【KVASS 遮熱テーブル 徹底レビュー!】シングルバーナー周りをスタイリッシュに!

キャンプ用品

 

今回は、ST-310(SOTO レギュレーテーストーブ)のユーザーである筆者が、Amazonキャンプ用品を探しているときふと見つけて、気になっていた商品、KVASSの遮熱テーブルを購入してみたので、

実際に開封使用してみて感じた細かなことや、実際での使用シーン口コミ、他社メーカーとの比較などをまとめました!

 

 

皆様の快適なキャンプライフの参考になれば幸いです!

 

遮熱テーブルの役割とは?

出典:Amazon

もう知ってるよ、って方はここまで飛ばしてください!遮熱板の主な役割は、調理器具からの輻射熱ガス缶やテーブルなどに当たり、高温になるのを防ぐことです。

シングルバーナーで調理器具を熱していると、調理器具の上だけでなく、下方向にも輻射熱や、バーナーから直接熱が伝わります。その熱によってガス缶が高温になると、最悪の場合、爆発事故にも繋がりかねません。

 

そのため、ガス缶の真上に調理器具鉄板を置くことになってしまう場合、ガス缶バナー部が離れたST-330のようなシングルバーナーを使用するか、遮熱テーブル遮熱板など、間に熱を反射してくれるものを挟む必要があります。

 

また、遮熱板テーブルの場合、ガス缶で占領されたテーブル上のスペースも遮熱テーブルでカバーすることで、卓上のスペース有効活用できるというメリットもあります。ガス缶への油はね汚れの付着も防げます。

 

調理などで、スペースを自由に使いやすくなりそうです。金属製のテーブルバーナーが埋め込まれたかのようなカッコいい見た目も大きな魅力です。

 

KVASS以外にも、AmazonST-310ST-330で使用できる遮熱テーブルが多数販売されており、こちらの記事で詳しく解説しています!↓

イワタニコンパクトジュニアバーナー遮熱テーブルはこちら↓

KVASS 遮熱テーブルのスペック

出典:Amazon

KVASS 遮熱テーブル

参考価格

¥2,380

重量

683g

展開サイズ

32×21×7.8cm

収納サイズ

21×17×3cm

材質

ステンレス

梱包内容

遮熱テーブル、収納袋、取扱説明書

▶︎口コミを見る

 

KVASS 遮熱テーブルを開封!

しっかりとしたにピッタリ入っており、期待が高まります。

 

 

遮熱テーブルと、収納袋取扱説明書が綺麗に収まっていました。

詳しく調べてみても、KVASSがどこの国のメーカーはわかりませんでしたが、取扱説明書間違いのない日本語で書かれていて、分かりやすく好感が持てました。

 

 

KVASS 遮熱テーブル|バリ取りはしっかりと行われている?

2千円代前半ほどというかなり安価な、金属製のテーブルということで、バリ取りがしっかり行われているか気になりましたが、自分の購入した製品にはバリは見られませんでした。

 

Amazon口コミでも、バリは稀にみられるようですが、他のメーカーの製品口コミと比べても評価が高く、2千円と安価な割に、しっかり作られた製品だなという印象でした。

 

KVASS 遮熱テーブル|ST-310を入れてみる

筆者はST-310ユーザーなので、早速ST-310を入れて使用してみることにしました。

 

ST-310用に作られているだけあって、全く問題なくピッタリ収まります。

ガス缶遮熱テーブルの間もしっかりとスペースがあり、ガス缶が熱くなることもなく、しっかりと遮熱テーブルとして機能してくれました。

 

筆者のキャンプギア置き場にも並べてみました。金属のテーブルバーナーが、Amazon販売ページで見たままにピッタリ埋め込まれています。

 

出典:Amazon

ST-310の他に、ST-330イワタニのコンパクトジュニアバーナートランギアのアルコールバーナーなど4つのバーナーに対応しています。トランギアアルコールバーナーを入れてみるのも、おしゃれでいい感じです。

 

ただST-330の場合だと、五徳が少しだけ(数ミリ程度)しか出てこず、遮熱テーブルがすぐに熱せられてしまうので、などを下に敷いて、対策して使用しているユーザーさんもいらっしゃいました。ST-330ユーザーの方は台を置くなど少しだけ工夫をして使用すると、遮熱テーブルをしっかりと活用できそうです。

 

 

ツーリングにも!|683gと軽量でコンパクト

重量683gと軽く、ツーリングでのテーブルとしても使用できる軽さコンパクトさです。筆者も自転車ツーリングメインテーブルとしても使用していく用途で購入しました。調理器具周りがスッキリ収まっていい感じです。

出典:Amazon

テーブルのサイズは32×21cm高さ7.8cmバーナーを設置する関係で少し低めです。参考までに、キャプテンスタッグアルミロールテーブルは40×29cm高さは12cm重量は700gとなっています。

 

キャプテンスタッグアルミテーブルよりは広さこそ少し減りますが、ほぼ同じ重量であり、バーナーを埋め込むことでガス缶の分のスペースをしっかり有効活用でき、見た目もスタイリッシュにまとまるので、CB缶シングルバーナーユーザーの方は、ツーリングメインテーブルとして使用するのもオススメです!

 

キッチンテーブルとして!

ツーリングでのメインテーブルとしてはもちろん、テーブルの上に調理スペース熱源スペースとしてとして設置して使用するのにも使い勝手が良さそうです。

 

本来テーブルの上で、ガス缶が占めていたはずのスペースの上にも、食器調味料などを置いておけるので、スペースをより有効に使用することが可能です。

 

KVASS  遮熱テーブルの口コミはどんな感じ?

ST-310アルコールストーブジャストフィットで、しっかりと安定感がある

ステンレスで、見た目高級感がありカッコいい

折り畳み可能で、コンパクトに収まる

2千円代安価な割にしっかりとした作り

ST-310だと点火が少しやりにくい

ロゴ表示が気になる

ステンレス製なので、少し重量がある

▶︎AmazonでKVASS 遮熱テーブルの口コミを見る

 

Amazon口コミで多く見かけた声をいくつかまとめてみました!見た目の良さ安定感などが特に評価されていました。人気も高く、一時期、Amazonのキャンプ用品の売れ筋ランキングでも、1位になるほどの人気で、他社メーカー遮熱テーブルと比べても、選ばれていることが伺えます。

 

気になる点としては、ST-310の場合、遮熱テーブルがあることによって、点火ボタンを押す操作が少しやりにくいので、アシストレバーを合わせて使用すれば、よりスムーズに使うことができそうです。

出典:Amazon

 

また、ロゴの表示重量が気になる方は、似たようなタイプの遮熱テーブルAmazonなどで多く販売されているので、ロゴの表記がないものや、ステンレスでない、より軽量なアルミ製の遮熱テーブルなど自分に合った製品を選んでみるのが良いでしょう。

 

 

他社メーカーの遮熱テーブルと比較!

 

この投稿をInstagramで見る

 

tsuyoshiosawa(@tsuyoshiosawa)がシェアした投稿

KVASSのものより軽量なアルミ製のものやロゴの表記がないもの、色が違うものなどと比較してみました!

 

①|Mogoti 遮熱テーブル|ST-310遮熱テーブルで最安値!?

出典:Amazon

製品名

KVASS 遮熱テーブル

Mogoti 遮熱テーブル

参考価格

¥2,380

¥999

重量

683g

525g

展開サイズ

32×21×7.8cm

29×18×7.8cm

収納サイズ

21×17×3cm

29×18×1.5cm

材質

ステンレス

ステンレス

▶︎口コミを見る

1枚タイプ遮熱テーブルで、999円(参考)と、なんと1,000円を切っているというのが驚きです。おそらくST-310のこのタイプの遮熱テーブルの中では最安でありながら、口コミでの評価も良い感じです。

 

重量525gツーリングでも持ち運べるサイズ感でありながら、天板のサイズは29×17cmと、KVASS遮熱テーブル32×18cmとほぼ変わらない天板のサイズとなっているのもポイントです。

 

②|Valieno 遮熱テーブル|ロゴの表記がない遮熱テーブル

出典:Amazon

製品名

KVASS 遮熱テーブル

Valieno 遮熱テーブル

参考価格

¥2,380

¥1,680

重量

683g

480g

展開サイズ

32×21×7.8cm

32×21×8cm

収納サイズ

21×17×3cm

21×16×3.3cm

材質

ステンレス

アルミニウム、ステンレス

▶︎口コミを見る

価格が1,680円とこちらも安価で、2枚折りタイプ遮熱テーブルです。ブラックカラーの遮熱テーブルもあるので、自分の気に入ったデザインのものを選ぶことができます。

 

重量480gとアルミとlステンレスを合わせて作られているからか、KVASSのものよりも200gほど軽量に作られており、ツーリングなどのメインテーブルとして使用しようと考えている方や、KVASS遮熱テーブルだとロゴの表記が邪魔だな、という方にオススメの遮熱テーブルです。

 

 

KVASS 遮熱テーブル 徹底レビュー!|まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Iku-Kidoh(@iku_kidoh)がシェアした投稿

今回はKVASS 遮熱テーブルを実際に開封、使用してみて、感じたことや細かな使用感、他社メーカーの製品との比較などをまとめました!シンプル安価ながらしっかりと作られた製品で、これからも筆者のツーリングコーヒータイムでも大いに活躍してくれそうです。

 

皆様の快適なキャンプライフの参考になれば幸いです!

 

今回紹介したキャンプギア

 

 

こちらの記事も要チェック!

ソト(SOTO) ST-310 の遮熱板・テーブルや風防のおすすめ10選!
今回は、ソト(SOTO) ST-310の遮熱板をコンパクトでツーリングなどでも使いやすいものから、カッコいいテーブル型の遮熱テーブルまでを5つほどと、後半では専用の風防などを紹介していきます。風防やストーブなど、ST-310と合わせて使用したいアタッチメントもいくつか紹介しているので、是非最後までご覧ください!
イワタニ(iwatani) コンパクト ジュニアバーナー の遮熱板・テーブルや風防のおすすめ8選!
今回は、イワタニ(iwatani) コンパクト ジュニアバーナー の遮熱板をコンパクトでツーリングなどでも使いやすいものから、カッコいいテーブル型の遮熱テーブルまでを6つほどと、後半では風防などのアイテム紹介していきます。おしゃれな遮熱テ…
MOSSY OAK シースナイフ 徹底レビュー!バトニングは可能?おまけのミニナイフは付く!?
今回は、Amazonで見つけたMOSSY OAK の高評価シースナイフを225mmと275mmのナイフを実際に購入、フィールドで使用したので、その使用感やナイフの使用シーンなどをレビューしていきます。刃欠けなどはないか?バトニングでの使用…
【soomloom パップテント 徹底レビュー!】1万円台で買える格安パップテントを徹底調査!
今回は、Amazonでコスパの良いギアを多く販売している中国ブランド、soomloomのパップテントをレビューしてきます。人気が高まっているsoomloomのパップテントのサイズ感やカラー、他社メーカーのパップテントとの違いなどを調査しま…
バンドックから冬仕様のソロベースEXが登場!デフォルトとの違いや特徴、口コミなどを徹底調査!
バンドックのブランドの知名度を大きく上げ、2019年の発売後すぐにAmazonなどで売り切れが発生するなど、人気テントとなったソロベースの、冬仕様テントが登場しました!その今回は冬仕様のソロベース、ソロベースEXについて、デフォルトとの比…
【バンドック ソロベース レビュー】焚火や斬新なレイアウトが楽しめるコスパ最高なパップテントを調査!
今回はBUNDOKのソロベースのテントの魅力や特徴、そしてソロベースと組み合わせて使いたい、同じBUNDOK製のテントとの比較まで、ソロベースを購入する前に知っておきたい細かな情報をまとめてみました! 発売当初は売り切れや入荷待ち…

コメント

Copied title and URL