ツーリングドーム LXのグランドシート、インナーマットやコットなど合わせて使いたいアイテムを厳選!

グランドシート

今回はキャンプを始める方やツーリングをするキャンパーなど様々な層から高い支持を得ている、ツーリングドーム LX に相性抜群なグランドシートインナーマットコットなどのアイテムを紹介していきます!

 

特にグランドシートインナーマットに関しては、ツーリングドーム LX にピッタリなものを何時間も探して、いくつか選んでみました!皆様の快適なキャンプライフの参考になれば、幸いです!

 

ツーリングドーム STのグランドシートはこちら↓

 

コールマン ツーリングドーム LX

 

出典:Amazon

ご存知の方もかなり多いと思いますが、ツーリングドーム LX はあの有名なアウトドアブランド、コールマンさんの人気モデルで、それゆえ機能性信頼性も保証された2-3人用テントです。多くの荷物を置いておける前室広いテント内の空間が特徴的で、Amazonのでも売れ筋のテントとなっています。

 

誰にでも扱いやすい製品であることから、これからキャンプを始める方の中でも、よく選ばれる人気の高いテントとなっています。広い前室が特徴です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

take(@n_take_hero)がシェアした投稿

グリーンのテントの他に写真のような、おしゃれなAmazon限定オリーブカラーのテントも発売されており、在庫切れが起こるほどの人気となっています。

 

ツーリングドーム LXのレビュー記事はこちら!↓

 

ツーリングドーム LX に合うグランドシートを徹底調査!

ツーリングドーム LX のテントのサイズは以下の通りとなっています。

コールマン(Coleman) ツーリングドーム LX 2~3人用

インナーの下部分をカバーするのであれば、インナーテントの下の広さが210×180cmなので、1.9×1.9mから2.0×2.0mほどのサイズのグランドシートがちょうど良いでしょう。

 

▶︎Amazonで200×200cmのグランドシートを探す

 

グランドシートが大きすぎると浸水の原因にも…

グランドシートのサイズが、テントのサイズよりも大きいと、図のように、テントの表面や内側についた水分が地面へと流れずに、シートを伝ってテント内浸水の原因になる可能性があります。そのため、グランドシートは、テントのサイズよりも少し小さいものがおすすめです。

 

テントよりも大きいサイズのものを使用する場合は、端の部分を少し折るなどして対応すると良いでしょう。

 

また、1.9×1.9mから2.0×2.0mほどのサイズのグランドシートがおすすめな理由として、他にもAmazonなどで種類が豊富で、入手がしやすい点なども挙げられます。

 

そもそもグランドシートのは必要なのか

もう知っているよ、って方も多いかと思いますが(ここまで読み飛ばして下さい!)、グランドシートはキャンプをするなら1つは持っておきたいアイテムです。グランドシート役割としては、テントの浸水、結露防止冷気や熱気防止、テントの傷防止泥や草の付着を防ぐなど、様々あります。

 

テント内外の結露防止
・テントや荷物の浸水防止
冷気熱気の侵入を防ぐ
・テントにがつくのを防ぐ
の付着を防ぐ
・急な天候の変化があったときにタープとして使用できる
設営がより楽にできる(シート上に荷物を仮置きできる、キャンプサイトの広さが把握できる)
撤収がより楽にできる(テントについた水分を払わなくて良い)
荷物が増える
・シートを広げる手間が増える

 

筆者も、グランドシートがあるときとないときで1番違いを感じるのは結露のしやすさです。地面からの湿気グランドシートによってブロックすることで、テントの結露をかなり減らすことができ、テントや寝袋、荷物を濡らすこともなく、撤収がよりスムーズに行えます。

 

また、ツーリング登山の時にグランドシートを持っていると、急な天候の変化があった時にも、タープ代わりとして使用することができます。

 


それでは、ツーリングドームLXピッタリなグランドシートを見ていきましょう!

 

グランドシート①|DOD(ディーオーディー)グランドシート 190×190cm

出典:Amazon

DOD グランドシート

参考価格

¥2,245

サイズ

190×190cm

材質

210Dポリエステル

収納サイズ

34×19×7cm

重量

500g

▶︎口コミを見る

2人用、3人用、5人用グランドシートがあり、中でも3人用のものが190×190cmインナーとその前部分をカバーするにはちょうど良いサイズです。素材も浸水に強い210Dポリエステルが使用されており、ブルーシートとは違った、安っぽさがない質感です。

 

口コミなどを見る限り、今回紹介する中でもDODのグランドシート耐水性も高く、サイズ感もピッタリで、ツーリングドーム LXを使用する方に1番おすすめのグランドシートです。

グランドシートはブルーシートでまかなっていましたがこの商品を使用して違いに驚きました。
テント内の結露が全く違うのです。
購入して良かったです。

出典:Amazonカスタマーレビュー

 

グランドシート②|ロゴス(LOGOS)ぴったりグランドシート 192×192cm

出典:Amazon

ロゴス(LOGOS) ぴったりグランドシート

参考価格

¥1,220

サイズ

192×192cm

材質

PEラミネートクロス

折り畳み後サイズ

36×26×3cm

重量

440g

▶︎口コミを見る

サイズは192×192cmと、こちらもをカバーするにはちょうど良いサイズです。価格が千円ほどと安い分、見た目が少しブルーシートに近い質感にも見えますが、あくまでロゴスさんの「テントシート」なので、しっかりと厚みがあり、口コミを見た感じだと、水や湿気、寒さはしっかりとブロックしてくれ、グランドシートとしての機能はばっちりだとでしょう。

 

端っこにはテントとの固定用のロープがついており、インナーテントの四隅と結ぶことでグランドシートがずれずに、ピッタリと使用することができます。

 

千円ほどと、安くでしっかりと水気や寒さブロックしてくれるグランドシートが欲しい方におすすめです。

 

グランドシート③|ユタカ グリーンシート 180×180cm

出典:Amazon

ユタカ #3000Dグリーンシート

サイズ

180×180cm

参考価格

¥364

材質

ポリエチレン

厚み

0.22mm

重量

約500g

ハトメ

ピッチ90cm、個数8

▶︎口コミを見る

パッケージからは一見、普通のブルーシートのようにも見えますが、0.22mmとしっかりと厚みがあり、百均の薄いグランドシートよりはかなりしっかり作られています。口コミでも、テントのグランドシートとして使用している方がかなり多かった印象です。パッケージには#3000と書かれており、耐水圧は3000mmほどあるので、グランドシートとして使用するにも十分な性能です。

 

カラーがダークグリーン色で落ち着いているので、地面に敷いてもサイトの見た目を損なうこともなく、ハトメなどを使用し、タープとして使用している方も多く見かけました。サイズ1.8×1.8mツーリングドーム LXインナーテントを綺麗にカバーできるサイズのものから、10×10mとタープとしても使用できる大きさのものまでラインナップされています。

 

まあ何と言っても、1.8×1.8mのものは、価格約350円ほどと今回紹介するグランドシートの中でも、気軽に他のキャンプ用品と合わせ買いできるのが1番の魅力です。

 

グランドシート④|GEERTOP  テントシート

出典:Amazon

GEERTOP グランドシート XXL

サイズ

180×210cm

参考価格

¥2,699

材質

20D片面シリコンコーティング360Tナイロン生地

折り畳み後サイズ

20×12×7cm

重量

240g

▶︎口コミを見る

今回紹介するグランドシートの中でも最も軽量で、ツーリング徒歩キャンプなど、荷物を減らしたいキャンプを行う方におすすめしたいグランドシートです。240gほどとダントツに軽量なグランドシートとなっています。

 

20D片面シリコンコーティングともう片面に360Tナイロン生地と違う加工を施す工夫によって、高い耐久性8000mmという耐水圧を実現しています。

 

筆者もこのタイプのグランドシートを使用していますが、他のグランドシートと比べても結露の発生本当に少ないと感じています。キャンプの朝での結露を減らしたいと考えている方には、GEERTOPグランドシートが1番オススメです。

 

ただ、幅が2mを超えているので、少し内側に折り畳んで雨水の侵入を防いでおく必要はあります。それでも、タープとしても使える丈夫さ質感軽量さなど、とても使い勝手が良いグランドシートなのは間違いないでしょう。

 ツーリングなどで、急な天候の変化に備えて携帯するのもオススメです!

 

グランドシート⑤|TRIWONDER 多機能 タープ天幕 グランドシート

出典:Amazon

TRIWONDER 多機能 タープ天幕 グランドシート

参考価格

¥1,660

サイズ

240×220cm

材質

210Dオックスフォード

折り畳み後サイズ

22×20×2cm

重量

480g

▶︎口コミを見る

重量480gとこちらもそこそこ軽量なグランドシートです。MサイズならツーリングドームSTのインナーの下部分を綺麗にカバーすることが可能です。

 

価格もLサイズのものでも1,700円ほどと入手しやすく、その上ハトメを使用してタープとしても使用できるので、1つ持っておくと突然の天候の変化にも気軽に対応できそうです。

210Dオックスフォード素材が使用されており、価格が安いのにも関わらず質感が良いのもポイントです。耐久性耐水性サイズ感軽量さタープとしても使用できる汎用性など、どれを取ってもかなり優秀なグランドシートだと言えます。

 

▶︎Amazonで200×200cmのグランドシートを探す

 

ツーリングドーム LX にピッタリなインナーマット

 

この投稿をInstagramで見る

 

まことら(@makotoraman4545)がシェアした投稿

続いて、ツーリングドーム LX にピッタリなインナーテントの中に敷くインナーマットを紹介していきます。銀マットの他に、ファミリーキャンプなどでも、かなり使いやすい、エアマットなどもサイズがピッタリなアイテムを厳選しました!

 

▶︎Amazonで200×180cmのインナーマットを探す

 

インナーマット①|キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) フォームマット

出典:Amazon

キャプテンスタッグ (CAPTAIN STAG) キャンプマット

サイズ

シングル

ダブル

参考価格

¥2,079

¥4,689

展開サイズ

56×182×厚さ2cm

140×217×厚さ1.5cm

収納サイズ

13×12.5×56cm

70×13×39cm

重量

270g

760g

材質

マット/発泡ポリエチレン・EVA樹脂、バンド/合成ゴム

マット/発泡ポリエチレン・EVA樹脂、バンド/合成ゴム

▶︎口コミを見る

日本のアウトドアブランドキャプテンスタッグフォームマットです。サイズシングルだとのツーリングドーム LXインナーテント内を綺麗にカバーできます。マット上で地面の小石などの凹凸を気にすることなく、コットエアマットを使用せず、テント内で過ごすことができます。

1.5cmと十分な厚みがある上に、波型空気の層が十分にあるので、保温性にも期待できるのがフォームマットです。

 

インナーマット②|HWSHOW アルミシート 銀マット

出典:Amazon

HWSHOW アルミシート 銀マット

参考価格

¥2,080

展開サイズ

200×150cm

収納サイズ

36×26×9cm

重量

220g

▶︎口コミを見る

200×150cmツーリングドーム LXインナーテントをカバーするのに、ちょうど良いサイズの銀マットです。厚み2.5mmほどとクッション性ではフォームマットには劣りますが、2,000円ほどとフォームマットや他のインナーマットと比べて、安価で入手できるのが特徴です。コットエアーマットを使用するので、そこまで分厚いマットは必要ないよ、って方には銀マットがオススメです。

 

インナーマット③|レジャーシート ラグ 210×150cm

出典:Amazon

AoKeWorld レジャーシート

参考価格

¥2,499

展開サイズ

210×150cm

収納サイズ

26×12×12cm

重量

1.0kg

▶︎口コミを見る

銀マットを敷くだけだと、インナーテント内の見た目が無機質になってしまうので、お好みでラグマットなどを敷くのも良いでしょう。保温性クッション性も高まる上に見た目も良くなるなど、まさに一石三鳥です。

 

210×150cmと、ツーリングドーム LXインナーマットラグとして使うのに、ちょうど良いサイズで、カラーバリエーションデザイン自分の好みキャンプギアにあったものを選ぶことができて、オススメです。

 

 

インナーマット④|キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) エアマット

出典:Amazon

キャプテンスタッグ (CAPTAIN STAG) エアマット

サイズ

シングル

ダブル

参考価格

¥3,026

¥4,759

展開サイズ

58×188×厚さ2.5cm

110×182×厚さ3.5cm

収納サイズ

59×12cm

58×23×22cm

重量

900g

2,200g

材質

ポリエステル, ポリウレタン, ポリ塩化ビニル

ポリエステル, ポリウレタン, ポリ塩化ビニル

▶︎口コミを見る

対して、インフレータマットだと表面に凹凸がなく、カーキ落ち着いたデザインなので、よりスタイリッシュテント内で過ごすことが可能です。ダブルサイズ1枚シングルサイズ1枚ツーリングドーム LX 内に敷けば、インナーテントを埋めることができ、3人分の寝る場所を確保できます。▶︎口コミを見る

 

ダブルサイズでも2人分¥4,972(参考)、ダブルサイズシングルを合わせて購入しても、¥7,785(参考)とかなり安価で、スタイリッシュな見た目でありながら、コストを抑えられるのも魅力です。

 

▶︎Amazonで200×180cmのインナーマットを探す

 

ツーリングドーム LX と合わせて使いたいコット、タープを厳選!

コット①|DOD(ディーオーディー) バッグインベッド

出典:Amazon

DOD(ディーオーディー) バッグインベッド

参考価格

¥9,600

重量

2.6kg

展開サイズ

120kg

収納サイズ

51×21×13cm

耐荷重

120kg

材質

ポリエステル、アルミニウム

カラー

ブラック、タン、カーキ、ベージュ

▶︎口コミを見る

DODのバッグインコットも、ツーリングでのユーザーが多く、Amazonの売れ筋ランキングでもベストセラーローコットです。エアーマットでも快適な睡眠は取れますが、ツーリングキャンプなどで連泊となるとやはりベッドが欲しくなるものです。

 

ツーリングドーム LXなどの高さがそこまでないテントだと、ハイコットは圧迫感があるので、こういったローコットを使用することになりそうです。有名ブランドのコットとだけあって、安心してコットに身を委ねられるのもDODのコットの魅力です。

 

有名アウトドアブランドローコットなので、耐久性安定性などの面から見ても安心して使用することができ、かつ収納サイズ51×21×13cmコンパクトコットです。見た目のシンプルさも魅力の1つでしょうか。

出典:Amazon

 

コット②|バンドック ローコット BD-206 簡易ベッド

出典:Amazon

BUNDOK ローコット

参考価格

¥8,646

重量

1,900g

展開サイズ

184×60×13.5cm

収納サイズ

54×17×12cm

耐荷重

80kg

材質

ポリエステル、アルミ合金

カラー

ブラック

▶︎口コミを見る

バイクでのツーリング等でコットを持っていくならば、バンドックコットコンパクトかつ1.9kg比較的軽量でオススメです。収納サイズなども他で見ないほどコンパクトで、ツーリングバックパックキャンプにもってこいです。

 

口コミでもバイクツーリングバックパックキャンプに最適との声も多く見かけました。コンパクトに積載できるコットツーリングキャンプ先でも快適な睡眠を得たい…という方にオススメです。

 

 

コット③|WAQ 2way フォールディングコット

出典:Amazon

WAQ 2WAY フォールディング コット

重量

約3.2kg

収納サイズ

60×18×18cm

展開サイズ

190×67×17,37cm

耐荷重

約150kg

素材

300Dナイロン、A7075超々ジュラルミン

▶︎口コミを見る

オートキャンプなどで、比較的荷物に余裕のある方には、2wayコットもオススメです。ツーリングドーム内で使用する時には、ローコットとして、他のテントテント外ではハイコットとしても使用できます。

 

ハイコットであれば、ラックベンチなど、さまざまな使い方が楽しめるのが魅力です。

 

タープ|コールマン(Coleman) タープ ヘキサライトⅡ

出典:Amazon

コールマン(Coleman) タープ ヘキサライト2

参考価格

¥14,801

展開サイズ

420×420×高さ220cm

収納サイズ

43×13×13cm

重量

4.7kg

耐水圧

1200mm

材質

ポリコットン

カラー

オリーブ

▶︎口コミを見る

の日などにツーリングドーム LXタープを連結するならば、コールマンヘキサライト2相性が良さそうで、オススメです。価格15,000円ほど、テント+タープ4万円ほどと、ツールームテントよりも安価で、気軽にキャンプを楽しめるのも魅力です。

 

 

ツーリングドーム LX グランドシート・コット|まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

嶋倉 真人(@taison946)がシェアした投稿

今回は、ツーリングドーム LX にピッタリなグランドシートコットタープなどのアイテムを紹介しました!

皆さんの快適なキャンプライフの参考になれば幸いです!

 

今回紹介したキャンプギア

 

 

こちらの記事も要チェック!

【ツーリングドーム LX レビュー】コスパ抜群で、ツーリングにオススメなドーム型テント!
今回は、多くのユーザーから選ばれるコールマンのツーリングドーム LXを、テントの仕様や気になる口コミ、豊富なカラーバリエーションや、人気の理由、広さ、使用シーンなどの点から徹底レビュー!他と比べても広い前室や、コンパクトさ、設営のしやすさ…
ツーリングドーム ST のグランドシートやコットなど合わせて使用したいギアを徹底調査&厳選!
今回はソロキャンプビギナーやツーリングをするキャンパーなど様々な層から高い支持を得ている、ツーリングドーム ST に相性抜群なグランドシートやコットなどのアイテムを紹介していきます。特にグランドシートに関しては、ツーリングドーム ST に…
【ツーリングドーム ST レビュー】コスパ抜群なソロ用ドーム型テントを徹底調査!
今回は、コールマンの多くのユーザーから選ばれるツーリングドーム STを、テントの仕様や気になる口コミ、豊富なカラーバリエーションや、人気の理由、使用シーンなどの点から徹底レビューしていきます。他と比べても広い前室や、コンパクトさ、設営のし…
コールマン エクスカーションティピーにピッタリなグランドシート(代用品)やコットなどのアイテム10選!
今回は、コールマンのエクスカーションティピー325とエクスカーションティピー210にぴったりなグランドシートやコット、タープなどのアイテムを厳選し、紹介していきます!特に、エクスカーションティピー325のインナーテントの床は六角形のような形
【コールマン エクスカーションティピー レビュー】雨でも使いやすい前室の広いティピーテントを調査!
今回は、多くのユーザーから選ばれるコールマンのエクスカーションティピーを、テントの仕様や気になる口コミ、広さ、使用シーンなどの点から徹底レビュー!使いやすくて特徴的な前室、初心者でも扱いやすいシンプルなデザインで、2万円代で購入できる、コ…
バンドック ソロベースをより楽しむためのキャンプギアを厳選!グランドシートや二股、薪ストーブなどを厳選!
売り切れが多発したバンドックの人気テント、ソロベースと合わせて使いたい、グランドシートや二股ポール、チェアなどを、バンドック純正のものから別ブランドの製品まで、紹介して行きます。ソロベースでのソロキャンプをより快適に過ごす上で、チェックし…
【中国メーカー soomloom】格安、軽量でコスパ抜群なギアについて徹底調査!一体どんなブランド?
最近だとAmazonなどのネットショッピングなどの台頭で、中国製のキャンプ用品を目にしたり、購入する機会も増えている方も多いのではないでしょうか。コスパがよく、手に入れやすいものが多いため、気軽にキャンプを始められる理由にもなっています。…
【バンドック ソロドーム 徹底レビュー】格安で軽量なバンドックのソロ用のドーム型テント|BUNDOKソロティピーと並んでおすすめ
今回はBUNDOKのソロドームの魅力やおすすめの使い方、質感などの細かな情報を徹底解説! ツーリングや登山、ファミキャン用の巨大テントでのカンガルースタイルや、部屋キャンなど、多彩な用途があるソロ用のドーム型テントですが、Amaz…

コメント

Copied title and URL