。

 

チェアから起き上がる時にも、重量がある分、手すりなどにもしっかりと安定感があり、ヘリノックスMoonLenceなどのグランドチェアよりはチェアからの起き上がりも容易なように感じました。

 

 

ベランダやウッドデッキとも相性が良いデザイン

バンドック焚き火チェアウッドデッキチェアベランダ用のチェアとして使用するのも、良さそうです。手すりの竹の集成材やシンプルな座面のカラーなどもウッドデッキとの相性が抜群に良くてオススメです。

 

沈み込むような座り心地や、さっと開いて使用するだけの手軽さも、仕事や学校終わりにベランダでアウトドア気分を味わうにはピッタリでしょう。

 

ただし、屋外での常設はしないように、との注意書きがあるので、使用するときだけ外にさっともち出すのが良さそうです。家に置いて置く分には十分にコンパクトな上に、使用するときにさっと開くだけで、面倒な組み立てが必要ないのもウッドデッキチェアとして使用する上で便利なポイントです。

 

 

自分の部屋でも使える|インテリアとしても優れたデザイン

落ち着いたデザインで、インテリアとしても優れているので、筆者のように自分の部屋リビングなどのサイドチェアとして使用するのもオススメです!筆者の部屋にも全く違和感なく、溶け込んでくれています。

 

収納サイズは大きめ

チェア折り畳み式ではなく、収束式となっており、収納サイズはそこそこ大きめです。肩掛け紐があるので、車からの出し入れやちょっとした持ち運びには困らなさそうです。

 

アルミロールテーブル収納サイズと比べてもそこそこ大きいのがわかります。

 

折り畳み面を横から見ると、こんな感じです。手すりと前足部分が収納サイズをより大きくしています。

 

収納サイズが大きいとはいえ、オートキャンプでは特に気にならないサイズ感ですし、このチェアキャンプで使用しようと考えている方の大半はオートキャンプをする方だと思うので、収納サイズに関しては大丈夫かと思います。

 

筆者もオートキャンプより自転車でのキャンプを好みますが、そういったユーザーの方でも、筆者のようにウッドデッキでくつろいだり、自分の部屋のインテリアサイドチェアとして使用する、たまのオートキャンプで使用する目的で入手するのもオススメです!

 

バンドック 焚き火チェアの口コミは?

手すりなどや座り心地の面など様々な面で、作り込まれたチェアではありますが、5千円弱とそこそこ安価で入手できるがゆえ、筆者が開封した時にも少しだけ気になる点もありました。バンドック焚き火チェア口コミはどんな感じなのでしょうか?

足を伸ばしたりあぐらをかいたり、座り心地は抜群!

デザインカラーがカッコいい

ソロベースソロティピー 1 TC との相性も良い

コットン生地焚き火の火の粉に強い、焚き火がしやすい

・たまにグラグラとするチェアがある

ネジの締めが緩かったり…耐久性に不安が残る

重量がある

▶︎バンドック 焚き火チェアの口コミを見る

 

時々不具合が…|チェアの生地にゴミの付着が見られた

作りが少しだけ複雑な分、少しのキズガタ付きなども時々見られるようです。筆者のチェアにはそういった性能面での不具合は全く見られませんでしたが、開封時にチェアコットン生地面謎の繊維のゴミのようなものが付着していたのが、購入時に少しだけ気分が下がってしまったポイントでした。

 

口コミによると、デザインやカラー作りも良いですが、値段もそこそこに抑えられている分、若干の作りの甘さも見られるようでした。

 

バンドック 焚き火チェア|まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

hiro.u(@hiro.c164)がシェアした投稿

今回はバンドック焚き火チェア魅力や、使用感口コミなどを徹底レビューしました!男心をくすぐるデザインで、オートキャンパーの方や、ソロベースソロティピー 1 TC ユーザーの方には是非使ってみて欲しい、グランドチェアです!

皆様の快適なキャンプライフの参考になれば幸いです!

 

今回紹介したキャンプギア

 

 

こちらの記事も要チェック!

【バンドック ソロベース レビュー】焚火や斬新なレイアウトが楽しめるコスパ最高なパップテントを調査!
今回はBUNDOKのソロベースのテントの魅力や特徴、そしてソロベースと組み合わせて使いたい、同じBUNDOK製のテントとの比較まで、ソロベースを購入する前に知っておきたい細かな情報をまとめてみました! 発売当初は売り切れや入荷待ち…
【BUNDOK ソロティピー1 TC 徹底レビュー】ソロベースとどっちを選ぶ?跳ね上げ可能な最強のソロ用ティピーテントの情報や魅力を紹介!
魅力や気になる情報をまとめました! 発売当初、筆者はBUNDOKソロティピーTCと聞いて、既存のBUNDOKの人気テントのソロティピーをTC素材に変えただけでは? と思っていたのですが、実際に調べてみると、ソロティピーでも…
バンドックから冬仕様のソロベースEXが登場!デフォルトとの違いや特徴、口コミなどを徹底調査!
バンドックのブランドの知名度を大きく上げ、2019年の発売後すぐにAmazonなどで売り切れが発生するなど、人気テントとなったソロベースの、冬仕様テントが登場しました!その今回は冬仕様のソロベース、ソロベースEXについて、デフォルトとの比…
バンドック ソロベースをより楽しむためのキャンプギアを厳選!グランドシートや二股、薪ストーブなどを厳選!
売り切れが多発したバンドックの人気テント、ソロベースと合わせて使いたい、グランドシートや二股ポール、チェアなどを、バンドック純正のものから別ブランドの製品まで、紹介して行きます。ソロベースでのソロキャンプをより快適に過ごす上で、チェックし…
バンドック ソロティピー1 TCのグランドシートや二股ポールなどを徹底調査&厳選!
ソロベースと並ぶ人気となったバンドック ソロティピー1 TCと合わせて入手したいグランドシートや二股ポール、チェアや焚き火リフレクターなどのキャンプギアを、バンドック純正品から他社メーカーのギアまで紹介していきます!ソロティピー1TCでの…
バンドック(BUNDOK)ってどんなブランド?テントやタープ、チェアなどとにかくコスパの良いキャンプギアを紹介!
バンドックがどんなブランドなのか、口コミはどんな感じなのかなど、バンドックのキャンプギアの情報を徹底調査!テントやタープだけでなく、チェアやテーブルなど、ソロキャンプやツーリングをする人から、コスパがいいと噂のバンドックのキャンプギアを紹…

コメント

Copied title and URL